【辞める?】新卒で地方配属になる理由とすべきこと5つ | 地方に飛ばされるデメリットも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 新卒が地方配属を命じられるのは適性を見たいから👀
  • 地方配属が嫌な場合は人事部に相談してみよう✨
  • 地方配属のデメリットはいつ本社配属になるかわからないこと😢
  • 地方配属のメリットは物価が安いこと💰
  • 【用途別】あなたに合う対策や優良企業を教えてくれるツール

\ 多くの利用者が理想の職場とマッチ! /
未経験OKの優良企業を提示
(ハタラクティブ)

*既卒・フリーター・ニートからの就職にも強い!

この記事では新卒で地方配属になり辞めたいと思った時の対処法を紹介していきます。

また、地方配属のメリット・デメリットも詳しく解説していきます。

  • 本社勤務が良かったのに、地方配属になってしまった人
  • 地方配属なら辞めることも視野に入れて考えたい人

上記に当てはまる人は、ぜひこの記事を最後までご覧ください。

 

「自分に合う仕事がわからない…」「自分に合う優良企業で働きたい!」という方は、【既卒/ニート/フリーター】ハタラクティブを使うと、未経験OKの安定優良企業を紹介してくれ、あなたの理想の職場に出会えます。

ちなみに【既卒/ニート/フリーター】ハタラクティブ以外にも、転職実績No.1でサポートが手厚い「【総合転職】リクルートエージェント」、高年収企業からスカウトがもらえる「【ハイクラス転職】dodaX」、あなただけのキャリアを見つけてくれる「【年収UP】キャリドラもおすすめですよ。

キャリアアドバイザー西園寺

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 多くの利用者が理想の職場とマッチ! /
未経験OKの優良企業を提示
(ハタラクティブ)

*既卒・フリーター・ニートからの就職にも強い!

どのサービスで優良企業を見つけたら良いかわからない…」という方は、リクルートエージェントを使うのが一番おすすめですよ。

キャリアアドバイザー西園寺

目次

 

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

新卒で会社を辞める人の1/3以上は「自分の希望と業務内容(地方配属など)のミスマッチ」が理由!

就活生ちゃん

そもそも、新卒で地方配属になったという理由で退職する人は、どれくらいいるのでしょうか?

それでは、初めに新卒で地方配属になった人の現状を見てみましょう!

就活アドバイザー 京香

新卒退職経験者の1/3以上は「自分の希望と業務内容(地方配属など)のミスマッチ」が理由で辞めている

実は、新卒退職経験者の1/3以上が「自分の希望と業務内容(地方配属など)のミスマッチ」が理由で辞めています。

参考:THE ADECCO GROUP「新卒入社3年以内離職の理由に関する調査」

このことから、新卒の多くが、就職にあたり自分の希望する環境でキャリアを積みたいと考えている中で、配属地(勤務地)は重要視されていることが分かります。

地方配属をきっかけに退職を考えることは、とても自然なことなんですね!

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

 

 新卒で地方配属を命じられる理由は主に3つある

新卒で地方配属を命じられる理由は、以下のように主に3つあると考えられます。

新卒で地方配属を命じられる理由
  • 現場経験を積ませるため
    ⇒本社の経営に携わる前に、現場の経験を積ませることでスキルアップを狙っているから。
  • 適正を判断したいから
    ⇒本社よりも小さな職場で働きを見ることで、適性をきちんと把握したいから。
  • 期待しているから
    ⇒地方部署の方が1人一人のマンパワーが重要であり、地方部署の底上げを期待しているから。

地方配属になる理由は、マイナスなものではない場合がほとんどのようですね。

就活アドバイザー 京香

「20代でフリーターをしているけど企業へ就職したい」「就職したいけど大学を中退していて不安…」という方はハタラクティブを利用するのがおすすめです。

ハタラクティブは、20代の大学中退者やフリーターを対象としたマンツーマン就職・転職支援サービスです。

「未経験から仕事を探したい」という悩みが解決できるので、ぜひ利用してみてください。

キャリアアドバイザー西園寺

「ハタラクティブ」では就活のプロが仕事探しをトータルサポート
  • 1社ずつ面接対策をしてくれる
  • 8割以上の企業が未経験OK
  • 就職成功率80.4%
  • \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    【辞める?】新卒で地方配属を命じられた(地方に飛ばされた)時にすべきこと5つ

    就活生ちゃん

    新卒で地方配属を命じられてしまった場合、どうすればよいのでしょうか?

