【体験談あり】Webマーケティングやめとけ/後悔するは嘘 | 理由,向いていない人も

この記事からわかること
  • Webマーケティングやめとけ/後悔するは嘘
  • Webマーケティングは将来性があり、働きやすい
  • 【体験談】Webマーケティングを実際に経験した人の声
  • Webマーケティングに向いている人/向いていない人の特徴

  • Webマーケティングについて学べるおすすめのスクール5選

記事を読む前に

この記事では、Webマーケティング業界に対して興味のある方/Webマーケティング業界への就職に不安を持っている方に向けて、「Webマーケティング業界の魅力」や、「Webマーケティングの習得方法」などを紹介しています。

Webマーケティング業界がなぜおすすめなのか、向き不向きはあるのかなどについても徹底解説しています。

この記事を読めば「Webマーケティングはやめておくべきなのか?などといった疑問や不安はなくなります

この記事の目次

【後悔する?】Webマーケティングはやめとけと言われるがおすすめ

健太

以前に、「Webマーケティングはやめとけ」「Webマーケティングは後悔する」というトピックをネットで見かけました。

Webマーケティング職は、本当にやめておくべきなんでしょうか?

結論からお伝えしますと、「Webマーケティングはやめとけ/後悔すると言われているがおすすめ」です。

Restudy編集長 風間

 

【理由】Webマーケティング業界は将来性があり、働きやすい環境であるから

Webマーケティングがおすすめである理由は、「Webマーケティング業界は将来性があり、働きやすい環境であるから」です。

Webマーケティング業界は、SNSの普及とともに注目度の高くなっている業界です。

そのため、今後さらにビジネスの幅が広がることが予想できる「SNS」をフィールドにしているWebマーケティングは、将来性があると言えます。

また、Webマーケティング業界における働き方は、自由である場合が多いです。

そのため、Webマーケティングには働きやすい環境が整っている可能性が高いでしょう。

そもそもWebマーケティングってなに?

そもそもWebマーケティングとは、「Webを利用して、モノを売るための戦略や考え方、それを実現させるための仕組み・施策・運用手段のすべて」のことを指します。

一般的にWebマーケティングと呼ばれる領域には以下の7種類があります。

Webマーケティングにおける仕事の種類
種類 仕事内容
サイト運営 WebサイトやECサイトの管理、更新
SEO webページを最適化し、検索ランキング向上を目指す
SNS Instagram、Twitter、YouTubeなどの媒体を用いて発信することで収益を得られる
LP 広告を経由してアクセスしてもらうことで収益を得られる
ウェビナー Web上でセミナーを開催し、収益を得る
メルマガ 定期的にメールを発信する
ネット広告 インターネット上で広告を発信する

 

Webマーケティングはやめとけ/後悔すると言われる理由12選

健太

そもそもなぜ、「Webマーケティングはやめとけ/後悔する」と言われているのでしょうか。

僕はWebマーケターになりたいと思っていたので、目指すべきなのか不安に感じています。

「やめとけ」「後悔する」という意見がある以上、その理由が気になりますよね。

ではここからは「Webマーケティングはやめとけ/後悔すると言われる理由」について解説していきます。

Restudy編集長 風間

Webマーケティングはやめとけと言われる理由
  • 理由①:締め切りに追われ、激務だから
  • 理由②:離職率が高いから
  • 理由③:答えのない課題が多いから
  • 理由④:数値だけを求められるから
  • 理由⑤:常に学習し続けなければならないから
  • 理由⑥:未経験であれば厳しいから
  • 理由⑦:成果が出るまでに時間がかかるから
  • 理由⑧:残業が多いから
  • 理由⑨:クライアントによって当たりはずれがあるから
  • 理由⑩:数学的な分析力が必要だから
  • 理由⑪:会社員であれば給料が低いから
  • 理由⑫:キラキラした仕事ばかりではないから

理由①:締め切りに追われ、激務だから

Webマーケティングはやめとけと言われる理由1つ目は「締め切りに追われ、激務だから」です。

クライアントありきの案件を請け負った場合、どうしても「締め切り」ができるのは必至です。

そのため、イレギュラーな対応が必要になったり、トラブルが発生したりする場合、締め切りに間に合わせるために、激務が強いられてしまう可能性があります。

場合によっては、「締め切り」に終われて、体力の消耗が激しい働き方をしなければいけないかもしれません。

一方で、締め切りがはっきりしていることを活かして、「スケジュール管理」を厳格に行うことができれば、仕事がしやすくなることもあるかもしれません。

人によってはデメリットがメリットになる場合もあるので、慎重な検討が必要です。

以上のように、Webマーケティングは激務と言われていますが、対処法もあります。

以下の記事では対処法について解説しているのでぜひ参考にしてください。

Restudy編集長 風間

 

理由②:離職率が高いと思われているから

Webマーケティングはやめとけと言われる理由2つ目は「離職率が高いと思われているから」です。

Webマーケティング業界は、離職率が高いと考えられる場合があります。

ですが、実際の離職率は実は12%と、そこまで高くありません

厚生労働省によると、日本の離職率の平均は「約15%」です。

そのため、実際には離職率は高いわけではないと考えることができます。

ほかの業界と比べると、特に離職率が高いわけではありません。

離職率が26.8%である高い宿泊業や飲食業と比べると、かなり離職率が低いことが分かります。

Restudy編集長 風間

(参照:厚生労働省

 

理由③:答えのない課題が多いから

Webマーケティングはやめとけと言われる理由3つ目は「答えのない課題が多いから」です。

Webマーケティングにおいて、クライアントからの依頼で仕事をする場合が多くあります。

その場合、クライアントからの依頼通りに仕事をこなしたとしても、「もっとこのようなイメージで施策を考えてほしい」など、思った通りの結果にすぐにたどり着けない場合が考えられます。

