【将来性は?】機械学習エンジニアの採用を行っている企業一覧&仕事内容 | 必要なスキルや就職方法も

この記事からわかること
  • 機械学習エンジニアとは「アルゴリズムの実装/運用/構築を担う職業」
  • 機械学習エンジニアの採用をしている企業一覧
  • 機械学習エンジニアの仕事内容
  • 機械学習エンジニアに必要なスキル
  • 機械学習エンジニアになる方法

この記事では、「機械学習エンジニアの仕事とは何?」という基本的なところから、機械学習エンジニアを採用している企業一覧機械学習エンジニアの仕事内容、機械学習エンジニアに必要なスキルまで詳しくご紹介していきます。

合わせて、機械学習エンジニアになるための方法、よくある質問についてもお答えしていきます。

  • 機械学習エンジニアとは何か知りたい方
  • 機械学習エンジニア職志望の方
  • 機械学習エンジニアを採用している企業を知りたい方
  • 機械学習エンジニアが少しでも気なる方

上記に該当する方には役立つ内容なので、最後までご覧ください。

この記事は就活の教科書「【AI,機械学習エンジニアとは?】仕事内容と企業ランキング一覧 | 年収,将来性,新卒の就職方法も」を参考に再編集しています。

ベースの記事も興味があればご覧ください!

Restudy編集長 風間

この記事の目次

 

機械学習/AIエンジニアとは機械学習アルゴリズムを実装・運用・構築をする職業

機械学習エンジニアとは機械学習アルゴリズムを実装・運用・構築をする職業

結論として、機械学習エンジニアとは「機械学習アルゴリズムの実装・運用・構築を担う職業」です。

機械学習とはAIツールの1つであり、データのルールやパターンを記憶させ特定の作業を実行させるプログラムです。

そのため、機械学習エンジニアは使用する用途・目的に合わせて機械学習アルゴリズムを構築することが仕事となります。

また、アルゴリズムを構築後、サービスの向上のため定期的なメンテナンスやエラーへの対処などの運用も行います。

以下、機械学習エンジニアの平均年収などをご紹介しているので、ぜひご覧ください。

Restudy編集長 風間

 

機械学習エンジニアの平均年収は約「630万円」

indeedによると、機械学習エンジニアの平均年収は「630万」です。

これは、国税庁による日本の平均年収467万円と比較してもかなり高いとわかります。

このように、機械学習エンジニアは市場価値が高く需要があるといえるでしょう。

また、機械学習エンジニアはAIの開発/運用などを担うので、今後も需要がさらに増していくと予想できます。

以下が、日本で人気な機械学習エンジニアランキングTOP3です。

日本で人気な機械学習エンジニアランキングTOP3
順位 企業名 平均年収
1位 株式会社エイジレス 約1,200万円
2位 株式会社サイバーエージェント 約630万円
3位 H.R.I株式会社 約530万円

参考:indeed(日本で機械学習エンジニアが人気の企業)

機械学習エンジニアは今後の需要が期待できるので、とても魅力的な仕事のひとつだといえるでしょう!

IT業界でエンジニアやデータサイエンティストとして優良企業から内定をもらいたい方は、IT特化の就活のプロ優良IT企業紹介や専攻対策をしてくれる【就活生】レバテックルーキーを使うのがおすすめです。

Restudy編集長 風間

 

機械学習/AIエンジニアに向いている/向いてない人の特徴

機械学習エンジニアに向いている/向いていない人の特徴は主にそれぞれ3つあります。

以下が、機械学習エンジニアに向いている人の特徴3選です。

機械学習エンジニアに向いている人の特徴3選
  • 特徴①:論理的思考が得意な人
  • 特徴②:好奇心旺盛で常に学習ができる人
  • 特徴③:最先端テクノロジーを絶えず追求できる人

