NECネッツエスアイの平均年収は776万円 | 転職難易度,残業時間,離職率,福利厚生,ボーナスも

本ページはプロモーションを含みます

NECネッツエスアイの平均年収は776万円 | 転職難易度,残業時間,離職率,福利厚生,ボーナスも

この記事からわかること
  • NECネッツエスアイの平均年収は「776万円
  • NECネッツエスアイはホワイト企業
  • 転職/中途採用難易度は高い
  • NECネッツエスアイは激務?
記事を読む前に

NECネッツエスアイの年収について解説していきます。

また、NECネッツエスアイの社内環境や福利厚生、転職難易度に関しても解説していきます。

NECネッツエスアイへの転職や、中途採用を検討している人はぜひ参考にして転職活動に生かしてください。

記事後半には、転職活動の際の対策法も掲載していますので、最後までご覧ください。

目次

NECネッツエスアイの平均年収,給与推移について

働く君

NECネッツエスアイの平均年収ってどのくらい?

NECネッツエスアイに勤務した時、給与推移はあるの?

ここでは、NECネッツエスアイの年収について解説していきます。

NECネッツエスアイでは、年齢による収入の推移や職種別の違いもあります。

NECネッツエスアイの年収について詳しくなって転職活動を優位に進めましょう。

キャリアアドバイザー西園寺

NECネッツエスアイの平均年収,給与推移について
  • NECネッツエスアイの平均年収は「776万円」と平均よりも高い
  • 【年齢別】新卒,3年目,30歳,40歳,50歳
  • 【職種別】エンジニア,SE,営業,技術など
  • 【他社比較】日鉄ソリューションズ,NTTコムウェア,SCSK,TISなど
  • 【グループ比較】NEC,NECネクサスソリューションズ,NECソリューションイノベータなど

