【タイミング】新卒が辞める時期は3月or9月がベスト | 意識すべき3点も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 新卒の「30%」は辞める時期が「3年以内」である
  • 新卒が辞める時期のベストは3月/9月と言われる
  • 新卒が辞める時期を考える時に意識すべき3点
  • 新卒から転職を成功させるための対策法3選
  • 新卒辞める時期に関するよくある質問3選
  • 【用途別】あなたに合う対策や優良企業を教えてくれるツール
\ 多くの利用者が理想の職場とマッチ! / 未経験OKの優良企業を提示
(ハタラクティブ)

*既卒・フリーター・ニートからの就職にも強い!

皆さんこんにちは。キャリアジャーナルの京香です。

今回は。「新卒がやめるベストの時期」について詳しく解説していきます。

就活アドバイザー 京香

就活生くん

私は、新卒採用されて4月に入社したばかりなのですが、退職しようか悩んでいます。

退職するタイミングはいつがベストなのでしょうか?

就活生ちゃん

私もです…

新卒採用で今年入社したばかりなので、退職することがマイナスになりそうで心配です。

新卒が退職するときに意識することはなんでしょうか?

また、転職をなんとしても成功させたいです。

たしかに「新卒がやめる時期のベスト」や「新卒から転職を成功させる対策法」は気になりますよね!

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

そこで今回の記事では、「新卒がやめるベストの時期」について詳しく解説します。

また、併せて「新卒から転職を成功させる対策法」「新卒がやめるときに意識すべき点3選」についても解説します。

新卒でやめるか迷っている人、新卒から転職を成功させたいと考えている人はぜひ読んでみてください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分に合う優良企業で働きたい!」という方は、【既卒/ニート/フリーター】ハタラクティブを使うと、未経験OKの安定優良企業を紹介してくれ、あなたの理想の職場に出会えます。

ちなみに【既卒/ニート/フリーター】ハタラクティブ以外にも、転職実績No.1でサポートが手厚い「【総合転職】リクルートエージェント」、高年収企業からスカウトがもらえる「【ハイクラス転職】dodaX」、あなただけのキャリアを見つけてくれる「【年収UP】キャリドラもおすすめですよ。

キャリアアドバイザー西園寺

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 多くの利用者が理想の職場とマッチ! / 未経験OKの優良企業を提示
(ハタラクティブ)

*既卒・フリーター・ニートからの就職にも強い!

どのサービスで優良企業を見つけたら良いかわからない…」という方は、リクルートエージェントを使うのが一番おすすめですよ。

キャリアアドバイザー西園寺

目次

 

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

新卒の「30%」は辞める時期が「3年以内」である

就活生くん

僕は新卒で企業に入社したばかりなのですが、退職しようか悩んでいます。

やはり新卒から3年以内に辞める人は少ないのでしょうか?

新卒入社してから3年は、仕事を覚えるために転職・退職しない方がいいと意見は多いですよね!

実際に新卒からやめる人が多いのか / 少ないのか見ていきましょう。

就活アドバイザー 京香

 

結論:新卒3年以内に辞める人がかなり多い

結論から言うと、新卒3年以内に企業を退職する人はかなり多いです。

実際に、新卒社員の3割以上が入社後4~6か月で退職を検討しているといわれています。

こちらの2つのグラフを見てください。

参照:新入社員の3割以上が入社後4~6ヶ月で退職を検討新入社員の3割以上が入社後4~6ヶ月で退職を検討|レバレジーズ株式会社のプレスリリース (prtimes.jp)

career ticketの調査では、「入社以降現在の会社で退職を考えたことがあるか」という問に対して約50%の人が退職を考えています

参照:新入社員の3割以上が入社後4~6ヶ月で退職を検討新入社員の3割以上が入社後4~6ヶ月で退職を検討|レバレジーズ株式会社のプレスリリース (prtimes.jp)

また退職を考えた人のうち、約65%の人が入社から半年以内に退職を考えています。

そのため、新卒からかなり短期間で退職を考え、最終的に新卒3年以内に退社した人がかなり多いことがわかります。

 