また例えば、売り上げを上げるために、アイデアを考えて実行しても、「思ったような成果が出なかった」となってしまう場合もあります。

このような理由から、これといった「答えのない課題が多い」と考えられます。

反対に「答えのない課題が多い」からこそ、「成果が出たときは達成感があって楽しい」という実際にWebマーケティング業界で働く人の声もあります。

継続的に同じ問題に取り組むことが好きな人には、うってつけの業界であるということもできるかもしれませんね。

Restudy編集長 風間

 

理由④:数値だけを求められるから

Webマーケティングはやめとけと言われる理由4つ目は「数値だけを求められるから」です。

Webマーケティングの世界では、結果がはっきり数字で表れることがほとんどです。

例えば、「売り上げの増減」や「YouTubeの再生回数」など、どれだけ工夫をしている過程があっても、数値として成果が現れないと評価しづらい場合が考えられます。

そのため、結果が出ているか出ていないかが明確にわかる「数値」だけで、成果が測られる場合が多いことが予想されます。

一方で、「数値として、成果が目に見えるほうが好き」という人も多くいると思います。

そういった人にとっては、とても好都合なお仕事が多くあると考えられますね。

Restudy編集長 風間

 

理由⑤:常に学習し続けなければならないから

Webマーケティングはやめとけと言われる理由5つ目は「常に学習し続けなければならないから」です。

Webマーケティングの世界では、常にトレンドの入れ替わりが起きています。

そのため、「求められる技術が日々変化する」ことが当たり前です。

現状のスキルだけではなく、常に新しい知識を得ることが非常に大切になります。

常に動き続ける市場に合わせ、取り残されないように常に勉強を続けることが、Webマーケティング業界で生き残るには重要です。

常に学びが必要になるものの、その学びが「自分の力になることはゆるぎない事実」です。

もし、転職をするとなったとしても、大きなアドバンテージになる可能性が高いです。

自己成長を望んでいる方にとって、仕事中に成長を感じられる点は、逆に魅力的に映るでしょう

Restudy編集長 風間

 

理由⑥:未経験であれば厳しいから

Webマーケティングはやめとけと言われる理由6つ目は「未経験であれば厳しいから」です。

Webマーケティングには専門的な用語への理解や知識を求められる場合が多々あります。

そのため、未経験者が即戦力としてWebマーケティング業界で活躍することは難しいと考えられます。

また、テクニカルな内容が多いことから、自力で勉強するとなると難しい場合が予想されます。

このような理由で、「Webマーケティングスクール」に通ったり、「未経験OKの会社に入社」したりなどして、経験を積む人が多いです。

「未経験者だから」と諦める必要は全くない

Webマーケティング業界で活躍する人材になるには、「未経験者」では難しいです。

ですが、Webマーケティングの勉強を正しく行うことができれば、経験者同然のスキルを身に着けることも可能です。

Webマーケティングを未経験から学ぶ方法」については以下でも解説しています。

気になる方はぜひ【未経験でも厳しくない】Webマーケティングスキルを身につける方法をご覧ください。

「未経験だから難しい」というわけではなく、「ひとりきりで学ぶのは難しい場合がある」という解釈が正しいといえるでしょう。

Restudy編集長 風間

 

理由⑦:成果が出るまでに時間がかかるから

Webマーケティングはやめとけと言われる理由7つ目は「成果が出るまでに時間がかかるから」です。

Webマーケティング業界では、結果がはっきり数字で表れることがほとんどです。

ですが、成果を出すには、さまざまな施策の打ち出しなどの試行錯誤のフェーズを乗り越える必要があります

そのため、すぐに成果が出ないこともあり、結果が分かるまで時間がかかることもあります。

 

理由⑧:残業が多いから

Webマーケティングが後悔するといわれている理由8つ目は「残業が多いから」です。

Webマーケティング業界では、「新しいことに早く取り組むこと」が求められることが多いです。

これの理由としては「SNSの成長」があげることができるでしょう。

マーケティングをする領域が、SNSの成長と比例して、早いスピードで広がっています。

このことから、仕事量が増える場合が多いと考えられ、残業が増えることも予想できます。

以下の口コミを見てもわかるように、残業は少なくないことがわかります。

Restudy編集長 風間

 

理由⑨:クライアントによって当たりはずれがあるから

Webマーケティングが後悔するといわれている理由9つ目は「クライアントによって当たりはずれがあるから」です。

Webマーケティングは、クライアントから受注して、仕事をすることが多くあります。

そのため、クライアントによっては、クライアントの要望に振り回されていると感じるケースも増えてしまう可能性があります。

このことから「クライアントによって当たりはずれがある」と考える人が多くいると予想されます。

クライアントによって当たりはずれがあったとしても、クライアントの要望にしっかりと答えなければならないという点では大変に感じる場合もありそうですね。

Restudy編集長 風間

 

理由⑩:数学的な分析力が必要だから

Webマーケティングが後悔するといわれている理由10個目は「数学的な分析力が必要だから」です。

Webマーケティングでは、消費者のデータを数字で見て、改善や検証を実施することが必要不可欠です。

なぜなら、常にカスタマーの立場に立ち、カスタマーの将来の行動への動機づくりをしていく必要があるためです。

このことから、数字を通して考える分析は必須であると考えられます。

高度な数学技術/計算能力が必要になるわけではない

数字のデータを見るため、数学的な能力が必要になると考える方もいらっしゃると思います。

ですが、必ずしも高度な数学技術や計算能力がいるというわけではありません

Webマーケティングにおける仕事は、「数字をベースにより良い戦略を立てること」です。

そのため、高度な数学的な能力よりも「思考力」が求められることが多いです。

このことから、一般的な算数をこなすことができる人であれば、基本的には問題がないということが分かります。

 

