【著作権は?】ChatGPTを商用利用する際の注意点 | できること,活用するメリットも

この記事から分かること
  • ChatGPTは商用利用できる
  • ChatGPTを商用利用する上での注意点
  • ChatGPTを活用してできること
  • ChatGPTを商用利用するメリット

  • AIについて学べるおすすめのスクール3選

この記事では、「ChatGPTを商用利用したい」「ChatGPTを商用利用する注意点を知りたい」という方のために【ChatGPTを商用利用する際の注意点】を解説しています。

また、ChatGPTでできることや活用するメリットについても紹介しています。

この記事を読めば、ChatGPTの注意点を理解し、安全性を見極めたうえで活用できますよ。

「ChatGPTを商用利用してみたい」「ChatGPTの注意点も知りたい」という方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

ChatGPTは商用利用できる!

就活生くん

ChatGPTで生成した文章やコンテンツは、商用利用してもいいのでしょうか?

結論を言えば、ChatGPTによって生成したコンテンツは商用利用しても問題ありませんよ。

就活アドバイザー 京香

開発元であるOpenAIの利用規約には「生成されたコンテンツの権利は、出力したユーザーの所有物になる」と記載されています。

そのためChatGPTは、販売や出版などの商業目的を含むあらゆる目的で商用利用できます

ですが、利用規約以外にも注意しなければならない点があるため注意が必要です。

  • 特定の人物や団体への嫌がらせ
  • プライバシーの侵害
  • 違法なコンテンツの開発や配布
  • 自殺や自傷行為を促進する
  • 法律、医療/健康、または財務に関する個別のアドバイス
  • 偽情報、誤った情報などの生成または促進

など

※参考:OpenAI「Usage policies」

詳しくはOpenAIが公開している「利用規約」「利用ポリシー」のページに記載されているので、ChatGPTを利用する前に目を通しておきましょう。

就活アドバイザー 京香

ChatGPTの商用利用に料金はかからない

就活生くん

ChatGPTを使ってブログを書いてみたいです!

ChatGPTを商用利用するのに料金はかかるのでしょうか?

ChatGPTの商用利用に料金は発生しませんよ。

ChatGPT APIの利用や有料版を契約する場合は、料金が発生するため注意してください。

就活アドバイザー 京香

そもそもAPIとは?

APIとは「Application Programming Interface」の略で、ChatGPTの機能を他のアプリやシステムで連携できるようにしたものを指します。

ChatGPTの有料版を利用する場合、月額20$(約2,800円)の利用料が必要です。ChatGPT APIを利用する場合は従量課金制で、入力と出力した文章の数によって料金が変動します。

ChatGPTの有料版の契約やAPIを利用せず商用利用する場合は、料金がかかることはありませんので安心してくださいね。

就活アドバイザー 京香

ChatGPTを商用利用する上での注意点

就活生くん

ChatGPTを商用利用するうえで、注意しなきゃいけないことはありますか?

ChatGPTは非常に便利なツールですが、その反面注意しなければならない点もあるので注意が必要です。

就活アドバイザー 京香

ChatGPTを商用利用する上での注意点
  1. 機密情報を入力しない(情報漏洩の危険性がある)
  2. データの権利者を確認する(著作権侵害の可能性も)
  3. 情報の真偽を確認する(間違っている場合も)
  4. ChatGPTで生成したことを記す
  5. 定期的に利用規約を確認する

注意①:機密情報を入力しない(情報漏洩の危険性がある)

ChatGPTを商用利用する上で注意する点1つ目は「機密情報を入力しない」です。

ChatGPTに入力された情報は、原則としてAIの学習やサービスの開発に利用されてしまいます。

OpenAIの【ChatGPTに関するよくある質問】では「システム改善のために、ChatGPTとの会話は学習に用いられることがある」また「会話は削除できないため、会話の中で機密情報を共有しないで」と記載されています。

そのためChatGPTを商用利用する場合は、機密情報や個人情報がわかることを入力してはいけません。

個人情報の取扱いには特に注意してくださいね。

就活アドバイザー 京香

注意②:データの権利者を確認する(著作権侵害の可能性も)

ChatGPTを商用利用する上で注意する点2つ目は「データの権利者を確認する」です。

AIがデータを学習する際に、既存の書籍やWebサイトの記事など他人の著作物の情報が含まれたまま学習した場合、著作物の情報を含んだ文章を生成するケースがあります。

ユーザーが著作物の内容や存在を知らずに使用していたとしても、ChatGPTが著作物の情報を含んだ文章を生成している場合は著作権侵害になる可能性があります。

ChatGPTで著作権侵害になる可能性があるケース
  • ChatGPTで生成された文章をチェックせず商用利用した場合
  • 著作権のある画像をChatGPTにインプットした場合
  • ChatGPTのプロンプト(指示文)に既存の著作物を使用し、改変して利用した場合