    それでは、次に新卒で地方配属を命じられた時にすべきこと5つを紹介します!

    就活アドバイザー 京香

    新卒で地方配属を命じられた時にすべきこと5つ
    • ①:人事部に移動できないか相談する
    • ②:本社配属の先輩に相談する
    • ③:地方配属からのキャリアプランを考える
    • ④:転職エージェント登録して、転職活動を始める
    • ⑤:早いうちに退職する

    ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

    キャリアアドバイザー西園寺

    ①:人事部に移動できないか相談する

    新卒で地方配属を命じられた時にすべきことその1は「人事部に移動できないか相談する」です。

    そもそも、人事部とは、会社内の採用業務制度改革業務などを行う部署を言い、その業務の1つに「人事異動業務」があります。

    上記のような業務を行う人事部に異動希望の相談することで、地方配属から本社勤務に配置転換をしてくれる可能性があります。

    ただし、配置移動の相談をする時には「家庭の事情(親の介護・子供の病気)があるから」「精神的な不安があるから」などの理由を明確にして、相談するようにしましょう。

    また、人為部の人もあくまで1社員であるので、相談したからと言ってすぐに良い影響が出ることはあまり期待できません。

    就活アドバイザー 京香

    ②:本社配属の先輩に相談する

    新卒で地方配属を命じられた時にすべきことその2は「本社配属の先輩に相談する」です。

    今すぐではなくても、将来的に本社で勤務したいと考えているのであれば、本社配属の先輩に話を聞くことで、不安を払しょくできる可能性があります。

    特に、会社では日々人事評価制度人事異動制度変わる場合が多いので、年次の近い本社配属の先輩に相談するのが良いでしょう。

    ただし、やはり地方配属が嫌だと思う理由は人それぞれなので、悩みをすべて解決してもらえる可能性は高くありません。

    就活アドバイザー 京香

    ③:地方配属からのキャリアプランを考える

    新卒で地方配属を命じられた時にすべきことその3は「地方配属からのキャリアプランを考える」です。

    上記のように、本社配属の先輩の話や人事部の話を聞いた上で、将来的に本社勤務が出来るようであれば、地方配属からのキャリアプランを考えるのが良いでしょう。

    「本当は入社すぐから本社配属が良かった」と思っていたところを「頑張れば5年で確実に本社勤務が出来そうなら、それまでに実用的な力をつけておこう」などと考えるのも良いですね。

    ただし、配属地は個人のスキルだけでなく、会社の経営状態その時々の人員配置にもよるので、先輩の話しや人事部の話を鵜呑みにすることには注意が必要です。

    就活アドバイザー 京香

    ④:転職エージェント登録して、転職活動を始める

    新卒で地方配属を命じられた時にすべきことその4は「転職エージェント登録して、転職活動を始める」です。

    やはり、どうしても地方配属が嫌な場合は、転職を考えるのも1つの方法です。

    まずは、転職エージェンシーに登録することで、今の会社を退職する前から転職活動が行えます。

    地方勤務が嫌な場合、地方配属の可能性がない会社に転職活動をしておくことで、今の会社で本社に配属されるよりも前に都心・中心部で働くことが出来るようになる可能性が高いです。

    なんのリスクもなくより良い労働環境を探せるのはメリットしかないですね!

    転職エージェントについては、以下の記事でも詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください!

    就活アドバイザー 京香

    ⑤:早いうちに退職する

    新卒で地方配属を命じられた時にすべきことその5は「早いうちに退職する」です。

    人事部や上司に確認したところで、自分の本社配属がいつになるのかは不透明な場合が多いです。

    また、転職活動についても、転職先はいつ決まるか分かりません。

    そういった中で、先行きの見えない地方勤務が続くことに不安を覚える人は、いっそのこと退職することをおすすめします。

    また、以下の記事では全国転勤なしの会社について詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

    就活アドバイザー 京香

     

    未経験OKの企業を見つけるには?

