新卒で休職してそのまま退職することは「問題ない」伝え方の流れ5STEP | 注意点ややるべきことも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 新卒で休職してそのまま退職することは問題ない
  • 休職中は有給休暇の消化ができない
  • 休職中にやるべきことは病気の場合は治療を最優先する
  • 自己分析を入念に行うことを休職中にやるようにする
  • 【用途別】あなたに合う対策や優良企業を教えてくれるツール
\ 多くの利用者が理想の職場とマッチ! / 未経験OKの優良企業を提示
(ハタラクティブ)

*既卒・フリーター・ニートからの就職にも強い!

この記事では、新卒で休職してそのまま退職するときの伝え方の流れ5STEPから、新卒で休職してそのまま退職するときの注意点3選新卒で休職したとき休職中にやるべきこと3選まで詳しくご紹介していきます。

合わせて、新卒で休職してそのまま退職して転職する場合にやるべきこと3選よくある質問についてもお答えしていきます。

  • 新卒で休職しようと考えている方
  • 新卒で現在休職している方
  • 友人が新卒で休職しようとしている方
  • 休職中で退職を考えている方

上記に該当する方には役立つ内容なので、最後までご覧ください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分に合う優良企業で働きたい!」という方は、【既卒/ニート/フリーター】ハタラクティブを使うと、未経験OKの安定優良企業を紹介してくれ、あなたの理想の職場に出会えます。

ちなみに【既卒/ニート/フリーター】ハタラクティブ以外にも、転職実績No.1でサポートが手厚い「【総合転職】リクルートエージェント」、高年収企業からスカウトがもらえる「【ハイクラス転職】dodaX」、あなただけのキャリアを見つけてくれる「【年収UP】キャリドラもおすすめですよ。

キャリアアドバイザー西園寺

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 多くの利用者が理想の職場とマッチ! / 未経験OKの優良企業を提示
(ハタラクティブ)

*既卒・フリーター・ニートからの就職にも強い!

どのサービスで優良企業を見つけたら良いかわからない…」という方は、リクルートエージェントを使うのが一番おすすめですよ。

キャリアアドバイザー西園寺

目次

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

新卒で休職してそのまま退職することは「問題ない」

就活生くん

そもそも、新卒で休職してそのまま退職することは許されるのでしょうか?

それでは、初めに新卒で休職してそのまま退職することが問題かについて紹介します!

就活アドバイザー 京香

結論:新卒で休職してそのまま退職をしても大丈夫

結論から言うと、新卒で休職してそのまま退職をしても大丈夫です。

休職のまま退職することは、「会社に対して申し訳ない」と思う気持ちもあるかもしれませんが、法律上では何の問題もありません。

民法第627条によると、正社員として働いているならどんな時でも退職の申し出ができ、その申し出から2週間で退職できるということが書かれています。

休職の理由が精神的なものであったり、病気や怪我などの理由であれば、会社側も納得してくれるケースがほとんどでしょう。

休職のまま退職することは、法律的には全く問題なく新卒、新卒関係なく退職できるようです。

就活アドバイザー 京香

注意:休職には「傷病休職」「自己都合休職」「留学休職」などの条件を満たす必要がある

休職には、「傷病休職」「自己都合休職」「留学休職」などの条件を満たす必要があります。

以下に説明を示します。

傷病休職

傷病休職は、労働災害以外の病気やケガを理由とする休職です。

従業員がケガをして働けない、あるいは病気で働けない場合に、傷病休職を取得します。

企業が休職制度を設ける義務はありませんが、傷病休職については認めている企業が多いようです。

労災扱いの病気やケガは、勤務中の事故によるケガや職場環境が原因で発症した病気を指しています。

業務との因果関係がない、一般的な病気やケガは傷病休職扱いです。

一般的な病気やケガは傷病休職にあたるようです。

就活アドバイザー 京香

自己都合休職

留学や災害復興支援ボランティアなど、従業員本人の希望による休職が自己都合休職です。

自己都合休職を認めるかどうかは、企業の社内規定次第です。

従業員の希望を叶えることは、企業にとって長期的なメリットにつながると判断して、「自己都合休職制度」を設けるケースもあるようです。

自己都合休職中の従業員は無給ですが、従業員の社会保険料は発生するため、従業員自身に振り込んでもらう必要があります。

留学休職

一部ではありますが、留学の休職できる会社は非常に限られていますがあるようです。

限られている理由として、1~2週間ほどの短期留学であったとしても、会社側にとっては大事な一人の人材が長期的に抜けることになるため、できれば避けたいからだそうです。