理由:新卒から3年以内の転職で第2新卒枠を設けている企業が増えつつある

新卒から早期離職者が多い理由として、新卒3年以内の転職で第2新卒枠を設けている企業が増えつつあることが挙げられます。

これまでは、早期の転職でもキャリア採用が多く行われていたため、実績のない新卒からの早期転職者は転職市場で不利とされていました。

しかし現在、二人に一人が転職する時代と言われ「転職が当たり前の時代」という意見も多くなりました。

そのため、新卒3年以内の転職で第2新卒枠がある企業は、大手を中心に徐々に増加しています。

よって、近年の就活市場は非常に流動的であるといえ、3年以内に退職する新卒採用者が多くなっています。

 

注意:新卒は辞める時期(タイミング)に注意しよう

注意点として、新卒は辞める時期(タイミング)に注意する必要があります。

なぜなら、転職市場における求人数は月ごとに違いがあるためです。

転職市場は、求人数と応募者の需要と供給で決まることが多いです。

そのため、求人数の少ない時期は、転職できる確率が下がってしまいます。

よって、新卒は辞める時期に注意し、自身に不利益がないタイミングで退職することが大切になります。

 

「20代でフリーターをしているけど企業へ就職したい」「就職したいけど大学を中退していて不安…」という方はハタラクティブを利用するのがおすすめです。

ハタラクティブは、20代の大学中退者やフリーターを対象としたマンツーマン就職・転職支援サービスです。

「未経験から仕事を探したい」という悩みが解決できるので、ぜひ利用してみてください。

キャリアアドバイザー西園寺

「ハタラクティブ」では就活のプロが仕事探しをトータルサポート
  • 1社ずつ面接対策をしてくれる
  • 8割以上の企業が未経験OK
  • 就職成功率80.4%
  • \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    新卒が辞める時期のベストは3月/9月と言われる

    就活生ちゃん

    新卒内定から3年以内に辞める人が、かなり多いことがわかりました。

    また、やめる時期も慎重に考える必要があるのですね!

    具体的にやめる時期はいつがベストなのか知りたいです。

    わかりました!

    以下では、新卒で辞めるベストタイミングやその理由・注意点について詳しく解説しています。

    就活アドバイザー 京香

     

    結論:新卒が辞めるベストの時期は3月/9月

    結論から言うと、新卒が辞めるベストの時期は3月 / 9月と言われています。

    なぜなら、転職市場において、1月~3月、7月~9月は求人数が非常に多くなる時期だからです。

    就活生ちゃん

    新卒が辞めるベストの時期9月なのは意外でした。

    転職活動は1年の中でいつでもできる印象だったので、月ごとに求人数が違うのは驚きでした。

    確かに以外に感じる人が多いかもしれません。

    以下で詳しい理由について見ていきましょう。

    就活アドバイザー 京香

     

    理由:1~3月 / 7~9月は1年の中で最も求人数が多いため

    理由として、1~3月 / 7~9月は1年の中で最も求人数が多いためです。

    以下が転職活動から退職までの一般的な流れになります。

    参照:実は1月末退職が狙い目? 退職時期の損得を左右する3つの要因|転職Hacks (ten-navi.com)

    この図からもわかるように、転職活動から退職まで通常2~4か月間といわれています。

    そのため、求人数が多い1~3月、7~9月に転職活動をおこない、内定を得たうえで3月 / 9月に退職することがベストな選択です。

    また、3月退職、9月退職には以下のようなメリットがあります。

    • 3月退職→4月入社(新たな年度での入社が可能、仕事に加わりやすい)
    • 9月退職→10月入社(多くの中途採用者と同時期の入社、職場内関係を構築しやすい)

    このような面からも、3月 / 9月に辞めることをお勧めします。

    就活生ちゃん

    3月 / 9月に辞めることで、思わぬメリットがありました。

    退職を検討する際の参考にします。

     