NECネッツエスアイの平均年収は「776万円」と平均よりも高い

NECネッツエスアイの平均年収は「776万円」となっています。

業界内年収ランキングでは情報・通信業内で65位に位置していることから高い年収であることがわかります。。

情報・通信業界の平均年収が638万円であることからも、業界の中でNECネッツエスアイは中上位層に当たり、平均年収が高いことがわかります。

※引用:NESネッツエスアイHP

【年齢別】新卒,3年目,30歳,40歳,50歳

以下が、NECネッツエスアイの年齢別の平均年収の違いです。

年齢 平均年収
新卒 320万円
25歳 444万円
30歳 553万円
40歳 756万円
50歳 760万円

※OpenWork NECネッツエスアイ年収・給与

新卒以降40歳前後までは、5年ごとに100万円ほどずつ年収が上がっていることがわかります。

一般職と管理職で給与制度が分かれているので、一概に年齢のみでの年収の差を比較することはできません。

ただ、一般職の中では各等級内の給与額にの区分があり個人の頑張りしだいで昇給を目指すことは可能なようです。

【職種別】エンジニア,SE,営業,技術など

NECネッツエスアイの職種別の平均年収の差をご紹介します。

職種 平均年収
エンジニア・SE 600万円
営業 678万円
技術 567万円
事務 444万円
企画 797万円

※OpenWork NECネッツエスアイ年収・給与

各職種によって平均年収に差があるのがわかります。

エンジニア・SEの平均年収は600万円となっていますが、職員の回答は300万円から1000万円と幅のある回答となっています。

NECネッツエスアイでは、昇給や等級が上がることで、エンジニアの中でも大きな差が出てくるようです。

ほかの各職種に関しても、回答の金額に差があるので大まかな平均であると理解したほうがよさそうです。

【他社比較】日鉄ソリューションズ,NTTコムウェア,SCSK,TISなど

以下に、競合との比較を表でまとめました。

他社との平均年収に比較は、NECネッツエスアイの年収が業界内でどのくらいの金額なのかを知ることも企業理解を深めるうえで大切です。

企業名 平均年収
日鉄ソリューションズ 870万円
NTTコムウェア 852万円
SCSK 752万円
TIS 741万円
NECネッツエスアイ 776万円

参考:就職四季報2024年度版

全体的な平均年収を見てみると、NECネッツエスアイの平均年収は高収入であることがわかりますね。

キャリアアドバイザー西園寺

【グループ比較】NEC,NECネクサスソリューションズ,NECソリューションイノベータなど

以下に、NECグループ子会社の平均年収のランキングをまとめました。

NECグループは289社の子会社を持つグループ企業です。

社会公共事業やネットワークサービス事業、グローバル事業など多岐にわたる事業を展開しています。

【年収別】NECグループ子会社ランキング
順位 会社名 平均年収
1 日本電気(NEC) 843万円
2 NECキャピタルソリューション 770万円
3 NECネッツエスアイ 763万円
4 日本航空電子工業 747万円
5 NECフィールディング 691万円
6 日本アビオニクス 683万円
7 NECプラットフォームズ 604万円
8 NEC通信システム 576万円
9 NECソリューションイノベータ 564万円
10 NECネクサソリューションズ 548万円

※引用:就活の教科書 NECグループ

以上がNECグループ子会社の平均年収上位10位のランキングです。

親会社となる日本電気(NEC)とNECキャピタルソリューションに次いで、第3位にNECネッツエスアイがランクインしています。

NECグループ子会社のなかでも、トップ3にランクインしていることは高い収入を誇っていることを示しています。

上記したように、NECグループは289社の子会社を持つ大きなグループです。

NECグループに興味がある方は、他の子会社に関しても調べてみることでNECネッツエスアイの特徴や強みを見ることができるのでおすすめです。

 

【やばい?】NECネッツエスアイの働き方はホワイトなのか、口コミも紹介

働く君

NECネッツエスアイへの転職を考えています。社内のホワイト度を知りたいです。

また、NECネッツエスアイの福利厚生はどんなふうになっていますか?

では、NECネッツエスアイのホワイト度や福利厚生について解説していきます。

キャリアアドバイザー西園寺

NECネッツエスアイの働き方はホワイトなのか
  • 【結論】NECネッツエスアイはホワイト企業(OpenWork総合評価:3.3/5.0)
  • 福利厚生:育児・介護と両立可(法定より育児・介護休職期間が長い)
  • 離職率:2.0%とかなり低い
  • ボーナス:年2回で月給の3ヶ月分程度
  • 家賃補助/住宅手当:月2万円程度支給(社員寮:月12,900円〜)
  • 残業時間:24.6時間と平均程度
  • 働く環境:出社頻度を自分で選べるため、自由
  • 有給休暇取得率:65%と平均よりやや高い

【結論】NECネッツエスアイはホワイト企業(OpenWork総合評価:3.3/5.0)

NECネッツエスアイは、OpenWork総合評価で3.3を獲得しています。

これは全体の上位6%に当たる評価です。

特に、法令順守意識の高さ待遇面の満足度で高い評価を獲得しています。

以上のことから、NECネッツエスアイはホワイト企業であるといえます。

福利厚生:育児・介護と両立可(法定より育児・介護休職期間が長い)

NECネッツエスアイには、多くの福利厚生が充実しています

その中でも、出産育児による休暇はしっかりと保証されています。

出産だけでなく、育児に関する休職制度も完備しています。休職だけでなく、復職する際のバックアップの制度も整っているので、育児と仕事の両立に対する不安も解消されます。

当社の育児休暇取得率は女性で95%。短時間勤務制度も子供が小学校を卒業するまで利用可能です。それまでは時間外勤務も制限されますので、無理なく仕事と育児の両立が可能です。

※引用:NEC

また、介護に関する制度も充実しています。

家族の介護が必要な場合は、最長1年間の介護休暇を取ることができます。(法令では93日)休暇中もNEC共済会より休職中の給付金として80%が支給されると共に、社会保険料が免除されます。また、育児期間中と同様に短時間勤務制度もあります。