そして、以下が機械学習エンジニアに向いていない人の特徴3選です。

機械学習エンジニアに向いていない人の特徴3選
  • 特徴①:地味な作業が苦手な人
  • 特徴②:最新技術に興味がない人
  • 特徴③:物事に対して課題意識を持てない人

向いている仕事に就くことは今後の活躍にも大きく影響するので、参考にしてみてください。

以下の記事で「当たるおすすめの適職診断19選」「自分に向いている仕事がわからない時の対処法」についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

Restudy編集長 風間

 

 

【新卒必見】機械学習エンジニアの採用を行っている企業一覧

理沙

機械学習エンジニアについて色々知ることができました。

では、機械学習エンジニアを採用している企業ってどこがありますか?

確かに、機械学習エンジニアを採用している企業について気になりますよね!

以下、機械学習エンジニアの採用を行っている企業一覧についてご紹介していきます。

Restudy編集長 風間

 

機械学習エンジニアの採用を行っている企業一覧
企業名 業界
パーソルクロステクノロジー株式会社 人材サービス
CLINKS株式会社 DXコンサティング
株式会社サイバーエージェント 情報技術
帝人株式会社 製造・メーカー
株式会社アウトソーシングテクノロジー 人材サービス
株式会社ラストデータ アプリエンジニア
株式会社ELワーク ゲーム機部品/エンジニア
株式会社pluszero AIエンジニア
株式会社coly AIエンジニア
株式会社ギブリー AIエンジニア
ダルマ・キャピタル株式会社 金融・リサーチ
株式会社Proxima Technology 研究開発
東芝ライフスタイル株式会社 メーカー/エンジニア
株式会社ディー・エヌ・エー ITサービス
株式会社スタッフサービス 人材サービス
矢崎総業株式会社 AI・デジタル室 自動車・運輸機器ソフトウェア・情報処理
株式会社マイナビワークス 人材サービス
株式会社IFY ITインフラ
株式会社バンダイナムコネクサス ECサービス
ゼネリックソリューション株式会社 情報サービス
マミヤITソリューションズ株式会社 システムインテグレーション
TechShare株式会社 テクノロジー
チームラボ株式会社 情報技術
株式会社ユニゾン・テクノロジー 情報技術
ブレインズテクノロジー株式会社 エンタープライズAIソフトウェア
クラスメソッド株式会社 情報技術
株式会社リンク・アンビション 転職支援サイト
株式会社SyncThought 情報技術
HOUSEI株式会社 情報システム事業、越境EC事業
株式会社ヴァリューズ 組織マネジメント・シンクタンク
株式会社ギーカーズラボ 情報技術
株式会社マクロセンド システム開発

参考:indeed

 

機械学習/AIエンジニアの仕事内容5選

理沙

機械学習エンジニアを採用している企業について知ることができました。

しかし、機械学習エンジニアの仕事内容って何がありますか?

確かに、機械学習エンジニアの仕事内容について気になりますよね!

以下、機械学習/AIエンジニアの仕事内容5選をご紹介していきます。

Restudy編集長 風間

機械学習/AIエンジニアの仕事内容5選
  • 仕事①:AI(人工知能)を用いたシステムの設計や開発
  • 仕事②:学習用データの準備・分析
  • 仕事③:機械学習モデルの検討
  • 仕事④:機械学習プログラミングの構築・運用
  • 仕事⑤:最先端テクノロジーの研究

IT業界でエンジニアやデータサイエンティストとして優良企業から内定をもらいたい方は、IT特化の就活のプロ優良IT企業紹介や専攻対策をしてくれる【就活生】レバテックルーキーを使うのがおすすめです。

Restudy編集長 風間

 

仕事①:AI(人工知能)を用いたシステムの設計や開発

機械学習/AIエンジニアの仕事内容1つ目は、「AI(人工知能)を用いたシステムの設計や開発」です。

機械学習エンジニアは、AI技術の1つである機械学習モデルを設計・開発をし人工知能サービスを提供しています。

このような、機械学習モデルは開発後、顧客の膨大なデータ(行動パターン・思考パターン・選択パターン・情報入手方法など)を用いて、サービスの改善にも使用されます。

以下の記事で「AI業界の企業ランキング」についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

Restudy編集長 風間

 