    注意:新卒1年目、2年目、3年目と、年数によって考えるべきことが異なる

    注意点として、新卒1年目、2年目、3年目と、年数によって考えることが異なることです。

    新卒の辞めるベストタイミングは先述した時期ですが、この時期に考えておかなければならないことは年数によって、大きく異なります

    以下で転職活動において、新卒1年目、2年目、3年目がそれぞれ考えるべきことを具体的に紹介します。

    新卒1年目が考えるべきこと
    • 次の就職先をどうするか
    • 退職理由はなんだったのか
    • 新たなスキル習得をすべきか
    • 短期間で得られた経験はなんだったか
    • 一から別分野での就職をするべきか
    新卒2年目が考えるべきこと
    • 前職との関連性をどのように説明するか
    • 仕事の引継ぎなどはきちんと終わったか
    • 短期での離職をしてしまった原因は何だったのか
    • 前職での専門スキルを引き継ぐ新たな職場を選ぶのか
    新卒3年目が考えるべきこと
    • 前職の引継ぎをどうするか
    • 今後のキャリアパスをどうするか
    • 本当に転職したい理由は何なのか
    • これまでで成し遂げた経験は転職でも活かせるのか
    • 業界をしっかり熟知できているか
    • 第2新卒ではなく、キャリア採用での転職もできるのか

    退職・転職する時期は一緒でも、経験や職場での立場は、新卒何年目かで大きく変わります

    そのため、転職する際に、年数によって考えなければならないことは違いにますね!

    就活アドバイザー 京香

     

    未経験OKの企業を見つけるには?

    「就職したいけど、大学を中退してしまっている」「未経験OKの企業に就職したい」という方には、ハタラクティブがおすすめです。

     

    ハタラクティブでは、20代の大学中退者やフリーランス向けに就職や転職のサポートをしてくれます。

    未経験OKの優良企業紹介だけでなく、、完全無料で内定まで向き合ってくれるので、「やりたいことなんて分からない」「学歴・経歴に自信がない」という人は、という方には、ハタラクティブを利用してみてください。

    \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    新卒が辞める時期を考える時に意識すべき3点

    就活生くん

    新卒で辞めるときのベストな時期が具体的にいつなのかよくわかりました。

    次は、新卒が辞める時期を考えるときに意識することについて教えてください。

    わかりました!

    以下では、新卒が辞める時期を考える時に意識すべき3点について詳しく説明します。

    就活アドバイザー 京香

    新卒が辞める時期を考える時に意識すべき3点
    • ①:ボーナスの支給タイミング
    • ②:仕事の区切り(ターム・クウォーター等)
    • ③:失業保険の対象年月

     

    ①:ボーナスの支給タイミング

    意識すべきことの1つ目は、ボーナスの支給タイミングです。

    多くの企業でボーナスは、年2回に夏と冬に支給されます。

    夏のボーナスは主に6月中旬~7月中旬冬のボーナスは12月中旬にもらえることが多いです。

    そのため、万が一5月や11月に仕事を辞めてしまった場合、夏のボーナスや冬のボーナスを貰うことができません。

    ボーナスを貰えないことは、大金を貰えないという経済的損失のみに留まらず、今後の転職時のモチベーションの低下につながってしまいます。

    よって、ボーナスの支給タイミングを考え、計画的に退職することをおすすめします。

    9月~10月や1月~3月といった時期に転職や退職が多いのも、ボーナスの支給タイミングが影響していそうです。

    就活アドバイザー 京香

     

    ②:仕事の区切り(ターム・クウォーター等)

    意識すべきことの2つ目は、仕事の区切り(ターム・クウォーターなど)に合わせることです。

    これは、とくに新卒2年目以降の人に当てはまります。

    企業には、業界や業種に関わらず、必ず忙しい時期(繁忙期)があります。

    繁忙期での退職は、周りの人の迷惑になるだけでなく、企業側との確執にもつながってしまいます。

    また、前職と同業界への転職を考えている場合、繁忙期が重なり転職の面談を十分に組んで貰えないケースがあるかもしれません。

    そのため退職・転職をする際は、自身や企業の仕事の区切り(ターム)や繁忙期などを必ず意識することが大切です。

     