しかし、会社によっては「サバディカル休暇(一定期間勤続した従業員に対して、数か月から一年程度の長期休暇を与える制度)」などの留学による休暇を認めているケースもあります。

休職として留学休職を認めているかどうかは会社ごとに異なるので、休職のルールや方針を確認しておきくようにしましょう。

休職と休業の違いは「自己都合」か「会社都合」の違いである

結論、休職と休業の違いは、休職は個人的な理由でよるものに対して休業には「会社都合」も含まれるのと会社都合の場合に給与が出るケースがあることです。

休職と休業は会社に籍をおいたまま業務を停止することは変わりませんが、休業は従業員に働く意思があるにもかかわらず会社都合かあるいは自己都合によって働けない状態を指します。

具体例を以下に示します。

休業の理由(具体例)
  1. 自己都合
    例:業務不振、災害など
    └会社に原因がある場合は休業手当を受給できる
  2. 会社都合
    例:業務上のケガ・病気、産前産後、育児、介護など
    └基本無給だが、申請すれば各種手当を受給できる

「20代でフリーターをしているけど企業へ就職したい」「就職したいけど大学を中退していて不安…」という方はハタラクティブを利用するのがおすすめです。

ハタラクティブは、20代の大学中退者やフリーターを対象としたマンツーマン就職・転職支援サービスです。

「未経験から仕事を探したい」という悩みが解決できるので、ぜひ利用してみてください。

キャリアアドバイザー西園寺

「ハタラクティブ」では就活のプロが仕事探しをトータルサポート
  • 1社ずつ面接対策をしてくれる
  • 8割以上の企業が未経験OK
  • 就職成功率80.4%
  • \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    新卒で休職してそのまま退職するときの伝え方の流れ5STEP

    就活生くん

    新卒で休職してそのまま退職するときの伝え方の流れが分かりません。

    休職する際の流れは教えられてないですよね。

    それでは、次に新卒で休職してそのまま退職するときの伝え方の流れ5STEPを紹介します!

    就活アドバイザー 京香

    新卒で休職してそのまま退職するときの伝え方の流れ5STEP
    • STEP1:会社の休職・退職に関する制度を確認する
    • STEP2:直属の上司に退職の旨を伝える
    • STEP3:退職に必要な書類を会社に提出する
    • STEP4:退職後に必要な書類を会社から受け取る
    • STEP5:すぐに転職しない場合は失業保険などの手続きを行う