仕事②:学習用データの準備・分析

機械学習/AIエンジニアの仕事内容2つ目は、「学習用データの準備・分析」です。

機械学習とは、膨大なデータをコンピュータが分析し、その法則やルール、パターンを記憶し特定の作業を実行させるAIツールの1つです。

したがって、機械学習エンジニアはツールが扱うデータを準備したり分析したりします。

また、データの変数を変化させたりするのも機械学習エンジニアの仕事です。

加えて、データを分析し機械学習のためのデータを準備することはサービスの向上にも繋がります。

機械学習で扱うデータはとても膨大なので、大変そうですね。

Restudy編集長 風間

 

仕事③:機械学習モデルの検討

機械学習/AIエンジニアの仕事内容3つ目は、「機械学習モデルの検討」です。

機械学習は、膨大なデータをコンピュータが分析し、その法則やルール、パターンを記憶し特定の作業を実行させるアルゴリズムのモデルを開発することです。

したがって、機械学習のアルゴリズムは、利用の用途にって変化します。

そのため、機械学習エンジニアは、特定の用途に合わせてアルゴリズムモデルを検討・作成をすることが仕事となります。

アルゴリズムは機械学習の計算方法であることがわかりますね!

Restudy編集長 風間

 

仕事④:機械学習プログラミングの構築・運用

機械学習/AIエンジニアの仕事内容4つ目は、「機械学習プログラミングの構築・運用」です。

上記のように機械学習エンジニアは用途・目的に合わせて機械学習アルゴリズムのモデルを検討・開発を行います。

したがって、機械学習プログラミングの構築も機械学習エンジニアの仕事になります。

加えて、プログラミングの構築後、サービスの維持・向上のため運用も行います。

運用とは、定期的なメンテナンスやエラーへの対処などが挙げられます。

このように、機械学習エンジニアはサービスの構築だけでなく、顧客にとって利用しやすいようにサービスの質向上にも努めているのがわかりますね。

以下の記事で「プログラミングができるインターンシップ」「おすすめのプログラミングスクール8選」についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

Restudy編集長 風間

 

仕事⑤:最先端テクノロジーの研究

機械学習/AIエンジニアの仕事内容5つ目は、「最先端テクノロジーの研究」です。

機械学習エンジニア分野に関わるテクノロジーは毎秒変化しているぐらい変化が早いです。

そのため、機械学習エンジニアは最新の論文や著書などで最先端の情報を入手することが必要になります。

そして、そのような最先端の情報を研究し、業務で扱えるテクノロジーに取り入れなければなりません。

以上より、最先端テクノロジーの研究も機械学習エンジニアの仕事だといえるでしょう。

機械学習エンジニアは勉強熱心の人に向いているかもしれませんね。

以下の記事で「自己PR『勉強熱心』の魅力的な伝え方」についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

Restudy編集長 風間

 

機械学習エンジニアに新卒でなるために必要なスキル3選

健太

機械学習エンジニアの仕事内容について知り、とても魅力的に感じました。

では、機械学習エンジニアに必要なスキルって何があるのでしょうか?

確かに、機械学習エンジニアに必要なスキルについて気になりますよね!