ChatGPTを商用利用する場合は、生成された文章に含まれる情報やデータの確認・裏付けを取ってから使用しましょう。

最近では、ChatGPTで生成された文章が盗用(コピペ)されていないか無料でチェックできるツールも登場しています。

ChatGPTでのトラブルが多発すると、ビジネスでの利用が規制される場合もあるため注意してください。

就活アドバイザー 京香

注意③:情報の真偽を確認する(間違っている場合も)

ChatGPTを商用利用する上で注意する点3つ目は「情報の真偽を確認する」です。

ChatGPTで生成される回答は、大量の学習データをもとに生成されています。

そのため、必ずしも正確な情報が得られる保証はありません

AIのデータ学習が十分できていない分野の回答に、誤った情報や真偽不明な情報を生成する可能性もあります。

OpenAIの【ChatGPTに関するよくある質問】では「インターネットに接続されていないため、不正確な情報が生成される場合がある」と記載されています。

そのためChatGPTの回答は全て正確な情報だと思わずに、あくまでも参考程度に使用するのがおすすめです。

 

またChatGPTの学習データは2021年9月時点のものまでとなっているため、現在の最新情報が反映できていない場合があります。

ChatGPTを活用して記事の作成などをする場合は、生成された文章が正しい情報なのか必ず人の目で確認しましょう。

就活アドバイザー 京香

注意④:ChatGPTで生成したことを記す

ChatGPTを商用利用する上で注意する点4つ目は「ChatGPTで生成したことを記す」です。

OpenAIは利用規約「共有および公開ポリシー」「ユーザーが見逃したり誤解しないよう、コンテンツがAIによって生成されていることを示して」と記載しています。

そのため、ChatGPTで作成したコンテンツにはどこかに必ず「AIを使って生成した」という表記をしましょう。

具体的には、OpenAIは利用規約「ブランドガイドライン」で表記する際に以下の文言を推奨しています。

○推奨

  • Written with ChatGPT
  • Caption written with ChatGPT
  • Created with DALL·E
  • Image created with DALL·E 3

×推奨していない

  • Written by ChatGPT
  • Caption written by ChatGPT
  • Created by DALL·E
  • Image created by DALL·E

※参考:OpenAI「Brand guidelines」

注意⑤:定期的に利用規約を確認する

ChatGPTを商用利用する上で注意する点5つ目は「定期的に利用規約を確認する」です。

OpenAIの利用規約は定期的にアップデートされています。

現在の利用規約ではChatGPTの商用利用が認められていますが、この先利用規約の更新によって商用利用の範囲が制限されたり、有償になったりする可能性もあります。

AI分野は今も常に発展し続けているため、それに合わせて法改正が行われ、利用規約が大幅に変更される可能性は高いです。

知らないうちに商用利用の制限範囲を超えてしまったり、有償と知らずに商用利用してしまったりしないように、OpenAIの利用規約や利用ポリシーは定期的に確認しておきましょう。

利用規約:「Terms of use」

利用ポリシー:「Usage policies」

ChatGPTに関するよくある質問:「What is ChatGPT?」

ブランドガイドライン:「Brand guidelines」

ChatGPTでできること

就活生ちゃん

ChatGPTの注意点については理解しました。

ですが、そもそもChatGPTを使って何ができるのでしょうか?

ChatGPTは質問内容によって様々なことに活用できるんですよ!

以下で説明しますね。

就活アドバイザー 京香

ChatGPTでできること
  1. 文章の作成・添削
  2. 文章の要約
  3. 多言語の翻訳
  4. プログラミングのサポート
  5. アイデアの提案

など

できること①:文章の作成・添削

ChatGPTでできることの1つ目は「文章の作成・添削」です。

これまでも文章を作成するAIツールはありましたが、ChatGPTは他のツールに比べてもかなり自然な文章が作れるメリットがあります。

SEOを意識した記事やメールを作成することも可能で、文章の生成スピードも早いため、作業時間が大幅に削減できます。

できること①:文章の作成・添削

ChatGPTを効果的に活用するためには、AIに明確に伝わるような具体的なプロンプトを入力する必要があります。

出来る限り簡潔に、伝わりやすい指示をするよう意識して入力しましょう。

文章の誤字脱字チェックや、英語の文法や表現に自信がない場合の英文の校正にも活用できますよ。

就活アドバイザー 京香

できること②:文章の要約

ChatGPTでできることの2つ目は「文章の要約」です。

ChatGPTのテキストボックスに「以下の文章を要約してください」とプロンプトを指定し、要約してほしい文章を入力しましょう。

できること②:文章の要約 できること②:文章の要約

要約する文章は「1,000字程度で要約してください」「箇条書きにしてください」など、プロンプトを追加することでさらに詳しく指定できます。

ただし、ChatGPTが1度に生成できる最大文字数は約2,000文字程度(有料版は4,000字程度)のため、それ以上の長文は要約できません。

2,000字を超える長文を要約する場合は、見出しごとに分けるなどの工夫が必要です。

就活アドバイザー 京香

できること③:多言語の翻訳

ChatGPTでできることの3つ目は「多言語の翻訳」です。

言語処理能力の高いChatGPTは、100以上の様々な言語に対応しています。翻訳の精度も高く、翻訳デバイスの開発にChatGPTを活用する企業も出てきているようです。