理由⑪:会社員であれば給料が低いから

Webマーケティングが後悔するといわれている理由11個目は「会社員であれば給料が低いから」です。

自分自身で仕事を得るフリーランスの場合は、力量次第では収入を大きく上げることができるでしょう。

ですが一方で、会社員としてWebマーケティングをする場合は、給料が低くなってしまう可能性が大きいです。

転職・求人dodaによると、ウェブマーケテイング業界の平均年収は423万円です。

しかし、同サイトが発表している日本の平均年収は414万円です。

このことから、Webマーケティング業界における年収は高い水準とはいえず、高収入を見込むことが難しい場合があります。

 

理由⑫:キラキラした仕事ばかりではないから

Webマーケティングが後悔するといわれている理由12個目は「キラキラした仕事ばかりではないから」です。

Webマーケティングにおける仕事は、華やかそうにも感じる人がいると思いますが、「地味な作業」が多い場合もあるようです。

Webマーケティングは泥臭い」という現役のWebマーケターの声も見られました。

要因としては、「企画立案」や「データ分析」なども業務に含まれることがあげられると考えられます。

常に作業するのではなく、企画を検討して温めることも重要な役割になります。

実務だけではなく、「クライアントとの連携」や「文章の作成」などもあるため、地味であると感じる人が多いようです。

Restudy編集長 風間

 

Webマーケティングの魅力8選

健太

Webマーケティングにはずっと興味があったのですが、少し不安になってきました・・・。

反対にWebマーケティングの魅力は何なんでしょうか?

Webマーケティング業界は人気も年々高くなっている業界です。

そのため、魅力はその分たくさんありますよ。

それでは、ここからは「Webマーケティングの魅力」をたくさんご紹介していきます。

Restudy編集長 風間

Webマーケティングの魅力
  • 魅力①:年収が高い
  • 魅力②:副業として働くこともできる
  • 魅力③:PC1台でいつでもどこでも仕事ができる
  • 魅力④:将来性の高い業界であり、仕事が見つかりやすい
  • 魅力⑤:実績があれば転職しやすい
  • 魅力⑥:実績を積めば将来的に独立もできる
  • 魅力⑦:資格がなくても働ける
  • 魅力⑧:成果が数値としてわかりやすく、やりがいを感じられる

魅力①:年収が高い

Webマーケティングの魅力1つ目は、「年収が高い」ことです。

Webマーケティング業界は「会社員であるか」「フリーランスであるか」で、差はあるものの、比較的年収が高い業界ということができます。

転職・求人dodaによると、日本の平均年収は414万円です。

一方で、同サイトが発表しているWebマーケテイング業界の平均年収は423万円です。

このことから、平均以上の年収を得られる可能性が高いです。

また、フリーランスとして、Webマーケティング業界で働くことになると、さらに収入を得られる場合があります。

そのため、「より高い年収が得たい!」という方は、フリーランスになることも視野に入れておくことをおすすめします。

Restudy編集長 風間

 

魅力②:副業として働くこともできる

Webマーケティングの魅力2つ目は、「副業として働くこともできる」ことです。

本業として勤める会社が副業が可能な会社であると、Webマーケティングを副業として、働くこともできるようになります。

実際にWebマーケティングを副業にしている人の、「ある程度スキルが身に付けられれば、副業であるにもかかわらず稼げる」という声もよく聞かれました。

また、Webマーケティングはパソコンさえあれば、仕事をすることができます

そのため、他業界で働いている人にとってもハードルの低い職種である場合が多いでしょう。

このことから、副業探しをしている人には、かなりおすすめな業界であるということができます。

 

魅力③:PC1台でいつでもどこでも仕事ができる

Webマーケティングの魅力3つ目は、「PC1台でいつでもどこでも仕事ができる」ことです。

Webマーケティングにおける業務は「オンライン上でこなす作業」がほとんどであると言えます。

そのことから、時間帯や場所を気にすることなく、業務をこなすことができる場合が多いようです。

理沙

自宅やカフェなど自分の集中できる環境で仕事ができるのはとても魅力的ですね!

 

魅力④:将来性の高い業界であり、仕事が見つかりやすい

Webマーケティングの魅力4つ目は、「将来性の高い業界であり、仕事が見つかりやすい」ことです。

Webマーケティング業界は、SNSの普及の影響で、将来性が非常に高い業界であると言われています。

加えて、SNSと密接な関係があることから需要のある業界であるということができます。

そのため、Webマーケティングにおける業務は、ありとあらゆる業界でも求められていると言えます。

このような点から、Webマーケティングを経験した人材は、重宝される可能性が高いということができます。

 

魅力⑤:実績があれば転職しやすい

Webマーケティングの魅力5つ目は、「実績があれば転職しやすい」ことです。

Webマーケティング業界の領域は広いものの、一つの領域におけるスキルを身に着けることができれば、かなり汎用性が高くなります。

そのため、実績があると転職がしやすいということができるでしょう。

また、Webマーケティングでは専門的な知識を要する場面が多く、即戦力になるにはある程度経験がある人でないと難しいことが多いです。

このような理由から、実績がある人ほど優遇されやすく、転職もしやすいということができます。

理沙

なるほど、ではWebマーケティング業界に転職したければ、実績が必要ということでしょうか?