    STEP①:会社の休職・退職に関する制度を確認する

    新卒で休職してそのまま退職するときの伝え方の流れSTEP1は「会社の休職・退職に関する制度を確認する」です。

    休職の細かいルールは、会社ごとに異なります。

    期間や休んでいる間の給与の取り扱い、必要書類や復職後の支援体制など、その内容は実にさまざまです。

    中には休職制度自体が存在しない会社もあり、休みたいと申し出ると退職扱いになってしまう恐れもあります。

    意図しない退職を避けるため、またどのような条件で休職できるのかを明確にするためにも、一度就業規則を確認しておくようにしましょう。

    会社ごとに休職の細かいルールは変わるので、まずは会社の休職、退職の制度を確認することが大切ですね。

    就活アドバイザー 京香

    STEP②:直属の上司に退職の旨を伝える

    新卒で休職してそのまま退職するときの伝え方の流れSTEP2は「直属の上司に退職の旨を伝える」です。

    直属の上司を飛び越えていきなり人事部や総務部に申し出るのはおすすめできません。

    自分の知らないうちに部下が休職を申し出たとなれば上司は管理責任を問われかねませんし、複雑な心境にもなるでしょう。

    また、いずれ復職を考えているなら直属の上司との関係悪化は避けたほうが無難です。

    このため、まずは直属の上司に休職を考えていることを伝えましょう。

    人間関係やオーバーワークが原因になっているとわかれば、上司が何らかの対処をしてくれる可能性もあります。

    場合によっては労働環境が改善し、休まずに事態を乗り越えられることもあるでしょう。

    休職する前には、しっかり直属の上司に話すことが今後の関係を築くうえでも大事なようですね。

    就活アドバイザー 京香

    STEP③:退職に必要な書類を会社に提出する

    新卒で休職してそのまま退職するときの伝え方の流れSTEP3は「直属の上司に退職の旨を伝える」です。

    上司や会社との話し合いで休職が決定したら、次は必要書類を提出します

    一般的には「休職願」など会社所定の申請書と診断書の2種類が必要になることが多いです。

    すでに仕事を休んでいる場合は、必要書類を郵送でやり取りしましょう。

    会社が必要書類を受け付けた段階で正式に休職が認められるため、できるだけ早く、不備のない状態で提出することが大切です。

    STEP④:退職後に必要な書類を会社から受け取る

    新卒で休職してそのまま退職するときの伝え方の流れSTEP4は「退職後に必要な書類を会社から受け取る」です。

    退職すると、主に4種類の書類が会社から渡されます。

    以下に退職後に発行される書類を示します。

    退職後に発行される書類
    1. 離職票
    2. 雇用保険被保険者証
    3. 年金手帳
    4. 源泉徴収票

    離職票

    ハローワークで失業保険給付の請求をする際に必要なものです。

    手続きに時間がかかるので、実際に手元に届くのは退職してから10日ほど後になります。

    すでに退職後の転職先が決まっている場合は失業保険給付を請求できないため、必要ありません。

    雇用保険被保険者証

    転職先が決まっている場合は転職先へ提出し、決まっていない場合は失業保険給付を請求する際に必要になります。

    会社が保管していることも多いですが、もし紛失していた場合は「被保険者番号」を伝えればハローワークで再発行してもらえるので、会社に番号を確認しましょう。

    年金手帳

    転職先が決まっていれば転職先に提出し、決まっていなければ別途国民年金へ加入しなければなりません。

    紛失した場合は、地域の年金事務所に依頼して再発行してもらいましょう。

    源泉徴収票

    転職先が決まっていれば転職先へ提出します。

    その年のうちに転職しなかった場合は、自分で確定申告をする際に使用します。

    これらは退職後のさまざまな手続きで必要になる大切な書類なので、漏れのないように準備しておきましょう。

    STEP⑤:すぐに転職しない場合は失業保険等の手続きを行う

    新卒で休職してそのまま退職するときの伝え方の流れSTEP5は「すぐに転職しない場合は失業保険などの手続きを行う」です。

    失業保険は、会社を辞めた後も生活の心配をせずに再就職に向けて求職活動を行えるように支給される手当です。

    失業保険は、「離職日以前の2年間で雇用保険に加入していた期間が12か月以上ある」「再就職する意思がある」「ハローワークに登録して就職活動を行っていると判断された」という場合に受給できます。

    他にも、健康保険、年金、雇用保険の手続きなどがやるべきことがあります。

     

    未経験OKの企業を見つけるには?

    「就職したいけど、大学を中退してしまっている」「未経験OKの企業に就職したい」という方には、ハタラクティブがおすすめです。

     

    ハタラクティブでは、20代の大学中退者やフリーランス向けに就職や転職のサポートをしてくれます。

    未経験OKの優良企業紹介だけでなく、、完全無料で内定まで向き合ってくれるので、「やりたいことなんて分からない」「学歴・経歴に自信がない」という人は、という方には、ハタラクティブを利用してみてください。

    \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    新卒で休職してそのまま退職するときの注意点3選

    就活生くん

    新卒で休職してそのまま退職するときの注意点が分かりません。

    かしこまりました。

    それでは、次に新卒で休職してそのまま退職するときの注意点3選を紹介します!

    就活アドバイザー 京香

    新卒で休職してそのまま退職するときの注意点3選
    • 注意点①:休職中は有給休暇の消化ができない
    • 注意点②:休職期間中でも税金の支払い義務が生じる
    • 注意点③:将来的に転職活動で不利になる可能性がある

    注意点①:休職中は有給休暇の消化ができない

    新卒で休職してそのまま退職するときの注意点その1は「休職する有給休暇の消化ができない」です。

    長期の療養が必要であり、すでに休職期間に入っている従業員は、有給休暇を消化することはできません。

    有給休暇は、「労働義務がある日を対象に、その労働を免除する制度」であるため、「労働の義務を免除されている期間」である休職期間中は利用できないです。

    つまり、休職後に復帰が困難と判明して退職が決まった場合も残った有給休暇の消化はできません。

    休職期間満了後に有給休暇を消化して辞めたいという申し出は多くあるようですが、退職が決まった以上「労働義務がある日」が存在しないため、有給休暇は消化できないようですね。

