早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきこと7選 | やめるべき理由や早く仕事辞める方法も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 民法で退職届は退職の2週間前と定められている
  • 転職したいと感じた時が仕事を辞めた時のタイミング
  • 早く仕事を辞めたい時に退職代行サービスを利用する
  • 仕事を円満に辞めるためには、上司や同僚のことを悪く言わない
  • 【用途別】あなたに合う対策や優良企業を教えてくれるツール
\ 多くの利用者が理想の職場とマッチ! / 未経験OKの優良企業を提示
(ハタラクティブ)

*既卒・フリーター・ニートからの就職にも強い!

この記事では、早く仕事を辞めたいと感じたら2週間前に退職届を提出しようから、早く仕事を辞めたいと感じたらやめるべき理由3選早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきこと7選まで詳しくご紹介していきます。

合わせて、退職日よりも早く仕事を辞めたいときに使える方法3選早く仕事を辞めたいによくある質問についてもお答えしていきます。

  • 仕事を辞めようと考えている方
  • 今の仕事に何か違和感や不安を感じている方
  • 友人が仕事を辞めようと考えている方
  • 仕事の辞め方を知りたい方

上記に該当する方には役立つ内容なので、最後までご覧ください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分に合う優良企業で働きたい!」という方は、【既卒/ニート/フリーター】ハタラクティブを使うと、未経験OKの安定優良企業を紹介してくれ、あなたの理想の職場に出会えます。

ちなみに【既卒/ニート/フリーター】ハタラクティブ以外にも、転職実績No.1でサポートが手厚い「【総合転職】リクルートエージェント」、高年収企業からスカウトがもらえる「【ハイクラス転職】dodaX」、あなただけのキャリアを見つけてくれる「【年収UP】キャリドラもおすすめですよ。

キャリアアドバイザー西園寺

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 多くの利用者が理想の職場とマッチ! / 未経験OKの優良企業を提示
(ハタラクティブ)

*既卒・フリーター・ニートからの就職にも強い!

どのサービスで優良企業を見つけたら良いかわからない…」という方は、リクルートエージェントを使うのが一番おすすめですよ。

キャリアアドバイザー西園寺

目次

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

早く仕事を辞めたいと感じたら2週間前に退職届を提出しよう

就活生くん

サークルの先輩が仕事を辞めたいと言っていました。

そもそも仕事はどのようにしたら辞められるのでしょうか?

仕事を辞めたいと感じる人はいても実際にどのように辞めるのか知らない人は多いですよね。

それでは、初めに仕事を辞めて良かったと感じる人はどのくらいいるか紹介します!

就活アドバイザー 京香

民法で退職届は退職の2週間前と定められている

会社の規則に法的な拘束力はなく、退職までの期間は民法では2週間前と定められています。

会社を出来るだけ早く辞めたい人は、2週間前に通知してよいでしょう。

また、2週間前であれば、退職届を提出してからすぐに有給を消化して休むことが可能です。

なので、ほとんど出社しなくて済み、職場で気まずい思いをすることなく退職できます。

会社の拘束力ではなく、法的に退職届は退職の2週間前と定められているようですね。

就活アドバイザー 京香

早く仕事辞めたい…しかし円満退社が理想

全員が早く仕事を辞めたい心とは裏腹に、円満退社したいと思っているはずです。

なぜかというと、退職後もかかわる機会が往々にしてあるからです。

具体的には、源泉徴収票の受け取りや必要書類を会社に請求する際は自分から元の勤め先に連絡を取らなければなりません。

円滑に物事を進めたい人は、退社の意思を自分で直接会社に伝えることが重要です。

そうすることで、ひと月程度の引継ぎ期間を経て円満に退職できるでしょう。

退職のやり取りで会社との仲がこじれてしまい、トラブルが起きることは避けたいですね。

就活アドバイザー 京香

内容証明を郵送する手段もある

会社の対応が不安な場合は、退職の申し出を内容証明で郵送することが可能です。

そうすることで、証明する書類が残り、2週間後以降であれば希望する日付で退職が可能です。

ブラック企業は引き止め工作が巧妙で強引なので、書類を郵送したほうが確実です。

2週間前に退職願を提出しても、会社の状態や上司の判断で退職を引き止められることはあります。

ひどいケースは退職届を受け取ってもらえない受付の受理の日付をごまかされたりするそうです。

そのため、内容証明で郵送することは有効な手段となります。

就活アドバイザー 京香

 