確かに実績がある方が転職には有利ですが、実績がないからと言って諦める必要はありませんよ。

実績もつけられるWebマーケティングスクールで学べば、知識と実績を同時に習得できるので、未経験の方はぜひ参考にしてください。

Restudy編集長 風間

 

魅力⑥:実績を積めば将来的に独立もできる

Webマーケティングの魅力6つ目は、「実績を積めば将来的に独立もできる」ことです。

Webマーケティングでの業務を経験すると、「商品やサービスの売り方」や「ニーズを分析する方法」など、ビジネスにおけるノウハウを得ることができます

また、主体的に考える必要のある業務である点も、理由の一つです。

単純作業ではなく、しっかり自分の思考力も生かす必要があることから、「スキルとして身に付いた」と実感できるタイミングも多くあると考えることができます。

そのため、「実績を積めば将来的に独立もできる」のはかなり魅力的ではないでしょうか。

 

魅力⑦:資格がなくても働ける

Webマーケティングの魅力7つ目は、「資格がなくても働ける」ことです。

Webマーケティング業界において、必須となる資格はありません。

そのため、資格を取る必要がなく、ハードルが低いことも魅力の1つであるということができるでしょう。

資格は必要ないものの、必要な知識は多くあります。
そのため、ある程度の学習が必要にはなっています。

ここまで、Webマーケティングの魅力について解説してきましたが、他にもWebマーケティングの魅力ややりがいはたくさんあります。
もっと詳しく知りたいという方には以下の記事がおすすめです。

Restudy編集長 風間

 

魅力⑧:成果が数値としてわかりやすく、やりがいを感じられる

Webマーケティングの魅力8つ目は、「成果が数値としてわかりやすく、やりがいを感じられる」です。

Webマーケティングでは、これまでの施策・業務などの成果を数値としてみることができます

そのため、自分自身の貢献度や成長具合をはっきりと感じられます

このことからやりがいを感じることができる場合が多くあるようです。

理沙

成果が目に見えてわかるのは私もうれしいです・・・!

成果を数値で見ることのできるタイミングの例を教えてほしいです。

成果が分かるのって、モチベーションの維持にも役立ちますよね!

それでは以下で例を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Restudy編集長 風間

自分なりの工夫として「ターゲット層」を50歳代に設定した
⇒狙っていた50歳代カスタマーからの注文数が増えた

 

【未経験でも〇】Webマーケティングに向いてる人の特徴

健太

Webマーケティング業界への興味がさらに高まりました!とても魅力的な業界ですよね。

ただ、自分に向いているのかが不安です・・・。

Webマーケティングの魅力がお伝え出来たようで、よかったです!

たしかに、いざ自分が仕事に取り組むとなると、向いているかどうかはかなり気になりますよね。

分かりました!ではここからは、「Webマーケティングに向いてる人の特徴」をご紹介していきます。

Restudy編集長 風間

Webマーケティングに向いてる人の特徴
  • 向いてる人①:成果より結果にこだわりたい人
  • 向いてる人②:新しいことを学ぶのが好きな人
  • 向いてる人③:考えることが好きな人
  • 向いてる人④:人とコミュニケーションをとるのが好きな人
  • 向いてる人⑤:タフな人

向いてる人①:成果より結果にこだわりたい人

Webマーケティングに向いてる人の特徴1つ目は、「成果より結果にこだわりたい人」です。

Webマーケティングにおいて結果は、「明確に目にできる数値」となって表れます。

そのため、結果を求める人にとっては最適な環境であるといえるでしょう。

また、過程においては先ほどお話ししたように、「地味な作業」も多くあります。

このことからも、「成果より結果にこだわりたい人」に、Webマーケティング業界が向いていることがよくわかります。

 

向いてる人②:新しいことを学ぶのが好きな人

Webマーケティングに向いてる人の特徴2つ目は、「新しいことを学ぶのが好きな人」です。

Webマーケティングにおいて、新しい知識を更新し続けることは業界で生き残っていくうえで非常に重要な行為です。

そのため、「新しいことを学ぶのが好きな人」であると、欠かせない行動も苦にならずにできるため、仕事を楽しくこなせると考えられます。

「学ぶことが苦手」だと感じている人も少なからずいらっしゃると思います。

ですが、興味のある分野であれば、苦手な人にでも楽しめるかもしれません。

そのためにも、ご自身にフィットする業務を探すことが非常に大切です。

Restudy編集長 風間

 

向いてる人③:考えることが好きな人

Webマーケティングに向いてる人の特徴3つ目は、「考えることが好きな人」です。

Webマーケティングにおいて、アイデア出しなどといった考えるタイミングは多くあります。

なぜなら、Webマーケティング業界では、施策を自分たちで考える場面があるからです。

そのため、1つのことを深く考えたり、アイデア出しをしたりすることが好きな人には、うってつけの業界であるということもできます。

 

向いてる人④:人とコミュニケーションをとるのが好きな人

Webマーケティングに向いてる人の特徴4つ目は、「人とコミュニケーションをとるのが好きな人」です。

Webマーケティングにおいて、作業は1人であっても、施策づくりなどの「アイデア出し」は、他の人と協力して取り組むことが多いです。

また、クライアントからの依頼で仕事に取り組む場合は、クライアントとの綿密な打ち合わせが重要になります。

このことから、コミュニケーションを取ることが好きな人に向いている職種の1つであるということができるでしょう。

コミュニケーションをとる場面はあるものの、業務によっては1人で黙々と作業することが大半の場合も考えられます。
コミュニケーションが得意ではないと考えている人も、特に身構える必要はなさそうです。

Restudy編集長 風間

 

向いてる人⑤:タフな人

Webマーケティングに向いてる人の特徴5つ目は、「タフな人」です。

クライアントありきの業務が多いことから、イレギュラーの対応を強いられるなどの場面も多くあります。

そのため、このような急な変化に柔軟に対応できる「タフな人」は、Webマーケティングにおいては有利であるということができるでしょう。

Webマーケティングに向いている人の特徴はこれだけではありません。
以下の記事では、Webマーケティングに向いてる人の特徴を10個紹介しているので、こちらも参考にしてください。

Restudy編集長 風間

 

【辞めたいと後悔しない】知っておくべきWebマーケティングに向いていない人の特徴

健太

ますますやる気がわいてきました!

一方で、「向いていない可能性もあるかも?」と少し不安も残っています。

反対に向いていない人の特徴もあったりするのでしょうか?