    「就職したいけど、大学を中退してしまっている」「未経験OKの企業に就職したい」という方には、ハタラクティブがおすすめです。

     

    ハタラクティブでは、20代の大学中退者やフリーランス向けに就職や転職のサポートをしてくれます。

    未経験OKの優良企業紹介だけでなく、、完全無料で内定まで向き合ってくれるので、「やりたいことなんて分からない」「学歴・経歴に自信がない」という人は、という方には、ハタラクティブを利用してみてください。

    \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    新卒で地方配属(地方に飛ばされる)のデメリット5選

    就活生ちゃん

    新卒で地方配属になる具体的なデメリットって何でしょうか?

    それでは、次に新卒で地方配属のデメリット5選を紹介します!

    就活アドバイザー 京香

    新卒で地方配属のデメリット5選
    • デメリット①:家族・友達が近くにいない
    • デメリット②:閉鎖的な環境でストレスがたまる
    • デメリット③:いつ配属が変わるかわからない
    • デメリット④:交通の便が悪い
    • デメリット⑤:本社とのつながりが薄くなる
    • デメリット⑥:休日に遊びに行ける場所が少ない
    • デメリット⑦:出世がしにくくなる可能性がある

    デメリット①:家族・友達が近くにいない

    新卒で地方配属のデメリットその1は「家族・友達が近くにいない」です。

    地方出身者で、たまたま赴任先が地元であった場合は例外ですが、それ以外の人にとっては、赴任先で知っている人は職場の人だけになります。

    特に、学生時代に地元や大学の友人と遊ぶのが好きだったり、実家暮らしだったりした人は、寂しさを感じやすいです。

    職場の愚痴などを会って話せる人がいないのは、精神的に疲れますよね…。

    就活アドバイザー 京香

    デメリット②:閉鎖的な環境でストレスがたまる

    新卒で地方配属のデメリットその2は「閉鎖的な環境でストレスがたまる」です。

    地方は都市部と異なり、地域内での人との繋がりが強いです。

    その分「〇〇さんは何してる」「〇〇さんはどこへ行った」などの情報がすぐに知られたり広がったりするため、干渉されていると感じることも多いでしょう。

    田舎独特の「お隣さん・ご近所さん文化」ってありますよね笑

    就活アドバイザー 京香

    デメリット③:いつ配属が変わるかわからない

    新卒で地方配属のデメリットその3は「いつ配属が変わるかわからない」です。

    将来的に本社配属を目指す人は、あくまでステップアップとして、地方配属での勤務を行うことになります。

    しかし、先述した通り、人事配属は個人のスキルのみならず、会社の経営状態時々の人員配置状況にもよる部分が大きいです。

    したがって、本社配属になるのはいつなのか、または本当に本社配属になるのかは、誰にも確証を得られません。

    いつまでか、わからない地方配属はつらいですよね…

    就活アドバイザー 京香

    デメリット④:交通の便が悪い

    新卒で地方配属のデメリットその4は「交通の便が悪い」です。

    電車やバスで比較すると、都会であれば5分か10分に1本は来ますが、田舎であると1・2時間に1本ということも稀ではありません。

    また、最寄りのバス停や駅までも、都会より田舎の方が距離が遠く時間がかかる場合が多いです。

    就活アドバイザー 京香

    デメリット⑤:本社とのつながりが薄くなる

    新卒で地方配属のデメリットその5は「本社とのつながりが薄くなる」です。

    地方配属になると、本社とは物理的な距離が出来てしまうため、本社とのつながりが薄くなる場合が多いです。

    また、特に新入社員の場合は、仲の良い同期を作る前に地方配属になってしまう場合が多く、本社や他の配属地についての情報を知らないまま働くことになってしまうことが多いです。