    就活アドバイザー 京香

    注意点②:休職期間中でも税金の支払い義務が生じる

    新卒で休職してそのまま退職するときの注意点その2は「休職期間中でも税金の支払い義務が生じる」です。

    休職中であっても、各種税金の支払い義務からは生じます。

    休職中は給料や賞与の支払いは行われないため、収入がなく、固定の支出が発生することは認識しておく必要があるでしょう。

    支払い義務が生じるのは、主に「健康保険料」「厚生年金」「住民税」などです。

    休職期間中は会社が全額立て替えることになり、その支払いを毎月行うのか、復職後まとめて一括で支払うのかは会社ごとに異なります。

    気になる人は、退職申し出を行う際に会社の人事や総務・労務担当に質問しておきましょう。

    休職期間中でも税金の支払いが生じることは、休職しようとしている方は注意が必要です。

    就活アドバイザー 京香

    注意点③:将来的に転職活動で不利になる可能性がある

    新卒で休職してそのまま退職するときの注意点その3は「将来的に転職活動で不利になる可能性がある」です。

    休職期間があることは、それだけで転職活動に不利になることがあります。

    この人は一度休職したことがあるから、採用してもウチで休職してしまうかもしれない」など、ネガティブイメージを持たれることも十分考えられるからです。

    職務経歴は一生モノですので、数年後、数十年後の転職活動においても、休職に対するネガティブイメージは継続することもあり得るでしょう。

    新卒で休職してそのまま退職するときの注意点として将来的な目線で考えると、転職活動で不利になる可能性があることがあるようですね。

    就活アドバイザー 京香

    自分が納得のいく転職を成功させる方法

    就活生ちゃん

    良い会社への就職を考えていますが、自分が納得のいく転職を成功させる自信がありません…

    より良い会社に就職するために良い方法はありますか?

    もちろんあります!

    結論を伝えると、転職や就職のプロに相談してみるのが一番おおすすめです。

    転職のプロに頼ることで転職に成功するための秘訣や、優良企業を詳しく教えてくれるからです。

    そこでここでは、自分が納得のいく転職を成功させる方法として、種類別に相談できる転職のプロを紹介しますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

    ES/面接で受かるためのコツ
    • 方法:既卒/ニート/フリーターに特化した就職のプロに頼る
    • 方法:年収アップを目標とした転職アドバイザーに相談する
    • 方法:20代の転職が専門のキャリアサポートを受ける

    それでは、それぞれ解説していきますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

     

    方法:既卒/ニート/フリーターに特化した就職のプロに頼る

    自分が納得のいく転職を成功させる方法として、もしあなたが若年層かつ未経験職を狙うなら「既卒/ニート/フリーターに特化した就職のプロに頼る」のが良いです。

    ニートやフリーターの方でなかなか自分に合う仕事が見つからないということもありますよね。

    そんな時におすすめなのが既卒/ニート/フリーターに特化しており、未経験の仕事探しのプロでもあるハタラクティブです。

    「ハタラクティブ」なら学歴や経歴に自信が無くても寄り添ってくれる
    • 未経験OKの優良企業に出会える
    • 面接対策や書類添削をマンツーマンでサポート
    • 自分に合う仕事や適職を教えてくれる
    \ 利用者の8割が大企業に就職! /
    自信を持って働ける優良企業を紹介
    (ハタラクティブ)

    *実際に多くの方が理想の職場に出会えています

    ハタラクティブ「就職成功率が80.4%」という非常に数値と信頼性の高い実績がありますよ。

    キャリアアドバイザー西園寺

     

    方法:年収アップを目標とした転職アドバイザーに相談する

    自分が納得のいく転職を成功させる方法として、もしあなたがキャリアアップを狙うなら「年収アップを目標とした転職アドバイザーに相談する」のが良いです。

    「もっと年収を上げたいけど今の職場じゃ厳しい…」「もっと好条件の企業を見つけたい!」というサラリーマンは非常に多いですが、自分で実現させるのは難しいですよね。

    そこでおすすめなのが、転職支援実績1位リクルートエージェントです。

    「リクルートエージェント」ならキャリアアップを含めた最適な転職を実現できる
    • 豊富な求人から年収アップにつながるあなたに合った企業を紹介
    • 転職のプロが面接対策や書類添削を丁寧にしてくれる
    • 求人数業界No.1
    \ 限定の非公開求人も紹介! /
    あなたの望む職場に転職
    (リクルートエージェント)