    ③:失業保険の対象年月

    意識すべきことの3つ目は、失業保険の対象年月です。

    なぜなら、失業保険の対象年月は自己都合での離職者・特定理由の離職者で大きく違うからです。

    まず、一般的な離職のケースについてです。

    「仕事が自分の思っていたものとは違った」のように自分の都合での退職者が一般的な退職者に該当します。

    この場合、失業保険が受けとれる条件は、「12か月以上の労働をしている」ことが必要となります。

    就活生くん

    新卒入社で1年以内に自己都合退職する場合、保険が受け取れないかもしれないのですね。

    次に、特定理由の離職のケースについてです。

    「家族の介護が必要になった」「自身が病気になってしまった」のような自身の都合とは関係なしに退職をする場合に該当します。

    この場合、失業保険が受け取れる条件は、「6か月以上労働している」が必要になります。

    雇用保険が受け取れる条件のまとめ
    • 自己都合での離職者→12か月以上の労働が必要
    • 特定理由での離職者→6か月以上の労働が必要

    このように、離職理由によって雇用保険の対象年月が変化するため、離職する時期を決める際は意識が必要です。

    特に、新卒1年目で自己都合退職を考えられている場合は、失業保険との兼ね合いも考える必要がありそうです。

    また、病気や家庭の都合などでの退職の場合は、労働の期間が変わることを意識しましょう。

    就活アドバイザー 京香

     

    自分が納得のいく転職を成功させる方法

    就活生ちゃん

    良い会社への就職を考えていますが、自分が納得のいく転職を成功させる自信がありません…

    より良い会社に就職するために良い方法はありますか?

    もちろんあります!

    結論を伝えると、転職や就職のプロに相談してみるのが一番おおすすめです。

    転職のプロに頼ることで転職に成功するための秘訣や、優良企業を詳しく教えてくれるからです。

    そこでここでは、自分が納得のいく転職を成功させる方法として、種類別に相談できる転職のプロを紹介しますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

    ES/面接で受かるためのコツ
    • 方法:既卒/ニート/フリーターに特化した就職のプロに頼る
    • 方法:年収アップを目標とした転職アドバイザーに相談する
    • 方法:20代の転職が専門のキャリアサポートを受ける

    それでは、それぞれ解説していきますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

     

    方法:既卒/ニート/フリーターに特化した就職のプロに頼る

    自分が納得のいく転職を成功させる方法として、もしあなたが若年層かつ未経験職を狙うなら「既卒/ニート/フリーターに特化した就職のプロに頼る」のが良いです。

    ニートやフリーターの方でなかなか自分に合う仕事が見つからないということもありますよね。

    そんな時におすすめなのが既卒/ニート/フリーターに特化しており、未経験の仕事探しのプロでもあるハタラクティブです。

    「ハタラクティブ」なら学歴や経歴に自信が無くても寄り添ってくれる
    • 未経験OKの優良企業に出会える
    • 面接対策や書類添削をマンツーマンでサポート
    • 自分に合う仕事や適職を教えてくれる
    \ 利用者の8割が大企業に就職! /
    自信を持って働ける優良企業を紹介
    (ハタラクティブ)

    *実際に多くの方が理想の職場に出会えています

    ハタラクティブ「就職成功率が80.4%」という非常に数値と信頼性の高い実績がありますよ。

    キャリアアドバイザー西園寺

     

    方法:年収アップを目標とした転職アドバイザーに相談する

    自分が納得のいく転職を成功させる方法として、もしあなたがキャリアアップを狙うなら「年収アップを目標とした転職アドバイザーに相談する」のが良いです。

    「もっと年収を上げたいけど今の職場じゃ厳しい…」「もっと好条件の企業を見つけたい!」というサラリーマンは非常に多いですが、自分で実現させるのは難しいですよね。

    そこでおすすめなのが、転職支援実績1位リクルートエージェントです。

    「リクルートエージェント」ならキャリアアップを含めた最適な転職を実現できる
    • 豊富な求人から年収アップにつながるあなたに合った企業を紹介
    • 転職のプロが面接対策や書類添削を丁寧にしてくれる
    • 求人数業界No.1
    \ 限定の非公開求人も紹介! /
    あなたの望む職場に転職
    (リクルートエージェント)