「20代でフリーターをしているけど企業へ就職したい」「就職したいけど大学を中退していて不安…」という方はハタラクティブを利用するのがおすすめです。

ハタラクティブは、20代の大学中退者やフリーターを対象としたマンツーマン就職・転職支援サービスです。

「未経験から仕事を探したい」という悩みが解決できるので、ぜひ利用してみてください。

キャリアアドバイザー西園寺

「ハタラクティブ」では就活のプロが仕事探しをトータルサポート
  • 1社ずつ面接対策をしてくれる
  • 8割以上の企業が未経験OK
  • 就職成功率80.4%
  • \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    早く仕事を辞めたいと感じたらやめるべき理由3選

    働く君

    最近、仕事を辞めるか悩んでいます。

    そこで「仕事を辞めたいと思ったら早く辞めるべき」という声を耳にし、実際どうなのかと気になっています。

    確かに、仕事を辞めたいと思っても本当に辞めていいのか不安になりますよね。

    以下、早く仕事を辞めたいと感じたらやめるべき理由3選をご紹介していきます。

    就活アドバイザー 京香

    早く仕事を辞めたいと感じたらやめるべき理由3選
    • 理由①:転職したいと感じた時がタイミングのため
    • 理由②:人間関係や職場の雰囲気でストレスを溜めないため
    • 理由③:鬱病等の精神疾患に罹らないようにするため

    理由①:転職したいと感じた時がタイミングのため

    早く仕事を辞めたいと感じたらやめるべき理由その1は「転職したいと感じた時がタイミングのため」です。

    もうすでにやりたい仕事が見つかり、それを逃せば後悔すると思うならば転職してよいタイミングです。

    しかし、転職したいと漠然と思う人もいると思います。

    そこで転職したいと感じる理由をいくつか以下にまとめました。

    転職したいと感じる理由
    • キャリアの成長と挑戦
    • 専門性や興味分野の変化
    • 業界や企業の選択
    • ワークライフバランスの向上

    キャリアの成長と挑戦

    新しい職場で自分のキャリアを発展させ、新たな挑戦を経験するために転職することがあります。

    専門性や興味分野の変化

    自分の専門性や興味が変わった場合、それに合った職場を求めて転職することが考えられます。

    業界や企業の選択

    特定の業界や企業に興味を持ち、そこで働くことを望んでいる場合、転職を選ぶことがあります。

    ワークライフバランスの向上

    現在の仕事がワークライフバランスに悪影響を与えていると感じる場合、よりバランスのとれた職場を求めて転職することがあります。

    これらの要因は、個人の価値観や目標、現在の状況によって異なります。

    転職を検討する際には、自分の目標や価値観を明確にし、それに合った職場を見つけることが大切です。

    就活アドバイザー 京香

    理由②:人間関係や職場の雰囲気でストレスを溜めないため

    早く仕事を辞めたいと感じたらやめるべき理由その2は「人間関係や職場の雰囲気でストレスを溜めないため」です。

    すべての悩みは対人関係の悩み」といわれるくらい、対人関係はなかなか希望通りにいかないものです。

    もうすでに人間関係でかなりのストレスを感じていて、良くしようと試みたものの改善の余地がないなら辞めるべきでしょう。

    人間関係は教えて治るものでもないですし、自分のストレスがたまる一方だからです。

    しかし、転職する際に人間関係や職場環境で失敗しない環境を選択することを意識してみてください。

    前もって口コミサイトの情報を見るなどの準備をして転職に臨むようにしましょう。

    就活アドバイザー 京香

    理由③:鬱病等の精神疾患に罹らないようにするため

    早く仕事を辞めたいと感じたらやめるべき理由その3は「鬱病等の精神疾患に罹らないようにするため」です。

    今や企業に1人は鬱病患者がいると言われている時代です。

    鬱病を治す薬も手術も存在していません

    鬱病等の精神疾患になる前に仕事を辞めるように、鬱病になりかけている人はすぐにでも辞める準備をしましょう。

    手遅れになってしまってからでは、今の仕事で働けないどころか、転職することも難しくなります

    辞めようと思っている人は、既に大きなストレスを抱えている人が多いです。

    その状態で無理して働き続けると、さらにストレスが溜まってしまいます。

    ストレスが許容範囲を超えないようにしっかり自己管理するようにしましょう。

    就活アドバイザー 京香

     

    未経験OKの企業を見つけるには?