    *面接の質問内容など有利な情報を教えてくれます

    リクルートエージェント「非公開求人が30万件」あるので、自分だけで転職活動を進めるよりかなり効率的に良い企業に出会えますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

     

    方法:20代の転職が専門のキャリアサポートを受ける

    自分が納得のいく転職を成功させる方法として、もしあなたが20代で転職をするなら「20代の転職が専門のキャリアサポートを受ける」のが良いです。

    「1社目に入社した企業が自分に合わなかった…」という20代は意外と多くいますが、初めての転職活動で不安ですよね。

    そこでおすすめなのが、第二新卒の転職に強いウズキャリです。

    「ウズキャリ」なら個性に合わせた就業サポートをしてくれる
    • 一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの面接対策を選考が入るたびに実施
    • 内定後の定着率が94.5%と高い
    • 大企業~ベンチャー企業まで幅広い優良企業の求人がある
    \ 140,000人以上が利用中! /
    失敗しない転職をする
    (ウズキャリ)

    *キャリアアドバイザーがあなたの個性を理解して100%寄り添ってくれます

    ウズキャリ「入社半年後の定着率が94.5%」とかなり高いため、ミスマッチが起こりにくい求人紹介を行ってくれることがわかりますね。

    キャリアアドバイザー西園寺

    新卒で休職したとき休職中にやるべきこと3選

    就活生くん

    新卒で休職したときに休職中にやるべきことは何かありますか。

    それでは、次に新卒で休職したときに休職中にやるべきこと3選を紹介します!

    就活アドバイザー 京香

    新卒で休職したときに休職中にやるべきこと3選
    • やるべきこと①:うつ病など病気の場合は治療を最優先する
    • やるべきこと②:今の会社に復職するかを考える
    • やるべきこと③:今後の人生設計について向き合う

    やるべきこと①:うつ病など病気の場合は治療を最優先する

    新卒で休職したときに休職中にやるべきことその1は「うつ病など病気の場合は治療を最優先する」です。

    働けないほど心身の状態が悪い場合は、何かを考えるより先に体調の回復を優先するべきです。

    体調が悪いままでは冷静な判断もしにくいですし、何かを始めようという気力が湧かないことも少なくありません。

    主治医と相談しながらリハビリなどを始め、焦らずじっくりと元の元気な体に戻すことが先決です。

    うつ病など精神的な病気で休んだ場合は回復したかどうかわかりにくいですが、「ネガティブな思考が少なくなった」「回復した後のことを考えられるようになった」などの状態を目安にすると良いでしょう。

    まずは、資本である体を大切にすることが重要ですね。

    就活アドバイザー 京香

    やるべきこと②:今の会社に復職するかを考える

    新卒で休職したときに休職中にやるべきことその2は「今の会社に復職するかを考える」です。

    休職中に今の会社に復職するか考えることは重要な決断となります。

    以下に考えるべきいくつかのポイントをまとめました。

    復職するか考えるべきポイント
    1. 健康状態とリカバリー
    2. 仕事へのモチベーション
    3. キャリア目標と適正
    4. 労働条件と福利厚生
    5. 組織の状態と将来の展望
    6. 他の選択肢の検討
    7. 仕事とプライベートのバランス