    *面接の質問内容など有利な情報を教えてくれます

    リクルートエージェント「非公開求人が30万件」あるので、自分だけで転職活動を進めるよりかなり効率的に良い企業に出会えますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

     

    方法:20代の転職が専門のキャリアサポートを受ける

    自分が納得のいく転職を成功させる方法として、もしあなたが20代で転職をするなら「20代の転職が専門のキャリアサポートを受ける」のが良いです。

    「1社目に入社した企業が自分に合わなかった…」という20代は意外と多くいますが、初めての転職活動で不安ですよね。

    そこでおすすめなのが、第二新卒の転職に強いウズキャリです。

    「ウズキャリ」なら個性に合わせた就業サポートをしてくれる
    • 一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの面接対策を選考が入るたびに実施
    • 内定後の定着率が94.5%と高い
    • 大企業~ベンチャー企業まで幅広い優良企業の求人がある
    \ 140,000人以上が利用中! /
    失敗しない転職をする
    (ウズキャリ)

    *キャリアアドバイザーがあなたの個性を理解して100%寄り添ってくれます

    ウズキャリ「入社半年後の定着率が94.5%」とかなり高いため、ミスマッチが起こりにくい求人紹介を行ってくれることがわかりますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

    新卒から転職を成功させるための対策法3選

    就活生ちゃん

    新卒が辞める時期を考える上で意識すべきことがよくわかりました!

    次は、新卒から転職を成功されるための方法について知りたいです。

    確かに転職を成功させるためには、対策法を知り、実践することが大切になります。

    以下では、新卒から転職を成功させるための対策法3選について紹介します。

    ぜひ最後まで読んでください。

    就活アドバイザー 京香

    新卒から転職を成功させるための対策法3選
    • 対策法①:20代の転職に強い転職エージェントを利用する
    • 対策法②:「なぜ新卒で仕事を辞めたのか?」という質問の解答を用意しておく
    • 対策法③:自己分析を再度見直して、自分に合った企業の特徴を見つける

     

    対策法①:20代の転職に強い転職エージェントを利用する

    対策法1つ目は、20代の転職に強い転職エージェントを利用することです。

    転職エージェントは、キャリア相談などを通じて、自身のキャリア形成を手助けしてくれます。

    また、転職の際の面接の助言や転職エージェント限定の非公開求人など多くの魅力があります。

    以下で20代に強い転職エージェントについて見ていきましょう。

    20代に強い転職エージェント
    • その①:マイナビエージェント
    • その②:リクルートエージェント
    • その③:ハタラクティブ
    • その④:マイナビジョブ20’s

     

    その①:マイナビエージェント

    マイナビエージェントは、20代~30代の若手の転職活動のサポートに力を入れている転職エージェントです。

    マイナビは、大学生の就職活動の時期から利用する人が多いため、若者からの支持が非常に大きいことが特徴です。

    また、マイナビエージェントでは、それぞれの職種に特化した「マイナビ看護師」「マイナビ薬剤師」などのように特定の職種や専門的な職業にも対応した転職エージェントがいます。

    そのため、新卒1~3年目などの若い世代の人が安心して利用できます

    参照:転職エージェントならマイナビエージェント【公式】|無料で業界のプロに相談 (mynavi-agent.jp)

     

    その②:リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、業界で最大級の求人数を誇る転職エージェントです。

    特徴として、業界最大級の非公開求人数が20万件以上もあります。

    また、業界最大級の求人数を生かして、幅広い業界での求人や若手世代向けの求人についても多数取り揃えています。

    そのため、第二新卒世代でも幅広く利用できます。

    参照:転職エージェント|転職ならリクルートエージェント (r-agent.com)

     