確かに、逆に向いていない人の特徴も気になりますよね。

それではここからは「Webマーケティングに向いていない人の特徴」についても解説していきます。

Restudy編集長 風間

Webマーケティングに向いていない人の特徴
  • 向いていない人①:プレッシャーに弱い人
  • 向いていない人②:地道に取り組むことが苦手な人
  • 向いていない人③:変化することが嫌いな人

向いていない人①:プレッシャーに弱い人

Webマーケティングに向いていない人の特徴1つ目は、「プレッシャーに弱い人」です。

Webマーケティングにおいて、評価を受ける主なタイミングは、「数値で出る成果を確認する時」です。

そのため、よりよい数値にするために、日々考え続ける必要があります。

また、1人で取り組む業務などもあります。

そのため、1人ならではのプレッシャーがかかる場合もあるでしょう。

業務に慣れれば、自分自身で工夫などもできるようになり、特にプレッシャーを感じることもなくなる可能性があります。

また、業務自体が協力して取り組むものである場合も考えられ、そもそもプレッシャーのあまりかからない仕事を担当する場合も考えられます。

そのため、過度な苦手意識を持つ必要はないと考えることができるでしょう。

Restudy編集長 風間

 

向いていない人②:地道に取り組むことが苦手な人

Webマーケティングに向いていない人の特徴2つ目は、「地道に取り組むことが苦手な人」です。

Webマーケティングにおいて地道な作業は、地味ではあるものの重要な業務である場合があります。

そのため、地道に作業することが得意な人に、うってつけの業種であることが多いです。

一方で、Webマーケティングと一括りに言っても、業種は多種多様です。

地道な作業の少ない職種があったり、地道でもこの作業なら抵抗なくできる!」と思える業務もきっとあるでしょう。

そのため、さまざまなWebマーケティングを知ることが大切になると思います。

Restudy編集長 風間

 

向いていない人③:変化することが嫌いな人

Webマーケティングに向いていない人の特徴3つ目は、「変化することが嫌いな人」です。

Webマーケティング業界は、常に新しいトレンドが登場する業界であるということができます。

そのため、「柔軟な対応が求められる業務」が多くなる可能性が高いです。

緩やかな変化である場合も多い

変化があるとはいうものの、翌日すぐに何かが変わるということは少ないでしょう。

そのため、変化に対して過剰に抵抗を覚える必要はないと考えられます。

変化に対してご不安がある場合は、興味のあるWebマーケティングの業務内容を確認したうえで、判断するのもよいでしょう。

また、内容に変化があったとしても、「業務自体は変わらない」場合も多いと考えられます!

Restudy編集長 風間

 

【未経験でも厳しくない】Webマーケティングスキルを身につける方法

理沙

Webマーケティング業界、第一志望としてこれから目指そうと思うことができました!

ただ私は未経験者なので、Webマーケティングスキルを身に着ける方法を教えてほしいです。

前向きな気持ちになっていただけたようで、とても嬉しいです!

分かりました。ここからは「Webマーケティングスキルを身につける方法」を5つご紹介していきます。

Restudy編集長 風間

Webマーケティングスキルを身につける方法
  • 方法①:本を読んで学習する
  • 方法②:ブログ・SNS・Webサービスを運営する
  • 方法③:YouTubeで勉強する
  • 方法④:未経験OKの会社に就職する
  • 方法⑤:Webマーケティングスクールに通う
  • 方法⑥:Webマーケティング会社に営業職として入り、経験を積んでから異動する
  • 方法⑦:インターンに参加して実績を積む

 

方法①:本を読んで学習する

Webマーケティングスキルを身につける方法1つ目は、「本を読んで学習する」ことです。

Webマーケティングにおいて、専門知識は非常に重宝されます。

そのため、Webマーケティングに関する本を読むなど、「インプット」は非常に有効的な方法であるということができます。

おすすめのWebマーケティングに関する本があるので、いくつかご紹介しておきますね。

Restudy編集長 風間

おすすめ本①:沈黙のWebマーケティング

おすすめしたい本1冊目は、株式会社ウェブライダーの松尾茂起著である「沈黙のWebマーケティング」です。

沈黙のWebマーケティング ─Webマーケッター ボーンの逆襲─ アップデート・エディション

沈黙のWebマーケティング ─Webマーケッター ボーンの逆襲─ アップデート・エディション

松尾 茂起
1,100円(07/17 17:25時点)
発売日: 2020/09/24
Amazonの情報を掲載しています

初心者にもわかりやすいように、「マンガ風のストーリー」である点もおすすめしたい点の1つです。

シンプルで分かりやすいのに、基礎的な知識が詳しくわかる!」とWebマーケティング初心者に非常に人気の高い本になっています。

「どんな本なのかイメージが知りたい」という方もいらっしゃると思うので、以下に告知ムービーを掲載しました。

ぜひ参考にしてみてください。

沈黙のWebマーケティング」は、ホームページにて無料で読むこともできます!