    「就職したいけど、大学を中退してしまっている」「未経験OKの企業に就職したい」という方には、ハタラクティブがおすすめです。

     

    ハタラクティブでは、20代の大学中退者やフリーランス向けに就職や転職のサポートをしてくれます。

    未経験OKの優良企業紹介だけでなく、、完全無料で内定まで向き合ってくれるので、「やりたいことなんて分からない」「学歴・経歴に自信がない」という人は、という方には、ハタラクティブを利用してみてください。

    \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきこと7選

    働く君

    仕事を辞めたいと感じたらやめるべき理由がわかりました。

    そこで早く仕事を辞めたいと感じたときにするべきことが何なのかとても気になっています。

    確かに、早く仕事を辞めるうえでするべきことが何か気になりますよね。

    それでは以下に、早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきこと7選をご紹介していきます。

    就活アドバイザー 京香

    早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきこと7選
    • すべきこと①:転職したいと思った要因を洗い出す
    • すべきこと②:本当に辞めるべきか考える
    • すべきこと③:転職活動を始める
    • すべきこと④:退職の意志を固めて伝える練習をする
    • すべきこと⑤:退職願を書く
    • すべきこと⑥:直属の上司に退職の意志を伝える
    • すべきこと⑦:挨拶回り・引継ぎを済ませて、有休消化に入る

    すべきこと①:転職したいと思った要因を洗い出す

    早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきことその1は「転職したいと思った要因を洗い出す」です。

    転職をしようと思った理由をきちんと洗い出すことから始めるようにしましょう。

    転職することだけを目標にしてしまうと、転職先選びがおろそかになってしまいます。

    転職で今ある不満が改善できるかどうかは、自分自身にかかっています。

    冷静になって転職しようと思った要因を洗い出し、曖昧さをなくすようにしましょう。

    それが企業選びや面接対策にも繋がります。

    転職したいと思った要因を洗い出すことが、早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきことです。

    就活アドバイザー 京香

    すべきこと②:本当に辞めるべきか考える

    早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきことその2は「本当に辞めるべきか考える」です。

    仕事を辞めたい気持ちに根拠があっても、実際に会社を退職して転職すべきかすぐには判断つかず迷ってしまう人も多いです。

    その場合は、さらに詳しく考えるべきことや今の会社で試せることがあるでしょう。

    具体的にどんな状況でどんなことを考えた方が良いか示します。

    具体的な状況
    • 残業の時間の多さや休日出勤など、働き方に悩んでいる時
    • 給与・待遇に悩んでいる時
    • 業務内容について悩んでいる時
    • キャリアチェンジしたいと悩んでいる時

    残業の時間の多さや休日出勤など、働き方に悩んでいる時

    自分の残業時間(休日労働を含む)を正確に調べて可視化するようにしましょう。

    2019年に施行された「時間外労働の上限規制」を照らしてみて、自社の労務が法律に従って運用されているかを確認してください。

    仕事を辞めるうえで妥当な理由になる場合を以下に示します。

    • 自分の残業時間が法律で定められた労働時間の上限を超えている場合
    • 定の範囲内であっても時間外労働が「月に60時間以上、80時間以内」が常態化

    上記の理由は、仕事を辞める理由としては妥当であると考えます。

    就活アドバイザー 京香

    給与・待遇に悩んでいる時

    まずは現在の年収を正しく把握してください。

    一般的に「年収」とは税金や社会保険料が天引きされる前の金額です。

    年収を把握したら、業界水準の年収と比較します。

    自分の年収が業界水準と比べて低い場合は、同業他社に転職する妥当な理由となります。

    また業界全体の水準が、他業界と比べて明らかに低い場合は他業界に転職する理由になりえます。

    また、待遇については上司と給与制度について率直に話し合い、役職と給与の相関関係を確認する作業をすべきです。

    業務内容について悩んでいる時

    理由が「今の業務内容に不満がある」で転職するのはお勧めしません

    しっかり仕事を辞めたい理由を掘り下げてみてください。

    そこで、どんな業務内容なら自分は納得できるのかをイメージできるところをゴールに置くと良いでしょう。

    そのうえで、自分が納得できる業務が出来そうな業界や職種について調べます。

    それを踏まえたうえで転職活動を行えば、ミスマッチを防ぐことが可能になります。

     