    その③:ハタラクティブ

    ハタラクティブは、《20代》フリーター・既卒・第二新卒に特化した転職エージェントです。

    特徴として、未経験分野での転職でもプロが無料個別サポートを行ってくれるため、一から新たな業種を見つけたい第二新卒にピッタリです。

    また、採用までマンツーマンで第二新卒の転職サポートをしてくれるのも大きなポイントです。

    そのため、若い世代の利用者から絶大な支持を得ています。

    参照:ハタラクティブ|フリーター・既卒・第二新卒など若年層向け就職支援サイト (hataractive.jp)

     

    その④:マイナビジョブ20’s

    マイナビジョブ20’sは、マイナビが運営する第二新卒特化した転職エージェントです。

    マイナビエージェントやリクルート転職エージェントなどの大手の転職エージェントに登録後のセカンドオピニオンとしての使い方も有効です。

    特に、WEBの適正診断の評判や、面談などの手厚いサポートが多くの支持を得ています。

    そのため、マンツーマンの転職サポートを求めている若手世代にはピッタリといえます。

    参照:20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s (mynavi-job20s.jp)

    ここで紹介した転職エージェント以外にも、20代向けや第二新卒向けの転職エージェントは多くあります。

    以下では、第二新卒に特化した転職エージェントについて取り上げいます。

    ぜひ読んでみてください。

    就活アドバイザー 京香

     

    対策法②:「なぜ新卒で仕事を辞めたのか?」という質問の解答を用意しておく

    対策法2つ目は、「なぜ新卒で仕事を辞めたのか?」という質問の解答を用意しておくことです。

    この質問は、転職者が過去で何を経験し、何を学びどういった経緯で新しい転職先を探しているのかを明確にする意図が含まれています。

    そのため、この質問を「前職での学び」「自身の成長意欲」などと絡めて書くことで効果的なアピールになるといえます。

    新卒1~3年目までで前職を辞め、転職をする場合、この質問は必ず答えられるようにしましょう

    また新卒から転職を成功させるために、答えなければならない質問は他にも多くあります。

    以下で、第二新卒に聞かれやすい質問について見ていきましょう。

    就活アドバイザー 京香

    第二新卒に必須の質問一覧
    • 自己紹介してください!
    • なぜ前の会社を辞めたのですか?
    • 前の会社で苦手・つらいと感じた仕事は何ですか?
    • 前の会社するうえで得たあなたの強みは何ですか?
    • 今までの仕事で学んだことは何ですか?
    • 転職して成し遂げたいことは何ですか?
    • 将来のキャリアプランについて具体的に教えてください。
    • やりがいのない仕事に耐えられますか?
    • 新卒の就職活動では、希望する会社に入社できましたか?

    これらの質問に一貫性をもって答えることが転職を成功させるためのカギとなりそうです。

    面接練習を本番まで欠かさずおこないましょう。

    就活アドバイザー 京香

     

    対策法③:自己分析を再度見直して、自分に合った企業の特徴を見つける

    対策3つ目は、自己分析を再度見直して、自分のあった企業の特徴を見つけることです

    大学生時代の就職活動で行った自己分析が役立つこともありますが、社会人を経験し考え方や価値観に変化がある人がほとんどです。

    そのため、新卒採用時の自己分析をそのまま利用することや、十分に自己分析をせず企業を選ぶことは、転職活動に失敗してしまう可能性があります。

    自己分析に強い転職エージェントを活用し、自己分析し直すことをおすすめします。

    やはり転職活動でも、自己分析は大切になります。

    以下では、登録なしで使える自己分析ツール / サイトについて詳しく紹介しています。

    ぜひ読んでみてください。

    就活アドバイザー 京香

     

    「20代でフリーターをしているけど企業へ就職したい」「就職したいけど大学を中退していて不安…」という方はハタラクティブを利用するのがおすすめです。

    ハタラクティブは、20代の大学中退者やフリーターを対象としたマンツーマン就職・転職支援サービスです。

    「未経験から仕事を探したい」という悩みが解決できるので、ぜひ利用してみてください。

    キャリアアドバイザー西園寺

    「ハタラクティブ」では就活のプロが仕事探しをトータルサポート
  • 1社ずつ面接対策をしてくれる
  • 8割以上の企業が未経験OK
  • 就職成功率80.4%
  • \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    新卒辞める時期に関するよくある質問3選

    就活生くん

    新卒から転職を成功させる対策法についてもよくわかりました!