まずはお試しで読んでみたい!という方は、ぜひ読んでみてくださいね。

(参照:株式会社ウェブライダー

Restudy編集長 風間

おすすめ本②:ローカルビジネスのためのWebマーケティングが基礎から学べる本

おすすめしたい本2冊目は、栃本常善著の「ローカルビジネスのためのWebマーケティングが基礎から学べる本」です。

この本は「地域密着型ビジネス」に特化した本ではあります。

ですが、ローカルビジネスに興味がない初心者の方にもぜひおすすめしたい1冊になっています。

ローカルビジネスという、「小さな規模のビジネス」だからこそ学べることは多くあります。

例えば、ファンを定着させる方法/信頼を勝ち取るビジネス方法など、「Webマーケティングの基礎中の基礎」を、学ぶことができます。

基礎中の基礎を学べるので、学び初めにおすすめの一冊になっています。

このほかにもWebマーケティングに関する本はたくさんあります。
以下の記事では、初心者、転職者、副業希望者それぞれに合ったWebマーケティングの本を紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

Restudy編集長 風間

 

方法②:ブログ・SNS・Webサービスを運営する

Webマーケティングスキルを身につける方法2つ目は、「ブログ・SNS・Webサービスを運営する」ことです。

Webマーケティングに対して、ハードルの高さを感じる方もいらっしゃると思います。

ですが、「ブログ」「SNS」「広告運用」は意外と、初心者でもできる場合が多いです。

自分なりに実績を作ったうえで、Webマーケティング企業などを目指して就活をすることができれば、良いアピールポイントになる可能性が高いと考えられるでしょう。

SNSについては、多くの人が利用していると思います。

そのため、使い方から学ぶ必要もなく、簡単に始められそうですよね!

Restudy編集長 風間

 

方法③:YouTubeで勉強する

Webマーケティングスキルを身につける方法3つ目は、「YouTubeで勉強する」ことです。

Webマーケティングは年々人気も上がっている業界です。

そのため、YouTubeにはWebマーケティングに関する知識が詰まった動画が数多く投稿されています。

また、YouTubeでは視聴回数が重要であることから、「視聴者にいかに人気の高い動画になるか」を常に考えている投稿者も多く存在します。

このことから、誰にでもわかりやすい学習教材になっていることが多いです。

YouTubeを通した学習は「ハードルの低さ」という側面から見ても、おすすめできる勉強方法であると思います。

おすすめのYouTubeチャンネルもあわせて紹介しておきますね。

Restudy編集長 風間

①:GladCube TV【Webマーケティング】がもっと楽しくなるチャンネル

おすすめYouTubeチャンネル1つ目は、「GladCube TV【Webマーケティング】がもっと楽しくなるチャンネル」です。

このチャンネルは、ウェブ広告の運用代行などを担っている株式会社グラッドキューブが運営しているチャンネルです。

Webにおけるマーケティングを、プロが解説している点がこのチャンネルの魅力であるということができます。

②:ウェブ職TV

おすすめYouTubeチャンネル2つ目は、「ウェブ職TV」です。

ウェブ業界全般の知識を発信しているチャンネルです。常に最新の動向を発信している点が特徴だと言えます。

 

おすすめYouTubeチャンネル③:ヒトデせいやチャンネル

おすすめYouTubeチャンネル3つ目は、「ヒトデせいやチャンネル」です。

初心者でもわかりやすく、Webマーケティングの知識をはじめから学びたい人におすすめのチャンネルです。

 

方法④:未経験OKの会社に就職する

Webマーケティングスキルを身につける方法4つ目は、「未経験OKの会社に就職する」ことです。

企業によっては「未経験OK」のWebマーケター職の募集をしている場合もあります。

そういった会社に入社することができると、学ぶ環境を与えてもらえる可能性が高く、正しい勉強方法でスキルを身に着けることができます

この方法を試す場合には、「Webマーケターになりたい理由」をより明確にしておく必要があります

そのため、自己分析などの準備も必要不可欠になると考えられます。

 

方法⑤:Webマーケティングスクールに通う

Webマーケティングスキルを身につける方法5つ目は、「Webマーケティングスクールに通う」ことです。

Webマーケティングスクールを通して、インプットはもちろんのこと、個人ではなかなか難しいアウトプットの機会を得ることができます

おすすめのWebマーケティングスクール
  • おすすめ①:デジプロ(転職・副業向け)
  • おすすめ②:マケキャンbyDMM.com(転職者向け)
  • おすすめ③:WEBMARKS(フリーランス志望者向け)

おすすめのWebマーケティングスクールについては、おすすめのWebマーケティングスクール一覧を参考にしてください。

Restudy編集長 風間

 

方法⑥:Webマーケティング会社に営業職として入り、経験を積んでから異動する

未経験からWebマーケターになる方法6つ目は「Webマーケティング会社に営業職として入り、経験を積んでから異動する」です。

Webマーケティングを行う企業によっては、Webマーケターにすぐになることが難しい場合もあります。

そういった場合は、「営業職」で実務経験などを得たうえで異動することも、有効な方法の一つになるようです。

実務経験をWebマーケティングの場で活かすことができれば、他のWebマーケターより突出した魅力を持つ人材になることができる場合もあるでしょう。

 

方法⑦:インターンに参加して実績を積む

未経験からWebマーケターになる方法7つ目は「インターンに参加して実績を積む」です。

企業によっては、学生などに向けた長期インターンを募集している場合もあります。

長期インターンでは、未経験者でも応募できる可能性が高く、経験をイチから詰める良い機会になるでしょう。

 

未経験からWebマーケティングを学ぶならスクールがおすすめ

健太

未経験者の僕には、やっぱりWebマーケティングスクールで学ぶことが一番効率的なのではないかと感じました!

おすすめのWebマーケティングスクールの特徴を教えていただけますでしょうか。

分かりました

ではここからは、おすすめのWebマーケティングスクールを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Restudy編集長 風間

おすすめ①:デジプロ(転職・副業向け)

おすすめのWebマーケティングスクール1つ目は、「デジプロ」です。

デジプロは「転職者・副業希望者」向けのスクールになっています。

デジプロ

デジプロの特徴
  • 受講者数No,1
  • Web広告の現場で最も使われるプロダクトを網羅的に学べるので、マーケ未経験転職にも強い
  • 独学では難しい実務研修があるので転職後の即戦力となれる
  • 有名企業での実績があるトレーナーによる個別サポート
  • 転職成功率90%
\ 受講者数No,1 /
  実務で使えるWebマーケティングスクール
(デジプロ)

*無料オンライン説明会に参加! 