※引用:NEC

出産、介護はタイミングがつかみにくいため、気兼ねなく申請できる環境はうれしいですね。

キャリアアドバイザー西園寺

離職率:2.0%とかなり低い

NECネッツエスアイの公式ホームページによると年間離職率は2.0%と記されています。

また、新卒3年以内の定着率92.7%平均勤続年数17.7年と多くの社員が長くNECネッツエスアイで務めていることがわかります。

IT業界全体の離職率は6.4%(令和4年厚生労働省調べ)となっているのと比較すると、かなり低い値であることがわかります。

NECネッツエスアイでは、社員の働き方について深く考えられており、個人の働き方改革だけでなく、社員同士のつながりや他部署との連携にも力を入れています。

それにより、社内の雰囲気が向上し離職率の低下につながっています。

働き方改革をサービスとして提供しているので、自社の働き方についても真剣に考えているようです。企業文化としては、他部署との交流も盛んで、協力してプロジェクトを成功させようとしています。

※引用:NEC

ボーナス:年2回で月給の3ヶ月分程度

NECネッツエスアイのボーナスは、年2回月給3か月分程度の額です。

年収が450万円、基本給が25万ということは、基本給だけで年間300万円。

残り150万円が年2回のボーナスでもらえるので、1回あたり75万円のボーナス(=月給の3ヶ月分程度)であると推測できます。

ボーナスは、他社と比べても高いほう。年一回の昇給についても、評価基準がわかりやすい。

※引用:NECネッツエスアイ

家賃補助/住宅手当:月2万円程度支給(社員寮:月12,900円〜)

NECネッツエスアイには家賃補助制度があります

月額2万円程度の支給があるようです。

また、社員寮も完備しており(新入社員のみ入寮可能)月額12,900円~19,800円で入寮することもできます。

NECネッツエスアイは、地域差はありますが支給が少ないと感じる社員が多いようです。

社員寮も新入社員のみしか利用できませんし、家賃補助に関しては不十分かもしれません。

キャリアアドバイザー西園寺

残業時間:24.6時間と平均程度

NECネッツエスアイの残業時間は24.6時間となっています。

IT業界の平均残業時間と比較しても、一般的な残業時間となっています。

これは平均的な残業時間といえ、フレックスタイム制度や在宅勤務の推奨が残業時間の短縮につながっているのでしょう。

出勤時間や場所に縛られない働き方ができるのは、ラーフワークバランスも保ちやすいですね。

キャリアアドバイザー西園寺

働く環境:出社頻度を自分で選べるため、自由

NECネッツエスアイでは、スーパーフレックスが採用されており、出社頻度を自分で選べるようになっています。

社員一人ひとりのwell-being実現のため、コアタイムの無いフレックスタイム制度(スーパーフレックス)へ移行し、テレワークや分散型ワークとあわせて「働く時間と場所の自律的なデザイン」を一層可能としていきます。事業やメンバーの状況に合わせた働き方を自らが考え、「チームと私にとって、今日のベストな働き方は何か?」をデザインしていくことが最大のポイントです。

また、2017年からは全社テレワーク型勤務スタイルに移行し利用回数、時間の制限なしにテレワークで仕事を行えるようになっています。

テレワーク型への移行によって、ワークタイムとライフタイムの配分を社員自身が決められるため、多様な働き方を実現することができます。

以下は、社員の出勤率のまとめです。

  • 毎日:30%
  • 週3~4回:25%
  • 週1~2回:31%
  • 月1~2回:14%

※引用:NEC

社員によっては、月に数回の出社という場合もあり自由な勤務形態がなされていることがわかりますね。

周りと比べて圧倒的に休みが多いです。また、働き方も自由で上司もテレワークをとる方が多いので申請がしやすいです。

有給休暇やフレックス制度は制限なく使うことができます。自分の裁量次第で働き方をコントロールできます。

※引用:OpenWork NECネッツエスアイ

有給休暇取得率:65%と平均よりやや高い

NECネッツエスアイの有給取得率は65%です。

平均取得率は62.1%(令和5年厚生労働省調べ)であることを考えると、やや高い値であることがわかります。

上記したように、社内の風通しがよく、上司が率先してリモートワークや有休の取得をすることで他の社員が申請しやすい環境になっていると考えられます。

有給休暇を申請しやすい空気づくりができている点は、とても評価が高い点であると思います。

 

NECネッツエスアイの転職/中途採用難易度

働く君

NECネッツエスアイの転職/中途採用難易度が知りたいです。

またNECネッツエスアイの中途採用は、どんな条件があるの?