    すべきこと③:転職活動を始める

    早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきことその3は「転職活動を始める」です。

    転職活動を始めることで、次の一歩に向けての準備を進めることができます。

    仕事を1日でも早く辞めたいと思った際には、慎重な準備や計画、自己分析をしっかりと行い、次のステップに進むことが大切です。

    特に自己分析がしっかりできていれば、次の職場では休職することなくイキイキと働ける可能性が高まります。

    上記の内容をしっかりと把握し、自身のアピールできる点と一致している部分を照らし合わせ、面接でアピールできるようにしましょう。

    「就活の教科書」では、自己分析に関する記事を多数掲載しています。

    是非、以下のリンクから記事をチェックして、就職活動に役立ててください。

    就活アドバイザー 京香

    すべきこと④:退職の意志を固めて伝える練習をする

    早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきことその4は「退職の意志を固めて伝える練習をする」です。

    退職の意思を最初に伝えるべきなのは、直属の上司です。

    退職の意思を伝えると必ず上司から理由を聞かれるので、相手が納得できるような退職理由を用意しておくようにしましょう。

    引き留めにあう可能性があることも考慮し、その場合の答え方を前もって準備し、練習するようにしましょう。

    上司に引き止めにあう可能性がもあるので、退職の意思を固めて伝える練習を伝えることが大事ですね。

    就活アドバイザー 京香

    すべきこと⑤:退職願を書く

    早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきことその5は「退職願を書く」です。

    退職したいという意思を直属の上司に伝えて、何とかOKが出たら退職願を出すのが一般的です。

    ただし、退職願を書く前に、上司と相談して退職日を決定してから行うようにしましょう。

    インターネットが普及した現在は、退職願の書き方の例は沢山出てくるので参考にすると良いでしょう。

    退職願を書く前に直属の上司と退職日を相談するようにすることが大切になるようですね。

    就活アドバイザー 京香

    すべきこと⑥:直属の上司に退職の意志を伝える

    早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきことその6は「直属の上司に退職の意志を伝える」です。

    退職の意向を伝える際のポイントは3つあります。

    退職の意向を伝える際のポイント
    • 直属の上司に、一度最初に退職の意向を伝える
    • 対面での会話で直接伝える
    • 曖昧な表現は避ける

    退職を決めたら、仲の良い同僚に相談したくなりますが、直属の上司に退職の旨を伝えるようにしましょう。

    また、退職の旨を伝える際は、曖昧な表現は避け、断定的な表現で伝えるようにしましょう。

    すべきこと⑦:挨拶回り・引継ぎを済ませて、有休消化に入る

    早く仕事を辞めたいと感じた時にすべきことその7は「挨拶回り・引継ぎを済ませて、有休消化に入る」です。

    スムーズに退職できるようにするために、お世話になった社内外の人への挨拶回りや業務の引き継ぎをし、有休消化に入ることです。

    引継ぎは、資料をファイルにまとめたりマニュアルを作成したりと、自分が退職した後に同僚が困らないようにしましょう。

    適当に引継ぎを済ませると、退職後に連絡が来ることもあるようです。

    円満退職したいなら就業規則に従い、ある程度の余裕をもって挨拶回り、引継ぎをおこなうようにしましょう。

    就活アドバイザー 京香

    自分が納得のいく転職を成功させる方法

    就活生ちゃん

    良い会社への就職を考えていますが、自分が納得のいく転職を成功させる自信がありません…

    より良い会社に就職するために良い方法はありますか?

    もちろんあります!

    結論を伝えると、転職や就職のプロに相談してみるのが一番おおすすめです。

    転職のプロに頼ることで転職に成功するための秘訣や、優良企業を詳しく教えてくれるからです。

    そこでここでは、自分が納得のいく転職を成功させる方法として、種類別に相談できる転職のプロを紹介しますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

    ES/面接で受かるためのコツ
    • 方法:既卒/ニート/フリーターに特化した就職のプロに頼る
    • 方法:年収アップを目標とした転職アドバイザーに相談する
    • 方法:20代の転職が専門のキャリアサポートを受ける

    それでは、それぞれ解説していきますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

     