    本社勤務をしたい人にとって、情報に疎くなってしまうのは残念ですよね。

    就活アドバイザー 京香

    デメリット⑥:休日に遊びに行ける場所が少ない

    新卒で地方配属のデメリットその6は「休日に遊びに行ける場所が少ない」です。

    地方は都心に比べ、施設の数が少ないです。

    そのため、休日に遊びに行ける場所が少なくなると言えます。

    交通の便が悪いことも遊びに行く選択肢が減る原因ですね。

    就活アドバイザー 京香

    デメリット⑦:出世がしにくくなる可能性がある

    新卒で地方配属のデメリットその7は「出世がしにくくなる可能性がある」です。

    地方配属により本社とのつながりが薄くなると、ポジションが空いて適任者を探す際、候補に入れてもらえる可能性が減ります。

    そのため、出世がしにくくなる可能性があると言えます。

    出世をしたい人は、地方配属になっても本社とのつながりを極力維持するように心がけることが重要です。

    就活アドバイザー 京香

     

     

    自分が納得のいく転職を成功させる方法

    就活生ちゃん

    良い会社への就職を考えていますが、自分が納得のいく転職を成功させる自信がありません…

    より良い会社に就職するために良い方法はありますか?

    もちろんあります!

    結論を伝えると、転職や就職のプロに相談してみるのが一番おおすすめです。

    転職のプロに頼ることで転職に成功するための秘訣や、優良企業を詳しく教えてくれるからです。

    そこでここでは、自分が納得のいく転職を成功させる方法として、種類別に相談できる転職のプロを紹介しますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

    ES/面接で受かるためのコツ
    • 方法:既卒/ニート/フリーターに特化した就職のプロに頼る
    • 方法:年収アップを目標とした転職アドバイザーに相談する
    • 方法:20代の転職が専門のキャリアサポートを受ける

    それでは、それぞれ解説していきますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

     

    方法:既卒/ニート/フリーターに特化した就職のプロに頼る

    自分が納得のいく転職を成功させる方法として、もしあなたが若年層かつ未経験職を狙うなら「既卒/ニート/フリーターに特化した就職のプロに頼る」のが良いです。

    ニートやフリーターの方でなかなか自分に合う仕事が見つからないということもありますよね。

    そんな時におすすめなのが既卒/ニート/フリーターに特化しており、未経験の仕事探しのプロでもあるハタラクティブです。

    「ハタラクティブ」なら学歴や経歴に自信が無くても寄り添ってくれる
    • 未経験OKの優良企業に出会える
    • 面接対策や書類添削をマンツーマンでサポート
    • 自分に合う仕事や適職を教えてくれる
    \ 利用者の8割が大企業に就職! /
    自信を持って働ける優良企業を紹介
    (ハタラクティブ)

    *実際に多くの方が理想の職場に出会えています

    ハタラクティブ「就職成功率が80.4%」という非常に数値と信頼性の高い実績がありますよ。

    キャリアアドバイザー西園寺

     

    方法:年収アップを目標とした転職アドバイザーに相談する

    自分が納得のいく転職を成功させる方法として、もしあなたがキャリアアップを狙うなら「年収アップを目標とした転職アドバイザーに相談する」のが良いです。

    「もっと年収を上げたいけど今の職場じゃ厳しい…」「もっと好条件の企業を見つけたい!」というサラリーマンは非常に多いですが、自分で実現させるのは難しいですよね。

    そこでおすすめなのが、転職支援実績1位リクルートエージェントです。

    「リクルートエージェント」ならキャリアアップを含めた最適な転職を実現できる
    • 豊富な求人から年収アップにつながるあなたに合った企業を紹介
    • 転職のプロが面接対策や書類添削を丁寧にしてくれる
    • 求人数業界No.1
    \ 限定の非公開求人も紹介! /
    あなたの望む職場に転職
    (リクルートエージェント)

    *面接の質問内容など有利な情報を教えてくれます

    リクルートエージェント「非公開求人が30万件」あるので、自分だけで転職活動を進めるよりかなり効率的に良い企業に出会えますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

     