    健康状態とリカバリー

    休職の理由が健康上の問題である場合、復職する前に完全に回復していることが重要です。

    医師の意見を仰ぎ、健康状態が仕事に耐えうるかどうか確認してください。

    仕事へのモチベーション

    今の会社やポジションに対するモチベーションを再評価してください。

    復職することでやりがいや満足感を感じられるのか、それとも他の可能性を検討するべきなのかを考えましょう。

    キャリア目標と適正

    復職することがキャリア目標に適しているかどうかを確認してください。

    自身のスキルや適性が現在のポジションや会社に合っているかどうかを考えましょう。

    労働条件と福利厚生

    復職する場合、労働条件や福利厚生などの面で今の会社が提供するものを確認しましょう。

    それが自分のライフスタイルやニーズに合っているかどうかが重要です。

    組織の状態と将来展望

    会社の状態や将来の展望も考慮してください。

    組織の安定性や成長の見通しは、復職するかどうかを判断する上で重要な要素です。

    他の選択肢の検討

    他の仕事やキャリアの選択肢も検討してみてください。

    他の会社や業界での新しいチャレンジが自分にとって良い選択かもしれません。

    仕事とプライベートのバランス

    復職することが仕事とプライベートのバランスを崩しかねない場合、注意が必要です。

    仕事の要求と自分のライフスタイルの調整ができるかどうかを確認しましょう。

    就活生ちゃん

    復職するか考えるべきポイントがたくさんありますね。

    いきなりすべてをやろうとせず、一つずつ確実にチェックしていくようにしましょう。

    就活アドバイザー 京香

    やるべきこと③:今後の人生設計について向き合う

    新卒で休職したときに休職中にやるべきことその3は「今後の人生設計について向き合う」です。

    休職中に今後の人生設計に向き合うことは、将来に向けての方向性を明確にする重要なことです。

    以下に考えるべきいくつかのポイントをまとめました。

    人生設計に向き合うときに考えた方が良いこと
    1. 自分の価値観と目標の再評価
    2. スキルや興味の再確認
    3. キャリアチェンジの検討
    4. 教育やスキルの向上
    5. ライフスタイルの検討
    6. 資産管理と将来の計画

    自分の価値観と目標の再評価

    休職中に自分の価値観や人生の目標を再評価しましょう。

    これにより、これからの人生で本当に大切にしたいことや追求したい目標が明らかになります。

    スキルや興味の再確認

    自分が持っているスキルや興味を再確認し、これを活かせる職業や分野を考えましょう。

    これが将来の仕事や活動の中で達成感や充実感を生む要因となります。

    キャリアチェンジの検討

    今の職場や業界に留まるのが適切でないと感じる場合、他のキャリアや業界へのチェンジを検討してみてください。

    新たな挑戦が新たな可能性を開くことがあります。

    ライフスタイルの検討

    仕事だけでなく、ライフスタイルについても考えましょう。

    どのような生活スタイルが自分に合っているのか、どれだけのワークライフバランスが望ましいのかを考慮します。

    資産管理と将来の計画

    今後の人生設計には資産管理も欠かせません。

    貯蓄、投資、保険などを見直し、将来の安定を考えましょう。

    これらのポイントを考慮しながら、自分の将来のビジョンを描くことで、より意味のある人生を構築する手助けとなるでしょう。

    就活アドバイザー 京香

    「20代でフリーターをしているけど企業へ就職したい」「就職したいけど大学を中退していて不安…」という方はハタラクティブを利用するのがおすすめです。

    ハタラクティブは、20代の大学中退者やフリーターを対象としたマンツーマン就職・転職支援サービスです。

    「未経験から仕事を探したい」という悩みが解決できるので、ぜひ利用してみてください。

    キャリアアドバイザー西園寺

    「ハタラクティブ」では就活のプロが仕事探しをトータルサポート
  • 1社ずつ面接対策をしてくれる
  • 8割以上の企業が未経験OK
  • 就職成功率80.4%
  • \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    新卒で休職してそのまま退職して転職する場合にやるべきこと3選

    就活生くん

    新卒で休職してそのまま退職して転職する場合にやるべきことは何かありますか?

    それでは、次に新卒で休職してそのまま退職して転職する場合にやるべきこと3選を紹介します!

    就活アドバイザー 京香

    新卒で休職してそのまま退職して転職する場合にやるべきこと3選
    • やるべきこと①:自己分析を入念に行う
    • やるべきこと②:複数の企業・業界の分析を入念に行う
    • やるべきこと③:休職中であることを正直に伝える