以下、機械学習エンジニアに新卒でなるために必要なスキル5選についてご紹介していきます。

Restudy編集長 風間

機械学習エンジニアに新卒でなるために必要なスキル5選
  • スキル①:機械学習・ディープラーニングとデータに関する知識・スキル
  • スキル②:Python(機械学習のプログラミングスキル)
  • スキル③:数学

 

スキル①:機械学習・ディープラーニングとデータに関する知識・スキル

機械学習エンジニアに新卒でなるために必要なスキル1つ目は、「機械学習・ディープラーニングとデータに関する知識・スキル」です。

機械学習エンジニアとは、データをコンピュータに学習させ、最適なアルゴリズム開発を行います。

そのため、まずは機械学習エンジニアの根本の技術である機械学習やディープラーニングに関する知識を身につけておくことが必要です。

加えて、集めたデータを格納する必要があるため、データベース(HadoopやSQLなど)等についても理解を深める必要があります。

以上より、機械学習エンジニアになるために必要なスキルとして「機械学習・ディープラーニングとデータに関する知識・スキル」が挙げられます。

機械学習エンジニアはエンジニアの中でもスキルの習得が難しいので、かなりの努力が必要ですね!

Restudy編集長 風間

 

スキル②:Python(機械学習のプログラミングスキル)

機械学習エンジニアに新卒でなるために必要なスキル2つ目は、「Python(機械学習のプログラミングスキル)」です。

機械学習エンジニアの業務では、プログラミングスキルが必要不可欠です。

多々あるプログラミング言語の中でも、主なプログラム開発の言語はPythonとなります。

Pythonは、機械学習はもちろん、データ解析やAI等、あらゆる場面で欠かせないスキルです。

そのため、機械学習エンジニアを目指すプログラミング初心者の人は、まずはPythonの習得を目指すことがおすすめです。(Pythonは若干難易度の高い言語となるため、プログラミング言語の習得に自信がない人は、まずはRやJuliaから勉強してもいいかもしれません。)

以上より、機械学習エンジニアになるために必要なスキルとして「Python(機械学習のプログラミングスキル)」が挙げられます。

以下の記事で「Pythonを使用して就職できる企業」についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

Restudy編集長 風間

 

スキル③:数学

機械学習エンジニアに新卒でなるために必要なスキル5つ目は、「数学」です。

アルゴリズムを構築するうえで、数学や統計学の知識も欠かせません。

AI・機械学習の仕組みには、統計学や深層学習等、あらゆる数理科学の分野の知識が使われているためです。

AIを根柢の部分から理解し、よりハイレベルなエンジニアを目指すのであれば、数学の知識は身につけておきましょう。

分野としては、微積分や線形代数、数理統計学の知識が必要となります。

数学に自信がない人は、中学数学にさかのぼって復習することで、しっかりと理解を深めることがおすすめです。

以上より、機械学習エンジニアになるために必要なスキルとして「数学」が挙げられます。

数学が苦手方でもエンジニアとして活躍した方は、論理的に思考することを意識するのも良いでしょう。

Restudy編集長 風間

 

新卒で機械学習/AIエンジニアに就職する方法5選

理沙

機械学習エンジニアに必要なスキルについてしっかりと理解できました。

では、実際にどのようにしたら機械学習エンジニアになれるのでしょうか?

確かに、機械学習エンジニアに就職する方法について気になりますよね!

以下、新卒で機械学習/AIエンジニアに就職する方法5選をご紹介していきます。

Restudy編集長 風間

新卒で機械学習/AIエンジニアに就職する方法5選
  • 方法①:大学や大学院で専門的な知識・スキルを身につける
  • 方法②:企業のインターンシップに参加し知識・スキルを習得する
  • 方法③:ポテンシャル採用枠を狙う
  • 方法④:IT業界に特化した就活エージェントを活用する
  • 方法⑤:他のエンジニアからキャリアアップとして転職をする

IT業界でエンジニアやデータサイエンティストとして優良企業から内定をもらいたい方は、IT特化の就活のプロ優良IT企業紹介や専攻対策をしてくれる【就活生】レバテックルーキーを使うのがおすすめです。

Restudy編集長 風間

 