では、ここからNECネッツエスアイの転職/中途採用難易度について解説していきますね。

キャリアアドバイザー西園寺

NECネッツエスアイの転職/中途採用難易度
  • 【結論】NECネッツエスアイの転職/中途採用難易度は「高い」
  • 理由①:中途採用比率が低いから
  • 理由②:応募条件が緩く、応募者数が多いと考えられるから
  • 補足:転職人気企業ランキングでランクインするほどではない

【結論】NECネッツエスアイの転職/中途採用難易度は「高い」

NECネッツエスアイの転職/中途採用難易度は高いといえます。

近年、企業の中途採用率は全体的に高まってきています。

SIerのような専門的な知識や経験を必要とする職種は、特に中途での採用をしたいという企業が増えてきているのが現状です。

中途採用難易度が高いといえる理由に関して、以下で説明していきます。

理由①:中途採用比率が低いから

NECネッツエスアイの転職/中途採用難易度が高いといえる1つ目の理由は、中途採用率が低いからです。

NECネッツエスアイの中途採用割合は全体の24%となっています。

23年度には業界平均が37.6%にまで上昇していることと比較すると、NECネッツエスアイの中途採用者割合は低いといえます。

他企業に比べて採用の割合が低くなっているのは、そもそもの採用枠が少ないということです。

したがって、転職/中途採用難易度は高いといえるでしょう。

理由②:応募条件が緩く、応募者数が多いと考えられるから

NECネッツエスアイの転職/中途採用難易度が高いといえる2つ目の理由は、応募条件が緩く、応募者数が多いと考えられるからです。

NECネッツエスアイの中途採用の募集要項には、特記するべき条件はありません。

専門、短大、高専卒でも応募が可能となっています。

また、実務経験の年数までは問われない職種が多いことも応募のしやすさにつながっています。

応募の条件が低いということは、応募人数が増えるということです。

応募条件として、四年制大学や実務経験の年数を求める企業への応募数は少なくなる傾向にあります。

NECネッツエスアイの中途採用は条件が低いため応募人数が増え、採用難易度は高くなるといえます。

キャリアアドバイザー西園寺

補足:転職人気企業ランキングでランクインするほどではない

ランキングで、NECネッツエスアイはランク外となっています。

NECネッツエスアイの中途採用難易度は高いという解説をしてきましたが、一概に難しいとも言えません。

ビジネスパーソンを対象に、「もし転職するなら、どの企業で働きたい?」というテーマで調査を行っているランキングの中でNECネッツエスアイはランク外なのです。

上位の企業は競争率も高く、転職難易度がとても高いといえます。

人気がそれほど高くないNECネッツエスアイは、転職する際競争率が低く採用されやすいという一面も存在しているのも事実です。

キャリアアドバイザー西園寺

 