    やるべきこと①:自己分析を入念に行う

    新卒で休職してそのまま退職して転職する場合にやるべきことその1は「自己分析を入念に行う」です。

    再び休職してしまうような職場に転職しないためにも、念入りに自己分析を行いましょう。

    自己分析とは、「自分の今までの経験を棚卸しし、スキルや長所、向いている仕事などを明らかにする分析」のことを言います。

    自己分析がしっかりできていれば、次の職場では休職することなくイキイキと働ける可能性が高まります。

    上記の内容をしっかりと把握し、自身のアピールできる点と一致している部分を照らし合わせ、面接でアピールできるようにしましょう。

    「就活の教科書」では、自己分析に関する記事を多数掲載しています。

    是非、以下のリンクから記事をチェックして、就職活動に役立ててください。

    就活アドバイザー 京香

    やるべきこと②:複数の企業・業界の分析を入念に行う

    新卒で休職してそのまま退職して転職する場合にやるべきことその2は「複数の企業・業界の分析を入念に行う」です。

    自己分析と同じくらい大切になってくるのが、複数の企業・業界の分析を入念に行うことです。

    企業分析により、自分の理想とする働き方や仕事が実現できるかが分かってくるため、再び休職に至るリスクを減らすことに繋がります。

    企業分析をする際は、フラットな目線で複数の業界や企業を比較する意識が重要です。

    自分では思ってもいなかったような企業を見つけるきっかけにもなりますし、自分にあった会社を効率的かつ確実に見つけやすくなるでしょう。

    企業研究の仕方がわからない方は是非、以下のリンクから記事をチェックして、就職活動に役立ててください。

    就活アドバイザー 京香

    やるべきこと③:休職中であることを正直に伝える

    新卒で休職してそのまま退職して転職する場合にやるべきことその3は「休職中であることを正直に伝える」です。

    休職中であることを隠して入社したとしても、入社後に提出する源泉徴収票などでバレてしまいます。

    また、面接での受け答えでボロが出てしまい、選考そのものに通過しづらくなるといったリスクも考えられます。

    これらのことから、休職中であることを隠す必要はないと言えます。

    休職理由はポジティブなものに変換しつつも、事実を隠さず面接で伝えるのがポイントです。

    休職中であることを隠さずに事実を隠さずポジティブなものに変換しつつ伝えることが大切です。

    就活アドバイザー 京香

    未経験OKの企業を見つけるには?

    「就職したいけど、大学を中退してしまっている」「未経験OKの企業に就職したい」という方には、ハタラクティブがおすすめです。

     

    ハタラクティブでは、20代の大学中退者やフリーランス向けに就職や転職のサポートをしてくれます。

    未経験OKの優良企業紹介だけでなく、、完全無料で内定まで向き合ってくれるので、「やりたいことなんて分からない」「学歴・経歴に自信がない」という人は、という方には、ハタラクティブを利用してみてください。

    \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    新卒で休職してそのまま退職するに関するよくある質問3選

    就活生くん

    「新卒で休職してそのまま退職する」について、詳しく知ることができました。

    他に、何か知っておくべきことはありますか?

    それでは、最後に「新卒で休職してそのまま退職する」に関するよくある質問3選を紹介します!

    就活アドバイザー 京香

    「新卒で休職してそのまま退職する」に関するよくある質問3選
    • 質問①:新卒で休職してそのまま退職した場合って失業保険はもらえるの?
    • 質問②:休職してそのまま退職する人の割合ってどのぐらいいるの?
    • 質問③:休職してそのまま退職するとき周りにはどう思われる?ずるいの?

    質問①:新卒で休職してそのまま退職した場合って失業保険はもらえるの?

    「新卒で休職してそのまま退職する」に関するよくある質問その1は「新卒で休職してそのまま退職した場合って失業保険はもらえるの?」です。

    失業保険の支給対象になるかはいくつかの要因に依存します。

    以下は一般的なポイントですが、具体的な情報を得るためには、雇用契約書や雇用保険の担当窓口、ハローワークなどに相談することが重要です。

    失業保険の対象になるか一般的なポイント
    1. 休職と退職の区別
    2. 自己都合による退職
    3. 雇用保険の加入期間
    4. 雇用契約書の確認
    5. ハロワークの相談

    休職と退職の区別

    休職と退職は異なる概念です。

    休職中に退職する場合、その理由や雇用契約の条件によって、失業保険の支給対象が変わる可能性があります。

    自己都合による退職

    通常、自己都合による退職は失業保険の支給対象となりにくい傾向があります。

    ただし、一部の特別な事情(健康上の理由など)がある場合には例外が考えられます。

    雇用保険の加入期間

    失業保険の受給条件には、雇用保険に一定期間加入していることが必要です。

    一般的には、最低限の加入期間や勤務日数をクリアする必要があります。

    雇用契約書の確認

    雇用契約書には、離職時の条件や給与の支給状況、失業保険の取り決めなどが記載されていることがあります。

    契約書をよく確認し、条件を理解することが大切です。

    ハローワークの相談

    失業保険の具体的な条件や手続きに関しては、ハローワークに相談することが役立ちます。

    地域ごとに窓口や手続きが異なる可能性があるため、直接ハローワークに問い合わせてみてください。

    失業保険の支給条件は複雑で、具体的なケースによって異なります。

    個々の状況に合わせて専門家や関連機関に相談することが、適切な情報を得る上で重要です。

    就活アドバイザー 京香

    質問②:休職してそのまま退職する人の割合ってどのぐらいいるの?