方法①:大学や大学院で専門的な知識・スキルを身につける

新卒で機械学習/AIエンジニアに就職する方法1つ目は、「大学や大学院で専門的な知識・スキルを身につける」です。

機械学習エンジニアはプログラミング言語を活用し、機械学習アルゴリズムを用途に合わせて開発・検討することが仕事です。

そのため、かなり高い専門性を必要とします。

加えて、機械学習エンジニアはエンジニアの中でもインプットしなければならない知識が多いので、スキル習得まで時間がかかると言われています。

このように、大学や大学院で専門性を高めることが機械学習になるためにとても有利だとわかりますね。

以上より、機械学習に就職する方法として「大学や大学院で専門的な知識・スキルを身につける」が挙げられます。

以下の記事で「大学院生のリアルな就活事情」についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

Restudy編集長 風間

 

方法②:企業のインターンシップに参加し知識・スキルを習得する

新卒で機械学習/AIエンジニアに就職する方法2つ目は、「企業のインターンシップに参加し知識・スキルを習得する」です。

機械学習エンジニアをはじめとするエンジニアのスキル習得は、インターンシップなどでインプットとともにアウトプットをすることがとても効果的です。

なぜなら、インプットだけでは情報量の多さゆえ覚えきれない部分が出てくる傾向にあります。

そこで、インターンとして手を動かしインプットして知識を用いてプログラミングを構築することで知識の定着をすることができます。

また、インターンシップに参加することで研修を受けることができるので、無償でスキル習得ができるのも魅力的だといえるでしょう。

一方で、習得できるスキル・知識がそのインターンシップで使用するものに限られてしまうので、注意が必要です。

以上より、機械学習に就職する方法として「企業のインターンシップに参加し知識・スキルを習得する」が挙げられます。

以下の記事で「プログラミングができるインターンシップ」についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

Restudy編集長 風間

 

方法③:ポテンシャル採用枠を狙う

新卒で機械学習/AIエンジニアに就職する方法3つ目は、「ポテンシャル採用枠を狙う」です。

機械学習エンジニアは他のエンジニア同様、人手不足であることが現状です。

そのため、多くの企業ではポテンシャルでエンジニア職を採用することがあります。

未経験の新卒を採用し研修や資格の取得などでエンジニアとして育成されます。

以下、エンジニアに必要なポテンシャル3選です。

エンジニアに必要なポテンシャル3選
  • ポテンシャル①:論理的思考ができる
  • ポテンシャル①:最新テクノロジーに敏感である
  • ポテンシャル①:勉強熱心である

以上より、機械学習に就職する方法として「ポテンシャル採用枠を狙う」が挙げられます。

ポテンシャル枠での採用は今後のスキル取得もできるので、とても魅力的ですよね!

ポテンシャル枠で採用されるためには、上記のポテンシャルをアピールすることが重要です。

Restudy編集長 風間

 

方法④:IT業界に特化した就活エージェントを活用する

新卒で機械学習/AIエンジニアに就職する方法4つ目は、「IT業界に特化した就活エージェントを活用する」です。

IT業界に特化した就活エージェントは、IT就活の専門家です。

そのため、IT業界で採用されるための方法やおすすめの企業について熟知しています。

また、業界内での繋がりも強いため、非公開の選考や採用情報を提示してくれることも多々あります。

以下が、おすすめのITエンジニア就活エージェント3選です。

おすすめのITエンジニア就活エージェント3選
  • エージェント①:レバテックルーキー
  • エージェント②:エンジニア就活
  • エージェント③:キャリアパーク就活エージェント  など

以上より、機械学習に就職する方法として「IT業界に特化した就活エージェントを活用する」が挙げられます。

以下の記事で「エンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント」についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

Restudy編集長 風間

 