デジプロは転職に有利なWebマーケティングスクールです。
料金やカリキュラム内容について以下にまとめたのでぜひ参考にしてください。

Restudy編集長 風間

スクール名 デジプロ
おすすめ度 ★★★★★(5/5)
コース内容
  • 転職コース
  • 副業コース
  • 法人コース
料金
  • 通学/オンライン集団:38.5万円(税込)+入会金(33,000円)
  • マンツーマン:49.5万円(税込)+入会金(33,000円)

※法人コースはマンツーマンのみ

学習スタイル 通学(東京/千葉/横浜/大宮/大阪/名古屋/広島/福岡)orオンライン
学習期間
  • 転職コース:3.5か月+転職支援
  • 副業コース:3.5か月
  • 法人コース:2か月
学べること
  • リスティング広告
  • Google広告
  • Yahoo広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告
  • ディスプレイ広告
  • データ分析
  • Excel

デジプロはオンライン型だけでなく、多くの地域(東京/千葉/横浜/大宮/大阪/名古屋/広島/福岡)にスクールがあるので、通学したいと考えている方にもぴったりのスクールです。

Restudy編集長 風間

 

おすすめ②:マケキャンbyDMM.com(転職者向け)

おすすめのWebマーケティングスクール2つ目は、「マケキャンbyDMM.com」です。

マケキャンbyDMM.comは「転職者」向けのスクールになっています。

マケキャンbyDMM.com

マケキャンbyDMM.comの特徴
  • 採用通過率1%を通過したキャリアアドバイザーによるサポートがあるので転職成功率は98%
    →サポート体制が充実していると思うスクールNo,1 
  • 反復授業の仕組みがあるので未経験でも大丈夫なカリキュラム
    →未経験から理想のキャリアを形成できると思うスクールNo,1 
  • 現場のwebマーケターとのグループワークで、卒業後に即戦力として活躍できる
    →スキルアップして即戦力になれると思うスクールNo,1 
\ 転職成功率98% /
  webマーケター養成スクール3年連続No,1
(マケキャンbuDMM.com)

*無料カウンセリングに申し込む

マケキャンbyDMM.comのコースや料金、受講内容について以下にまとめたので、判断基準の参考にしてください。

Restudy編集長 風間

スクール名 マケキャンbyDMM.com
おすすめ度 ★★★★★(5/5)
コース内容
  • 転職コース(少しでも早くWebマーケターになりたい人向け)
  • 転職コースpremium(しっかり学習してWebマーケターになりたい人向け)
  • 学習コース
料金
  • 転職コース:33万円
  • 転職コースpremium:65万7,800円
  • 学習コース:16万5000円~
学習スタイル
  • 転職コース:オンラインの動画授業とオフラインのグループワーク
  • 学習コース:完全オンライン型で個別指導と集団講義を選択可能
学習期間
  • 転職コース:学習2か月+転職サポート6か月
  • 転職コースpremium:学習3か月+転職サポート12か月
  • 学習コース:4週間/8週間/9週間から選択可能
学べること 【全コース共通】

  • 広告入稿の手順(Google/Facebook/Yahoo/LINE/Twitter広告)
  • Webマーケティング知識
    (ロジカルシンキング/SEO/アドネットワーク/Wordpress)
  • SNSマーケティング
  • データ分析(Googleアナリティクス)

【転職コース】

  • グループワーク
    広告プランニングワーク(クライアントとの課題分析と施策立案)

マケキャンbyDMM.comでは、受講開始から2か月間基礎から応用まで集中的に学び、3か月目では広告代理店で働くマーケターの方とグループワークを行い、卒業後に即戦力として活躍できる能力を身につけることができます。

Restudy編集長 風間

 

おすすめ③:WEBMARKS(フリーランス志望者向け)

おすすめのWebマーケティングスクール3つ目は、「WEBMARKS」です。

WEBMARKSは「フリーランス志望者」向けのスクールになっています。

ウェブマークス

WEBMARKSの特徴
  • 基本のカリキュラム以外に個別面談や職務経歴書の添削、現場で役立つツールの紹介などサポートが充実しており、顧客満足度は98%
  • 実践的なカリキュラムなので即戦力としてのスキルを身につけられ、案件獲得・転職率は93%
  • フリーランスにおすすめのWebマーケティングスクールNo,1
  • 企業向けデジタルマーケティングサポート実績あり
\ 受講者数1,000名以上 /
 SEOも広告も学べる
(WEBMARKS)

*無料カウンセリングに申し込む

WEBMARKSのコースや料金、受講内容について以下にまとめたので、判断基準の参考にしてください。

Restudy編集長 風間

スクール名 WEBMARKS
おすすめ度 ★★★★☆(4/5)
コース内容
  • Webマーケティング講座
  • SEOマーケティング講座
  • Web広告マーケティング講座
  • SEOライター講座
  • GA4講座
  • データベース型サイトSEO講座(上級者向け)
  • 法人研修インハウスSEO講座(法人向け)
料金
  • Webマーケティング講座:
    動画コンサルティング講座38.5万円
    超実践講座49.5万円
  • SEOマーケティング講座:
    コンサルティングコース46.2万円
    添削サポートコース57.2万円
  • Web広告マーケティング講座:40万円
  • SEOライター講座:21万7,800円
  • GA4講座:10万7,800円
  • データベース型サイトSEO講座:32万7,800円
学習スタイル オンライン
学習期間
  • Webマーケティング講座:5か月
  • SEOマーケティング講座:6か月
  • Web広告マーケティング講座:3か月
  • SEOライター講座:3か月
  • GA4講座:3か月
  • データベース型サイトSEO講座(上級者向け):3か月
学べること
  • Webマーケティング講座:SEO、Web広告
  • SEOマーケティング講座:SEO、案件獲得方法
  • Web広告マーケティング講座:広告全般の知識
  • SEOライター講座:SEO、マーケティング視点の記事執筆
  • GA4講座:GA4の知識、サイト分析
  • データベース型サイトSEO講座(上級者向け):SEO、サイト構造、SEO課題発見力

WEBMARKSはサポート内容が充実しているにも関わらず、他のスクールと比べて安価であるのがおすすめポイントです。

以上で紹介したスクール以外にもおすすめのWebマーケティングスクールはたくさんあります。
「もっといろいろなスクールを知りたい」「料金比較したい」という方には、以下の記事を参考にしてください。

Restudy編集長 風間

 

【つまらない?】実際にWebマーケティング企業で働いている方の体験談

健太

Webマーケターになる想像がだんだんできるようになってきました。

なんだか楽しそうです!