    最後によくある質問について教えてください。

    わかりました。

    以下では、新卒辞める時期に関するよくある質問3選について紹介します。

    最後までぜひご覧ください。

    就活アドバイザー 京香

    新卒辞める時期に関するよくある質問3選
    • 質問①:新卒で会社を辞めたら人生終わり?
    • 質問②:新卒で退職を言い出しづらい場合どうすればいい?
    • 質問③:新卒入社直後に多い退職理由は何があるの?

     

    質問①:新卒で会社を辞めたら人生終わり?

    結論から言うと、新卒で会社を辞めても特に問題があるとは思えません

    なぜなら、現在新卒3年以内に離職する人(大卒者)の割合は、31%ほどであるといわれていて、3人に1人の計算になります。

    以下が2019年~2021年大学卒業者の離職状況になります。

    大学卒の過去3年間の離職率(%)
    年度 1年目 2年目 3年目
    2019 11.8 9.7 10.0
    2020 10.6 10.2
    2021 12.2

    参照:新規学卒者の学歴別3年以内の離職率(厚生労働省)

    また、現在は第二新卒の制度の普及や転職エージェントなどの仕組みにより、多くの人が転職することに成功しています。

    ただし、新卒で退職を辞める際は、辞めたい理由をきちんと整理し、次にどのような行動を起こすべきかを今後の人生も含めてよく考えることが大切です。

    自分が今後どのように成長したいのか、働く軸は何なのかをきちんと考えて、退職することが大切になります。

    以下の記事では、退職についての判断基準が明確に紹介されています。

    ぜひ読んでみてください。

    就活アドバイザー 京香

     

    質問②:新卒で退職を言い出しづらい場合どうすればいい

    ここでは、新卒で退職を言いづらい場合の対処法を3つ紹介します。

    新卒入社で退職を言い出しづらい時の対処法3選
    • 対処法①:直属の上司に個別での相談を申し込む
    • 対処法②:30分程度のまとまった時間を確保して相談を行う
    • 対処法③:どうしても言い出しづらい場合は退職代行サービスを利用する

     

    対処法①:直属の上司に個別での相談を申し込む

    対処法1つ目は、直属の上司に個別での相談を申し込むことです。

    新卒で仕事を辞めたいと考える人の多くが、職場環境や社内の人間関係に問題を抱えています。

    そのため、直接上司に相談することで、社内の人間関係を解決してくれたり、環境を変えてくれるなどの処置を取ってもらえる可能性があります。

    特に、職場環境やモチベーションの問題は、部署の異動や仕事内容の変更で解決することが多いのも事実です。

    また、話をしてどうしても退職したい場合には、適切に引き継ぎに対する指示を出したり、転職の相談についても話してもらえる可能性もあります。

    よって、まずは直属の上司に個別での相談を申し込むことをおすすめします。

     

    対処法②:30分程度のまとまった時間を確保して相談を行う

    対処法2つ目は、30分程度のまとまった時間を確保して相談を行うことです。

    何かに迷っているとき、一人でそういった問題を解決することはとても難しいです。

    そのため、まとまった時間を確保して誰かに話しを聞いてもらうことで、気持ちが楽になり、自分が考えていることを整理できます。

    また、今の仕事を辞めて転職したときどういったメリットがあるのか、自分にとって転職は最良の選択だったのかなども見つめ直すことができます。

    よって、まとまった時間を確保して相談を行うことをおすすめします。

     

    対処法③:どうしても言い出しづらい場合は退職代行サービスを利用する

    対処法3つ目は、どうしても言い出しづらい場合は退職代行サービスを利用することです。

    退職代行サービスとは、その名のとおり退職の手続きを代わりに行ってくれるサービスです。

    新卒で退職を行う場合、上司などによって退職について引き止められ、そのまま退職に踏み切れないことが多くあります。

    また、職場の上司などとの人間関係に困っていて退職を検討する場合、退職の申し出するもできない場合があります。

    そうした場合に退職代行サービスを利用することで、円滑に退職することが可能になります。

    退職代行は値段も手ごろで余計なしがらみなしに会社を辞めることが可能になります。

    その一方で、皮弁行為などをする違法業者もあるため、退職代行を選ぶ際の選定には注意が必要です。

    以下では、新卒の利用者が非常に多い退職代行サービスについて紹介しています。

    ぜひ読んでみてください。

    就活アドバイザー 京香

     

    質問③:新卒入社直後に多い退職理由は何があるの?