その他IT企業の平均年収に関する記事一覧

その他のIT企業についても、平均年収や離職率、残業時間などをまとめた記事があるので、ぜひ読んでみてください。

キャリアアドバイザー西園寺

NECネッツエスアイへ転職しやすい企業について

ここでは、NECネッツエスアイへ転職しやすい企業について解説していきます。

どんな企業からの転職者が多いのかを知って、自身の転職に生かしてください。

キャリアアドバイザー西園寺

NECネッツエスアイへ転職しやすい企業
  • IT企業→NECネッツエスアイ
  • メーカー→NECネッツエスアイ

IT企業→NECネッツエスアイ

1つ目は、IT企業からの転職です。

システム構築や設計などエンジニアとしての仕事は共通しているところなので、転職はしやすいようです。

転職者の経験談としては、前職の会社との大きな違いは意見の通しやすさだといいます。

また、事業を通じてインフラにかかわっていくことに魅力を感じ転職を決めた方も多いようです。

業務内容が近い業界であるからこそ、社内の雰囲気仕事のやりがいなど自身の理想とする仕事を求め転職を決める人が多い傾向にあります。

※引用:本音で語るNECネッツエスアイ

メーカー→NECネッツエスアイ

2つ目は、メーカーからの転職です。

メーカーにいた社員がNECネッツエスアイに転職した理由として、顧客の要望を包括的にサポートできることがあげられます。

メーカーが製品の製造のみを行うのに比べ、NECネッツエスアイは企画から設計、構築、社内環境の改善まで包括的にサポートできる点に魅力を感じたようです。

※引用:NECネッツエスアイ 社員インタビュー

NECネッツエスアイに転職するための対策法

働く君

NECネッツエスアイへの転職を考えているけれど、どんな対策をしたらいいのかわからない…

転職への準備ってそもそも何が必要なの?

転職を考えていても、どのように準備を進めたらいいのかわかりませんよね。

ここでは、NECネッツエスアイへの転職に必要な対策法をご紹介していきます。

NECネッツエスアイへの転職を考えている人は、参考にしてください。

キャリアアドバイザー西園寺

NECネッツエスアイに転職するための対策法
  • 対策法①:職務経歴書をNECネッツエスアイで評価されるように作り込む
  • 対策法②:退職/転職理由・志望動機を明確にしておく
  • 対策法③:コミュニケーション能力が高いことをアピールする
  • 対策法④:IT/SIer業界に強い転職エージェントを利用する
  • 対策法⑤:ハイクラス向けの転職サイトを利用する

対策法①:職務経歴書をNECネッツエスアイで評価されるように作り込む

NECネッツエスアイに転職するための対策法1つ目は、職務経歴書をNECネッツエスアイで評価されるように作りこむです。

転職活動をするときに何度も書くであろう職務経歴書ですが、エントリーの際に使いまわしていませんか?

企業によって求めているスキルや、企業に対する熱意、自己アピールするポイントなどは変わってきます。

各企業に合わせて、1社ずつかき分けていくのがいいでしょう。

 

NECネッツエスアイのホームぺージには以下のような記載があります。

さまざまなお客様の現場を担うなかで培われた「お客様のために」というホスピタリティ精神と、常に新しい事業にチャレンジする精神は、当社の特徴的な企業⽂化です。
それらは、お客様の課題・ニーズを吸い上げ、⾃社内にとどまらず、新しい技術を有するパートナーである先進企業やスタートアップ企業との「共創」を通じてソリューションを開発するとともに、それらをお客様に提供する前に⾃ら使いこなしてその使い勝⼿や効果を評価・検証し、そのノウハウを活かしてお客様に使いやすいサービスとして提供していくというビジネスモデルとなり、新たな事業を創出する⼒につながっています。

※引用:NECネッツエスアイ

「お客様」のために尽くすことのできるホスピタリティ精神と、常に挑戦するチャレンジ精神というのがNECネッツエスアイの特徴的な企業文化であると提言しています。

職務履歴書に、前職で自身の行ったプロジェクトやそれに対してどのようなアプローチを行っていたのかなど、企業文化に合致する経験を提示できれば大きな評価の対象になるでしょう。