実際にWebマーケティング企業における現場の声も聞いてみたいと思ったのですが、お聞きできたりしますか?

実際の声って気になりますよね!

わかりました。ここからは、「実際にWebマーケティング企業で働いている方の体験談」についてご紹介いたしますね!

Restudy編集長 風間

 

①:そもそもなぜWebマーケティング企業で働こうと思った?

実際にWebマーケティング企業で働いている方の体験談1つ目は「そもそもなぜWebマーケティング企業で働こうと思った?」です。

実際の声として以下のような理由が聞かれました。

WebマーケターAさん
「趣味でSNS運用を始めたときに、これを仕事にしたいと思った」

WebマーケターBさん
「顧客の購買心理を考えながら、好きなものを販売したかった

WebマーケターCさん
副業として、パソコンに向き合う仕事がしたかった」

WebマーケターDさん
ノマドワーカー(時間・場所に囚われない働き方をする人)に憧れた」

「趣味を仕事にしたい」人から、「働き方自体に魅力を感じた」人まで、さまざまな方がいらっしゃいます。

Restudy編集長 風間

 

②:Webマーケティング企業で働いてみて後悔したことは?

実際にWebマーケティング企業で働いている方の体験談2つ目は「Webマーケティング企業で働いてみて後悔したことは?」です。

実際の声として以下のような意見が聞かれました。

WebマーケターAさん
結果が求められる場合が多いこと」

WebマーケターBさん
「必要な予備知識が多く、自己学習が多く必要だったこと」

WebマーケターCさん
地道な作業が多いこと」

WebマーケターDさん
スケジュール管理をしないと残業せざるを得ないこと」

人によって苦手なことは違うと思います。

そのため、人によっては反対に魅力的にうつる場合もあるので、いろんな意見を見比べることも有効的だと考えられます。

Restudy編集長 風間

 

③:どんな時にやりがいを感じる?

実際にWebマーケティング企業で働いている方の体験談3つ目は「どんな時にやりがいを感じる?」です。

実際の声として以下のような意見が聞かれました。

WebマーケターAさん
成果が出た時。数字で明確にわかるのがいい。」

WebマーケターBさん
自分の工夫のおかげで売り上げが伸びた時。」

WebマーケターCさん
副業なのに稼げるようになった時。いろんな案件があるから、自分次第で稼ぎを増やせる。」

WebマーケターDさん
会社の経営に直接かかわる時。責任は重くなるが、成長も感じられる。」

他の業種では味わえないようなやりがいが、Webマーケティングにもあるようですね!

このほかにもWebマーケターとして働いているとやりがいを感じる部分は多くあります。
以下の記事でWebマーケティングの魅力ややりがいについて解説しているのでぜひ参考にしてください。

Restudy編集長 風間

 

Webマーケティングに関するよくある質問

健太

Webマーケティング業界を目指す人の中で、どんな疑問を持っている人が多いのか気になりました。

確かに気になりますよね。

ここからは、Webマーケティングに関するよくある質問をご紹介しますね。

Restudy編集長 風間

質問①:Webマーケティングは胡散臭い?

よくある質問1つ目は、「Webマーケティングは胡散臭い?」です。

Webマーケティングが胡散臭いと感じられる理由として挙げられるのは、以下のような要素があると思われます。

  • 「簡単に稼げる」という文言を強調している場合がある
  • 見るからに怪しいWebマーケターの宣伝を見かけることがある
  • 高額なオンラインサロンなどが存在している

ですが、これらの原因は「Webマーケティング業界の波に便乗した悪徳商法」であることが多いのも事実です。

そのため、胡散臭いと感じさせる要因は、こういったWebマーケティングとは別のビジネスである場合があるということができます。

このことから、「Webマーケティング自体が胡散臭いというのは間違いであると考えられます。

「便乗して儲けようとする悪徳商法の増加」だけでなく、「Webマーケティングの認知度の低さ」も、きっと抵抗を覚えさせてしまう要因になっていると思います。

知識を身に着けて、正しい判断を身に着けることが大切になるでしょう。

Restudy編集長 風間

 

質問②:Webマーケティングに力をいれている有名企業は?

よくある質問2つ目は、「Webマーケティングに力をいれている有名企業は?」です。

Webマーケティングに力をいれている有名企業を以下にまとめたので参考にしてみてください。

  • 電通
  • 博報堂
  • オプト
  • デジタルガレージ
  • アイレップ
  • サイバーエージェント

(参照:Digital Trends Japan

 

まとめ:Webマーケティングはやめとけと言われるが、やりがいを感じやすい

いかがでしたか。

今回は「やめとけと言われるWebマーケティングについて解説しました。

あわせて、未経験からWebマーケティング業界に就職/転職するために求められる方法や向いている人/向いていない人の特徴についても詳しく解説しました。

この記事を通して、Webマーケティング業界に興味のある方/目指している方のお役に立ていればとてもうれしいです!

Restudy編集長 風間

またほかの記事でお会いできることを楽しみにしています!

最後までご覧いただきありがとうございました!

Restudy編集長 風間