    方法:既卒/ニート/フリーターに特化した就職のプロに頼る

    自分が納得のいく転職を成功させる方法として、もしあなたが若年層かつ未経験職を狙うなら「既卒/ニート/フリーターに特化した就職のプロに頼る」のが良いです。

    ニートやフリーターの方でなかなか自分に合う仕事が見つからないということもありますよね。

    そんな時におすすめなのが既卒/ニート/フリーターに特化しており、未経験の仕事探しのプロでもあるハタラクティブです。

    「ハタラクティブ」なら学歴や経歴に自信が無くても寄り添ってくれる
    • 未経験OKの優良企業に出会える
    • 面接対策や書類添削をマンツーマンでサポート
    • 自分に合う仕事や適職を教えてくれる
    \ 利用者の8割が大企業に就職! /
    自信を持って働ける優良企業を紹介
    (ハタラクティブ)

    *実際に多くの方が理想の職場に出会えています

    ハタラクティブ「就職成功率が80.4%」という非常に数値と信頼性の高い実績がありますよ。

    キャリアアドバイザー西園寺

     

    方法:年収アップを目標とした転職アドバイザーに相談する

    自分が納得のいく転職を成功させる方法として、もしあなたがキャリアアップを狙うなら「年収アップを目標とした転職アドバイザーに相談する」のが良いです。

    「もっと年収を上げたいけど今の職場じゃ厳しい…」「もっと好条件の企業を見つけたい!」というサラリーマンは非常に多いですが、自分で実現させるのは難しいですよね。

    そこでおすすめなのが、転職支援実績1位リクルートエージェントです。

    「リクルートエージェント」ならキャリアアップを含めた最適な転職を実現できる
    • 豊富な求人から年収アップにつながるあなたに合った企業を紹介
    • 転職のプロが面接対策や書類添削を丁寧にしてくれる
    • 求人数業界No.1
    \ 限定の非公開求人も紹介! /
    あなたの望む職場に転職
    (リクルートエージェント)

    *面接の質問内容など有利な情報を教えてくれます

    リクルートエージェント「非公開求人が30万件」あるので、自分だけで転職活動を進めるよりかなり効率的に良い企業に出会えますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

     

    方法:20代の転職が専門のキャリアサポートを受ける

    自分が納得のいく転職を成功させる方法として、もしあなたが20代で転職をするなら「20代の転職が専門のキャリアサポートを受ける」のが良いです。

    「1社目に入社した企業が自分に合わなかった…」という20代は意外と多くいますが、初めての転職活動で不安ですよね。

    そこでおすすめなのが、第二新卒の転職に強いウズキャリです。

    「ウズキャリ」なら個性に合わせた就業サポートをしてくれる
    • 一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの面接対策を選考が入るたびに実施
    • 内定後の定着率が94.5%と高い
    • 大企業~ベンチャー企業まで幅広い優良企業の求人がある
    \ 140,000人以上が利用中! /
    失敗しない転職をする
    (ウズキャリ)

    *キャリアアドバイザーがあなたの個性を理解して100%寄り添ってくれます

    ウズキャリ「入社半年後の定着率が94.5%」とかなり高いため、ミスマッチが起こりにくい求人紹介を行ってくれることがわかりますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

    退職日よりも早く仕事を辞めたいときに使える方法3選

    働く君

    仕事を辞めたいと感じたときにすべきことが何かよくわかりました。

    しかし、退職日よりも早く仕事を辞めたいときに使える方法があるのかとても気になっています。

    確かに、退職日よりも早く仕事を辞めたいときに使える方法があるのか気になりますよね。

    それでは以下に、退職日よりも早く仕事を辞めたいときに使える方法3選をご紹介していきます。

    就活アドバイザー 京香

    退職日よりも早く仕事を辞めたいときに使える方法3選
    • 方法①:退職届を出して2週間後に退職する
    • 方法②:第三者を介して退職を伝えてもらう
    • 方法③:退職代行サービスを利用して退職する