    方法:20代の転職が専門のキャリアサポートを受ける

    自分が納得のいく転職を成功させる方法として、もしあなたが20代で転職をするなら「20代の転職が専門のキャリアサポートを受ける」のが良いです。

    「1社目に入社した企業が自分に合わなかった…」という20代は意外と多くいますが、初めての転職活動で不安ですよね。

    そこでおすすめなのが、第二新卒の転職に強いウズキャリです。

    「ウズキャリ」なら個性に合わせた就業サポートをしてくれる
    • 一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの面接対策を選考が入るたびに実施
    • 内定後の定着率が94.5%と高い
    • 大企業~ベンチャー企業まで幅広い優良企業の求人がある
    \ 140,000人以上が利用中! /
    失敗しない転職をする
    (ウズキャリ)

    *キャリアアドバイザーがあなたの個性を理解して100%寄り添ってくれます

    ウズキャリ「入社半年後の定着率が94.5%」とかなり高いため、ミスマッチが起こりにくい求人紹介を行ってくれることがわかりますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

    新卒で地方配属のメリット5選

    就活生ちゃん

    デメリットを聞く限り、地方配属がますます嫌になってきました…。

    何かメリットはあるのでしょうか?

    それでは、次に新卒で地方配属のメリット5選を紹介します!

    就活アドバイザー 京香

    新卒で地方配属のメリット5選
    •  メリット①:物価が安い
    •  メリット②:新たな趣味が出来る
    •  メリット③:通勤ラッシュがない
    • メリット④:勤務先の人と仲良くなる
    • メリット⑤:住みやすいと感じる人もいる

     メリット①:物価が安い

    新卒で地方配属のメリットその1は「物価が安い」です。

    総務省の情報によると、物価が高いTOP3は「東京都」「神奈川県」「京都府」という都会である一方で、物価が低いTOP3は「宮崎県」「群馬県」「鹿児島県」地方であることが分かります。

    引用:総務省「消費者物価地域差指数」

    また、東京および神奈川は住居における物価が非常に高く、宮崎は食費における物価が安い傾向があります。

    住居代・食費など、身近な出費を抑えられる点では、地方のメリットであると言えます。

    東京都と神奈川県は、吐出して物価が高いんですね。

    就活アドバイザー 京香

     メリット②:新たな趣味が出来る

    新卒で地方配属のメリットその2は「新たな趣味が出来る」です。

    地方配属になり、新しい人や環境に出会うことで、新たな趣味が出来る可能性があります。

    特に、地方は自然に恵まれていることが多いため、川や海での「釣り」「BBQ」「キャンプ」または「農作物の生育・収穫」など、都会では頻繁にできなかったものが趣味になるかもしれません。

    新たな趣味から、また新たな出会いに繋がるかもしれませんね。

    就活アドバイザー 京香

     メリット③:通勤ラッシュがない

    新卒で地方配属のメリットその3は「通勤ラッシュがない」です。

    都会では、通勤ラッシュ時に電車やバスが満員で乗客同士が密集してしまう光景は当たり前のように見ますが、一方で地方では電車やバスが満員になることは少ないです。

    その理由としては、そもそも通勤・通学する人が少ないというのもありますが、車・自転車での移動も多い、ないし許可されている場合が多いということが挙げられます。

    車や自転車通勤が許可されていれば、バスや電車の頻度や込み具合も気にしなくて良いですね。

    就活アドバイザー 京香

    メリット④:勤務先の人と仲良くなる

    新卒で地方配属のメリットその4は「勤務先の人と仲良くなる」です。

    本社と比べて、地方支社・支所の方が規模が小さい場合が多く上司や同僚と近い距離間で働くことが出来ます。

    また、地方配属の場合、職場内で切磋琢磨しあうというより、アットホームな雰囲気であることも多いので、職場の人と仲良くなりやすいです。

    確かに、都会の学校よりも田舎の小さな学校のほうが、生徒や先生の仲が良い印象があります(笑)

    就活アドバイザー 京香

    メリット⑤:住みやすいと感じる人もいる

    新卒で地方配属のメリットその5は「住みやすいと感じる人もいる」です。

    住めば都」という言葉があるように、新しい土地に移り住んでも、慣れたら住みやすくなるという場合が多いです。

    環境に慣れてしまえれば、新たな出会いがあったり、自然が多かったり、物価が安かったりして、良いことづくしという考え方も出来ます。

    特に、人混みが嫌いな人や、時間に追われて過ごしたくない人などは、住みやすいと感じるかもしれません。

    「脱サラして田舎暮らし始めた!」なんて人もいますよね!