さらにChatGPTで文章を翻訳するだけでなく、翻訳と同時に要約させることができるのもメリットの1つです。

10,000字を超えるニュースや論文などの文章を要約することで、リサーチ時間も短く効率的に情報収集できるため、非常におすすめです。

できること③:多言語の翻訳

ただしChatGPTは英語を得意とするAIツールのため、使用頻度が低い言語では翻訳精度が下がる可能性もあり注意が必要です。

ChatGPTを活用した英会話のアプリも登場しており、英語学習にもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

できること④:プログラミングのサポート

ChatGPTでできることの4つ目は「プログラミングのサポート」です。

ChatGPTはプログラミングの勉強にも役立ちます。

質問時にプログラミング言語を指定しておけば、その通りにコードを書いてくれるため、学習する時や構文を忘れてしまったときには非常に便利です。

自分で作ったプログラムが動作しない場合にChatGPTにコードを入力すると、不具合の原因を突き止めてくれたり、問題があった場合どう修正すれば良いのか教えてくれたりといったレビュー機能の役割も担ってくれます。

さらに、問題を出してもらうよう入力すればオリジナルの学習問題を出題してくれるため、プログラミング初心者の学習にもおすすめです。

できること⑤:アイデアの提案

ChatGPTでできることの5つ目は「アイデアの提案」です。

ChatGPTは、様々な分野から大量の学習データをインプットしているため、幅広い知識でアイデアを提案してくれる可能性があります。

記事タイトルや記事の構成案など目的やターゲットなどが明確であれば、より精度が高くなります。

できること⑤:アイデアの提案

新しい事業や企画などアイデアを出すのが難しい状況でも、ChatGPTなら自分では浮かんでこないようなアイデアを提案してくれます。

アイデアが煮詰まった時に一度使ってみるのもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

ChatGPTを商用利用するメリット

就活生くん

ChatGPTを商用利用するメリットを知りたいです!

ChatGPTを商用利用するメリットは数多くあります!

適切に利用できれば、以下のようなメリットを得られるでしょう。

就活アドバイザー 京香

ChatGPTを商用利用するメリット
  • 作業効率が向上する
  • コスト削減になる
  • 多言語に対応できる

メリット①:作業効率が向上する

ChatGPTを商用利用するメリット1つ目は「作業効率が向上する」です。

ChatGPTを導入することによって、基本的な文章作成やルーティン作業の手間や時間を大幅に省けます。

これにより、人間はより重要なタスクに専念できます。

今まで人間が行なっていた業務の手間や負担が減ると、顧客対応にかけられる時間も増え、従業員満足度や顧客満足度の向上も期待できるでしょう。

メリット②:コスト削減になる

ChatGPTを商用利用するメリット2つ目は「コスト削減になる」です。

人間が行ってきた業務をAIが代わりに行うことで、今までよりも少ない人数で仕事を回すことができ、人件費や時間といったコストを大幅に削減できます。

例えば、カスタマーサポートやFAQにChatGPTを導入すれば、自動化により人間のオペレーターの負担が軽減し、経費節減にもつながります。

その他にもChatGPTを活用すれば、マーケティング、営業、財務、人事、会議、製品開発、設計、翻訳など様々な分野でコストの削減が期待できるでしょう。

メリット③:多言語に対応できる

ChatGPTを商用利用するメリット3つ目は「多言語に対応できる」です。

ChatGPTは翻訳機能も搭載されており、100以上の言語に対応しています。学習データの量が多いため、Google翻訳などの機械翻訳と比べても精度が非常に高いのが特徴です。

ビジネス文書の作成など目的や文脈に合わせて最適な文章を生成できるため、ChatGPTは国際ビジネスにも非常に役立つでしょう。

ただし、ChatGPTの翻訳結果が100%正確であるとは限らないため、厳密な正確性が求められる重要文書や公式文書には不向きです。

ChatGPTは誰でも簡単に言葉の壁を超えられるツールです。

就活アドバイザー 京香

まとめ:ChatGPTの注意点を理解して活用しよう!

いかがでしょうか。

今回は「ChatGPTを商用利用したい」「ChatGPTを商用利用する時の注意点を知りたい」という方のために【ChatGPTを商用利用する際の注意点】を解説しました。

また、ChatGPTでできることや活用するメリットについても紹介しています。

 

ChatGPTは調べごとやプログラミングなど、さまざまな用途で有効活用できます。

ですが、情報の精度や機密情報漏洩の危険性、著作権などの問題もあります。

この記事を読んで、ChatGPTの安全性を見極めたうえで適切に利用しましょう。