    方法①:退職届を出して2週間後に退職する

    退職日よりも早く仕事を辞めたいときに使える方法その1は「退職届を出して2週間後に退職する」です。

    企業は就業規則に、退職に関する定めを明記しています。

    しかし、法律では退職届を出してから2週間後に退職できることかが定められています。

    そのため就業規則ではなく、法律に従って退職することが可能です。

    また、法律に従って2週間で退職する場合は、内容証明郵便で発送するのがおすすめです。

    内容証明郵便は会社側が受け取った時点で、退職の意向が伝わったことを意味します。

    内容証明書郵便を送付する際は、退職願ではなく退職届を出さなければならない点に注意が必要です。

    退職願と退職届の違い
    • 退職願:退職の意向を示し、会社に合意を求めるために提出します。会社側の承諾前であれば撤回できます。
    • 退職届:退職することを決定事項として会社に伝えるために提出します。一度提出すると、会社は退職を拒否できず、本人も撤回できません。

    方法②:第三者を介して退職を伝えてもらう

    退職日よりも早く仕事を辞めたいときに使える方法その2は「第三者を介して退職を伝えてもらう」です。

    両親や親せきなど第三者に退職を伝えてもらう場合も早く辞めたい時には有効です。

    第三者を介して退職を伝えてもらう場合は、以下の点に注意が必要です。

    第三者を介して退職を伝えてもらう場合の注意点
    • 会社側に損害が出ないか
    • 雇用契約違反にならないか
    • 退職金の定めは確認したか
    • 転職に不利になっても大丈夫か

    もし、会社側に損害が発生したりしている場合、損害賠償を請求されることがあるようです。

    第三者を介して退職を伝えると懲戒解雇処分が下されることが大半です。

    懲戒解雇処分になると退職金が減額もしくは支給されないのどちらかです。

    懲戒解雇処分は、退職証明書に「重責解雇」と記載され、転職先が見つかりにくくなります。

    方法③:退職代行サービスを利用して退職する

    退職日よりも早く仕事を辞めたいときに使える方法その3は「退職代行サービスを利用して退職する」です。

    退職代行サービスとは、退職手続きを代行してくれるサービスです。

    弁護士が介入し、会社側が拒否できない形で退職手続きを進めてくれます。

    最大のメリットは、会社に出勤せずに辞められることです。

    早いところでは即日介入してくれるので、最短でサービス申し込みの翌日から会社に出勤する必要が無くなります。

    これは、先に紹介した第三者を介したものとは違い法律に基づくものです。

    退職代行の料金相場は2万〜5万円程で、懲戒解雇処分になるデメリットはないです。

    料金がかかるものの、最短で翌日から会社に出勤しなくても良くなることを考えると、会社を早く辞めたい人にとって、最善の方法だと考えられます。

    就活アドバイザー 京香

    「20代でフリーターをしているけど企業へ就職したい」「就職したいけど大学を中退していて不安…」という方はハタラクティブを利用するのがおすすめです。

    ハタラクティブは、20代の大学中退者やフリーターを対象としたマンツーマン就職・転職支援サービスです。

    「未経験から仕事を探したい」という悩みが解決できるので、ぜひ利用してみてください。

    キャリアアドバイザー西園寺

    「ハタラクティブ」では就活のプロが仕事探しをトータルサポート
  • 1社ずつ面接対策をしてくれる
  • 8割以上の企業が未経験OK
  • 就職成功率80.4%
  • \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    仕事 辞めて良かったに関するよくある質問

    就活生くん

    「退職日よりも早く仕事を辞めたいときに使える方法」について、詳しく知ることができました。

    他に、何か知っておくべきことはありますか?

    それでは、最後に「仕事 辞めて良かった」に関するよくある質問3選を紹介します!

    就活アドバイザー 京香

    「仕事 辞めて良かった」に関するよくある質問3選
    • 質問①:退職願と退職届のどちらを提出すべき?
    • 質問②:仕事を辞めてから転職活動をしても大丈夫?
    • 質問③:仕事を円満にやめるための注意は何がありますか?

    質問①:退職願と退職届のどちらを提出すべき?