    就活アドバイザー 京香

     

    「20代でフリーターをしているけど企業へ就職したい」「就職したいけど大学を中退していて不安…」という方はハタラクティブを利用するのがおすすめです。

    ハタラクティブは、20代の大学中退者やフリーターを対象としたマンツーマン就職・転職支援サービスです。

    「未経験から仕事を探したい」という悩みが解決できるので、ぜひ利用してみてください。

    キャリアアドバイザー西園寺

    「ハタラクティブ」では就活のプロが仕事探しをトータルサポート
  • 1社ずつ面接対策をしてくれる
  • 8割以上の企業が未経験OK
  • 就職成功率80.4%
  • \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    「新卒 地方配属 辞めたい」に関するよくある質問

    就活生ちゃん

    新卒で地方配属になった場合について、詳しく知ることが出来ました!

    他に何か知っておくべきことはありますか?

    それでは、最後に「新卒 地方配属 辞めたい」に関するよくある質問を3つ紹介します!

    就活アドバイザー 京香

    「新卒 地方配属 辞めたい」に関するよくある質問
    • 質問①:新卒でも退職できるの?
    • 質問②:地方配属って負け組?
    • 質問③:実際に地方配属になった人の口コミ/実態は?

    質問①:新卒でも退職できるの?

    「新卒 地方配属 辞めたい」に関するよくある質問その1は「新卒でも退職できるの?」です。

    結論から言うと、新卒でも会社を辞められます。

    実際に、厚生労働省の発表によると、大卒就職者の約3割就職後3年以内で離職しています。

    ちなみに、民法では退職の申し入れをしてから2週間退職が出来ると規定されています。

    就活アドバイザー 京香

    質問②:地方配属って負け組?

    「新卒 地方配属 辞めたい」に関するよくある質問その2は「地方配属って負け組?」です。

    結論から言うと、負け組ではないと言えます。

    記事前半でも記載した通り、新卒が地方配属を命じられる理由は「現場経験を積ませるため」「適正を判断したいから」など、むしろ将来を期待している上での配属であることが多いです。

    したがって、地方配属時に結果を出せば、エリートコースを歩むきっかけになりうるとも考えられるため、負け犬ではないと言えます。

    地方配属の皆さん!胸を張っていきましょう!笑

    就活アドバイザー 京香

    質問③:実際に地方配属になった人の口コミ/実態は?

    「新卒 地方配属 辞めたい」に関するよくある質問その3は「実際に地方配属になった人の口コミ/実態は?」です。

    地方配属になった人の口コミは、以下のようなものがあります。

    • 配属地になれないと精神的に負担が大きい
    • 地方は繋がりが強すぎてなじめない
    • 地方の方がお金を使わないで済む

    実際の声は参考になりますね!

    就活アドバイザー 京香

     

    未経験OKの企業を見つけるには?

    「就職したいけど、大学を中退してしまっている」「未経験OKの企業に就職したい」という方には、ハタラクティブがおすすめです。

     

    ハタラクティブでは、20代の大学中退者やフリーランス向けに就職や転職のサポートをしてくれます。

    未経験OKの優良企業紹介だけでなく、、完全無料で内定まで向き合ってくれるので、「やりたいことなんて分からない」「学歴・経歴に自信がない」という人は、という方には、ハタラクティブを利用してみてください。

    \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    まとめ:地方配属は人によって合う・合わないがある!合わない場合は転職を考えよう。

    最期までご覧いただきありがとうございました。

    いかがだったでしょうか?

    もし、今後地方配属になって辞めたいと思った場合は、この記事を参考に将来のキャリアを考えてみて下さい。