方法⑤:他のエンジニアからキャリアアップとして転職をする

新卒で機械学習/AIエンジニアに就職する方法5つ目は、「他のエンジニアからキャリアアップとして転職をする」です。

機械学習エンジニアは、エンジニアの中でも必要とする知識が広いことが特徴的です。

そのため、インプットしなければならない知識量もかなり多くなります。

また、機械学習エンジニアが扱うAI分野は変化が早いため、最新テクノロジーを常に勉強しなければならないです。

したがって、機械学習エンジニアになるには、未経験よりも他のエンジニアを経験している方が有利なのは明白だといえるでしょう。

以上より、機械学習に就職する方法として「他のエンジニアからキャリアアップとして転職をする」が挙げられます。

以下の記事で「ITエンジニア転職サイトランキング」についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

Restudy編集長 風間

 

機械学習/AIエンジニア 新卒に関するよくある質問2選

健太

機械学習エンジニアについて、しっかりと理解することができました。

他に機械学習エンジニアについて知っておくべきことがあれば教えていただきたいです。

分かりました。

それでは、機械学習エンジニア/AIエンジニア 新卒に関するよくある質問についてご紹介していきます。

Restudy編集長 風間

機械学習/AIエンジニア 新卒に関するよくある質問2選
  • 質問①:機械学習エンジニアってなくなる?将来性はあるの?
  • 質問②:機械学習エンジニアって未経験でもなれるの?

 

質問①:機械学習エンジニアってなくなる?将来性はあるの?

機械学習/AIエンジニア 新卒に関するよくある質問1つ目は、「機械学習エンジニアってなくなる?将来性はあるの?」です。

結論として、機械学習エンジニアは将来性がある職業です。

総務省によると、「IoT・AI等のシステム・サービスの導入状況」において、「導入している又は導導入予定:22.2%」「導入していないが導入予定がある:9.7%」と3割以上の企業がIoT・AIなどの導入を検討していることがわかります。

加えて、IoT・AI等のシステム・サービスの導入効果があったと示した企業は80%を超えています。

このように、今後もIoT・AI等のシステムえお導入する企業は増加していくことが予測されます。

したがって、機会学習エンジニアは今後も将来性があるといえるでしょう。

参考:総務省(令和3年 情報通信白書ポイント 第2部 基本データと政策動向/(5)企業におけるIoT・AI等のシステム・サービスの導入・利用状況)

将来性がある職業で仕事ができるのはとても魅力的ですよね!

以下の記事で「これから伸びる業界一覧」についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

Restudy編集長 風間

 

質問②:機械学習エンジニアって未経験でもなれるの?

機械学習/AIエンジニア 新卒に関するよくある質問2つ目は、「機械学習エンジニアって未経験でもなれるの?」です。

結論として、機械学習エンジニアは未経験でもなることができます。

なぜなら、機械学習エンジニアのみならずIT業界全体として人手不足であるためです。

したがって、機械学習エンジニアは未経験でも挑戦することができる領域だといえるでしょう。

以下が、機械学習エンジニアに必要なスキル5選です。

機械学習エンジニアに必要なスキル5選
  • スキル①:機械学習・ディープラーニングとデータに関する知識・スキル
  • スキル②:Python(機械学習のプログラミングスキル)
  • スキル③:AIプログラミング
  • スキル④:情報科学
  • スキル⑤:数学

機械学習エンジニアは、将来性が見込める職業なので、気なる方は早めに挑戦をしてみることがおすすめです。

以下の記事で「未経験からITエンジニアになるためには」「文系からITエンジニアになる方法」についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

Restudy編集長 風間

 

まとめ:機械学習/AIエンジニアの業務や魅力について理解し、まずはインターンシップに応募してみよう!

今回は、機械学習エンジニアの仕事とは何?機械学習エンジニアを採用している企業一覧機械学習エンジニアの仕事内容、機械学習エンジニアに必要なスキルについてご紹介しました。

合わせて、機械学習エンジニアになるための方法、よくある質問についてもお答えしました。

この記事を読んだことで、機械学習エンジニアに関する不安や疑問が解消されていたら、嬉しい限りです。