    「仕事 辞めて良かった」に関するよくある質問その1は「退職願と退職届のどちらを提出すべき?」です。

    退職する場合、辞表を提出するものと考える人が多いのですが、辞表は会社の役員や公務員が使います。

    就活生くん

    一般の会社員なら退職届か退職願のどちらかになると思うのですが、使い分ければいいのでしょうか。

    退職届とは

    退職届は、一度出すと原則として撤回できないことが退職願との大きな違いです。

    その点で、退職願よりも慎重に提出しなくてもなりません。

    退職を「通告」するのが退職届

    退職届は、「退職します」と固い意志を会社に通告するものすでに退職が決まったことを届け出るものです。

    引き止められても残る気がない時や既に口頭で会社側との交渉が住んでいる時に提出するようです。

    退職届は原則として撤回できない

    退職届は、原則として撤回が認められないので注意してください。

    退職願とは

    退職届を提出すれば、あなたの強い覚悟は伝わるでしょう。

    しかし、会社側との合意に基づいた円満な退職を望むのであれば、退職願を選ぶのがベターです。

    退職を「お願い」するのが退職願

    退職願は、「退職を認めてください」と会社側にお願いするものです。

    退職届が労働者側からの一方的な通告であるのに対して、退職願は会社側に合意を求めるものです。

    少しでも会社に残る可能性がある場合、穏便に退職交渉を進めたい場合に提出します。

    退職願は承諾前なら撤回できる

    退職願で「お願い」された退職の希望は、退職についての最終決定権限者が承諾後は撤回が難しくなります。

    たとえ、撤回できたとしても上司に悪い印象を持たれるなど、リスクもあるので安易に提出してはいけません。

    質問②:仕事を辞めてから転職活動をしても大丈夫?

    「仕事 辞めて良かった」に関するよくある質問その2は「仕事を辞めてから転職活動をしても大丈夫?」です。

    結論、仕事を辞めてから転職活動をしてもなんの問題もありません。

    仕事を辞めてから転職する場合のメリットとデメリットをそれぞれ示します。

    仕事を辞めてから転職するメリットとデメリット

    メリット

    • 志望分野や応募先の情報収集をしっかり行う時間が取れる
    • 日々の予定において求職活動を最優先出来て複数面接にも対応しやすい
    • 心身をリフレッシュし、経歴ゼロから見直す時間もとれる
    • 新たなスキルや資格を得るための通学や講座受講もできる
    • 所定の手続きで、失業手当や早期再就職支援金などを受けられる

    デメリット

    • 収入が途絶えるため、最低3か月間分の生活費準備が必要
    • 活動が思うように運ばないと希望条件に妥協が生まれやすい
    • 失業の恐れがあり、不採用になった時のストレスが大きい
    • 失業が長引くとスキルや意欲も減退、応募する際のハンデになりやすい
    • 自己管理が甘いと、自堕落な生活になりがち

    仕事を辞めてからの転職活動しても問題はないが、メリットとデメリットをしっかり考慮して動くようにするといいですね。

    就活アドバイザー 京香

    質問③:仕事を円満にやめるための注意は何がありますか?

    「仕事 辞めて良かった」に関するよくある質問その3は「仕事を円満にやめるための注意は何がありますか?」です。

    仕事を円満にやめるためにはいくつかのポイントがあります。

    それを以下に示します。

    退職理由を話さない

    退職を決意したら、その理由を誰にでも正直に話すのではなく、無難な説明に留めておくことが重要です。

    退職の詳しい理由について知っておく必要があるのは、自分と上司だけということを忘れないようにしましょう。

    お詫びの気持ちを伝える

    採用には多くの時間と手間がかかるため、辞めることになる以上、余計な手間をかけたことへお詫びをしましょう。

    上司や同僚のことを悪く言わない

    上司に不満があることや、社内の雰囲気になじめないことが退職の理由である場合は、その理由を社内の人に伝えるのは避けましょう。

    円満に退職するには、大人の対応を心がけるのが賢明かもしれません。

    未経験OKの企業を見つけるには?

    「就職したいけど、大学を中退してしまっている」「未経験OKの企業に就職したい」という方には、ハタラクティブがおすすめです。

     

    ハタラクティブでは、20代の大学中退者やフリーランス向けに就職や転職のサポートをしてくれます。

    未経験OKの優良企業紹介だけでなく、、完全無料で内定まで向き合ってくれるので、「やりたいことなんて分からない」「学歴・経歴に自信がない」という人は、という方には、ハタラクティブを利用してみてください。

    \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    まとめ:仕事を早く辞めたい方は就職/転職のプロや身近な人に相談してみましょう!

    最後までご覧いただき、ありがとうございました。

    「仕事 早く辞めたい」に関してよく知ることはできたでしょうか?

    もし仕事を早く辞めたい方は、就職/転職のプロや身近な人に相談する、そしてぜひこの記事を参考にしてみて下さい。