    ここでは、新卒直後に多い退職理由3選紹介します。

    新卒入社の退職理由3選
    • 理由①:労働環境がよくない
    • 理由②:社内の人間関係が良くない
    • 理由③:仕事内容や所属部署へのミスマッチ

     

    理由①:労働環境がよくない

    理由の1つ目は、労働環境がよくないことです。

    よくある例として、以下のような事例があります。

    • 入社前と入社後で労働条件や労働環境が大きく異なる
    • 仕事内容・環境が合わず、体調を崩してしまう
    • 新卒への教育制度が全く整っていない

    このような場合は、自身に不利益があるだけでなく、自身の精神衛生にもよくありません。

    そのため、労働環境が悪い職場に勤めている人が、新卒入社直後に退職してしまうことは大いに考えられます。

     

    理由②:社内の人間関係が良くない

    理由の2つ目は、社内の人間関係が良くないことです。

    社内の人間関係が悪い例として以下のようなものがあります。

    • 日々怒鳴り声が絶えない
    • セクハラ・パワハラなどの上司からの嫌がらせがある
    • いじめなどが横行している
    • 同僚間での蹴落としあいがある

    このような人間関係下では、思い切った行動することができず萎縮してしまい、自身のキャリア成長に全くつながらない可能性があります。

    また、人間関係の問題は自身の精神衛生上にも大きな問題が生じてしまい、健康にも支障をきたしてしまう可能性があります。

    そのため、社内の人間関係が問題で新卒入社後に辞めてしまう人が、非常に多いのが現状です。

     

    理由③:仕事内容や所属部署へのミスマッチ

    理由の3つ目は、仕事内容や所属部署でのミスマッチです。

    仕事内容とのミスマッチは、モチベーションが下がってしまい、集中力が欠如することが考えられます。

    また、こうした気持ちの問題が注意力の欠如や成果の未達につながることは非常に多いです。

    このように仕事内容などのミスマッチは本人の仕事への負担度を非常に大きなものにしてしまいます。

    仕事内容や所属部署については、入社までわからないことが多いのも難しい点です。

    そのため、仕事へのミスマッチが原因で新卒入社からすぐに辞めてしまう人は非常に多いと思われます。

    こうしたつらい問題を抱えて転職を考えられている場合は、一人悩まずだれかに相談することがとても大切です。

    以下に記事では、特に職場の雰囲気が合わないときの対策法について詳しく解説しています。

    ぜひ読んでみてください。

    就活アドバイザー 京香

     

    未経験OKの企業を見つけるには?

    「就職したいけど、大学を中退してしまっている」「未経験OKの企業に就職したい」という方には、ハタラクティブがおすすめです。

     

    ハタラクティブでは、20代の大学中退者やフリーランス向けに就職や転職のサポートをしてくれます。

    未経験OKの優良企業紹介だけでなく、、完全無料で内定まで向き合ってくれるので、「やりたいことなんて分からない」「学歴・経歴に自信がない」という人は、という方には、ハタラクティブを利用してみてください。

    \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    まとめ:新卒で辞めたいと悩みがある場合は1人で抱え込まず、転職エージェント等に相談してみましょう!

    今回の記事では、「新卒がやめるベストの時期」について詳しく解説しました。

    また、併せて「新卒から転職を成功させる対策法」「新卒がやめるときに意識すべき点3選」についても解説してきました。

    この記事を読むことで、皆さんの不安を少しでも解消することができたら嬉しい限りです。