    「新卒で休職してそのまま退職する」に関するよくある質問その2は「休職してそのまま退職する人の割合ってどのぐらいいるの?」です。

    休職して退職した具体的な割合は不明ですが、独立行政法人 労働政策研究・研修機構によると、メンタルヘルスケアの不調で休職した合計は7.7%、そのあとに退職した人の割合は合計4.7%であることが分かりました。

    そのまま働いている 72.0%
    通院しながら働いている 8.3%
    休職・復職を繰り返している 1.1%
    休職→復職している 2.9%
    休職→復職→退職 1.5%
    休職→退職 3.2%
    休職せずに退職した 8.6%

    参考:図表39メンタルヘルス不調者のその後の状況|独立行政法人 労働政策研究・研修機構

    メンタルの不調を感じてもそのまま働き続けると答えた人が70%以上もいるというのは驚きですね。

    就活アドバイザー 京香

    質問③:休職してそのまま退職するとき周りにはどう思われる?ずるいの?

    「新卒で休職してそのまま退職する」に関するよくある質問その3は「休職してそのまま退職するとき周りにはどう思われる?ずるいの?」です。

    今でこそ働き方は柔軟になってきていますので、休職に対する価値観も緩和されようとしています。

    しかし、価値観は人それぞれということもあり、少なからず休職することそのものや、休職のまま退職することに対して批判的な見方をする人も存在します。

    以下に、会社からの見られ方と、家族や周囲からの見られ方を示します。

    会社からの見られ方

    例えば管理職レベルの年齢の人からすれば、「自分が若い頃は辛いのが当たり前だった。

    精神的にキツくて休職するなんて甘えがある」「うつ病なんて気の持ちよう」といった感覚を持っているケースは珍しくありません。

    また、同じ組織に属している同僚からすれば、「休職のまま退職されては、自分の業務がその分増えてしまうのではないか」「仕事から簡単に解放されてずるい」といった見られ方をすることもあるでしょう。

    ただ、仕事はあくまでも人生における一部分に過ぎないことを忘れないようにしましょう。

    家族や周囲からの見られ方

    休職時のプライベートな相手からの見られ方は、その人との関係性によって大きく変わってきます

    相手との関係性が良い場合であれば、「休職することになるなんて心配」「何か手伝ってあげられることはないか」など、ポジティブに手を差し伸べてくれることもあるでしょう。

    特に家族からは支援を受けられる期待も持てるため、少し恥ずかしいと感じるかもしれませんが、自分の現状を相談しておくことが大切です。

    ただ、相手との関係性がそこまで芳しくない場合は、休職していることを少なからず非難されることも考えられます。

    最も大切なのは自分自身が健康に生きていけることです。

    休職や退職することにより、少しでも精神的に余裕が持てるようになるのであれば、会社や家族からの見られ方は必ずしも気にすることはないでしょう。

    就活アドバイザー 京香

    「20代でフリーターをしているけど企業へ就職したい」「就職したいけど大学を中退していて不安…」という方はハタラクティブを利用するのがおすすめです。

    ハタラクティブは、20代の大学中退者やフリーターを対象としたマンツーマン就職・転職支援サービスです。

    「未経験から仕事を探したい」という悩みが解決できるので、ぜひ利用してみてください。

    キャリアアドバイザー西園寺

    「ハタラクティブ」では就活のプロが仕事探しをトータルサポート
  • 1社ずつ面接対策をしてくれる
  • 8割以上の企業が未経験OK
  • 就職成功率80.4%
  • \ 最短2週間で内定! / 未経験OKの仕事を探す
    履歴書/面接対策をする

    *無料相談可能!

    まとめ:休職中で退職するか悩んでる方は就職/転職のプロや身近な人に相談してみましょう!

    最後までご覧いただき、ありがとうございました。

    「新卒で休職してそのまま退職する」に関してよく知ることはできたでしょうか?

    もし、休職中で退職するか悩んでいる方は、就職/転職のプロや身近な人に相談する、そしてぜひこの記事を参考にしてみて下さい。