対策法②:退職/転職理由・志望動機を明確にしておく

NECネッツエスアイに転職するための対策法2つ目は、退職理由・転職理由・志望動機を明確にしておくです。

企業がこのような質問をする背景には、以下のような理由があります。

退職/転職理由:同様の理由で辞職する可能性があるから。

志望動機:中途でなぜ志望してきたのかを知るため。

転職者が新卒と大きく違うのは、一度前職をやめた経歴があるということです。

前職をやめるに至った経緯が、再就職した後も起こりうる内容であった場合、企業は採用しづらい印象を持ちます。

なぜ一度辞職し、NECネッツエスアイで再就職をしたいのかを明確にしておくことは採用に近づくために必要です。

対策法③:コミュニケーション能力が高いことをアピールする

NECネッツエスアイに転職するための対策法3つ目は、コミュニケーション能力が高いことをアピールするです。

実際、NECネッツエスアイのキャリア採用の募集要項にも職種を問わず高いコミュニケーション能力を擁する人を求める旨の記載があります。

顧客と密にコミュニケーションをとり、よりよいものを作り上げることを目的としているためコミュニケーション能力をどの社員にも求めているようです。

 

また、理系出身者の多いIT業界で、近年文系出身者が就職することも多くなってきました。

文系出身者が働き始めて重要であると感じたこともコミュニケーション能力の有無だといいます。

これは、文系出身者の採用が営業職になりがちであることにも起因しています。

顧客や他部署との連携を重要視する業界においてコミュニケーション能力が高い人が入社後重宝されているようです。

したがって、選考時に自身のコミュニケーション能力の高さをアピールできると採用される可能性が大幅に上がってくると考えられます。

対策法④:IT/SIer業界に強い転職エージェントを利用する

NECネッツエスアイに転職するための対策法4つ目は、IT/SIer業界に強い転職エージェントを利用するです。

IT/SIerの業界知識を持っているメンターの方によるサポートを受けられるからです。

IT/SIerに強いおすすめの転職エージェントはレバテックキャリアです。

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴
  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo,1
  • 希望企業への転職成功率96%
  • 求人掲載数24,000件以上と業界最大級

レバテックキャリアでは24,000件以上ある求人の中から、大手企業だけでなく、事業会社・プライムSIer・ITベンチャーなど幅広い企業を紹介してくれるため、以下のような人はぜひとも利用してほしいサービスです。

レバテックキャリアがおすすめな人
  • 年収をアップさせたい人
  • キャリアアップしたい人
  • ワークライフバランスを重視した転職をしたい人
  • 商流を上げたい人
レバテックキャリアは業界実績が10年という点や、5人に4人が年収UPを実現という実績があるので安心して利用してください。

キャリアアドバイザー西園寺

対策法⑤:ハイクラス向けの転職サイトを利用する

NECネッツエスアイに転職するための対策法5つ目は、ハイクラス向けの転職サイトを活用するです。

ハイクラス転職とは、高い年収ややりがいのある仕事を見つけられる転職サイトで、コンサルティング業界や金融業界、外資系企業などの企業が多く登録されています。

そのため、NECネッツエスアイのような高収入の企業に転職したい方には、ハイクラス向けの転職サイトを利用するのがおすすめです。

おすすめのハイクラス転職はDodaXです。

DodaX

DodaXのおすすめポイント
  • 年収800~2,000万円の非公開求人が多数
  • ヘッドハンターからのスカウトで転職効率UP
  • 厳選されたヘッドハンターが転職を完全無料サポート

ヘッドハンターとは、企業を紹介する人のことです。

DodaXのヘッドハンターは、各業界に精通しており、完全無料で応募・面接日程調整から選考対策までサポートしてくれます。

以下にDodaXがおすすめな人を紹介しているので、ご自身に当てはまっていないか確認してみましょう。

DodaXがおすすめな人
  • ワークライフバランスが整っている企業に転職したい人
  • 年収をアップしたい人
  • 専門性を高めるためにより大きな事業規模で経験を積みたい人

NECネッツエスアイに関するよくある質問

NECネッツエスアイに関するよくある質問に回答していきますね。

キャリアアドバイザー西園寺

NECネッツエスアイに関するよくある質問

質問①:NECネッツエスアイは激務と言われている理由は?

質問②:NECネッツエスアイの初任給は?

質問①:NECネッツエスアイは激務と言われている理由は?

NECネッツエスアイに関するよくある質問1つ目は、「NECネッツエスアイは激務と言われている理由は?」です。

IT業界が激務であるということはよく言われていますが、それは対応しなければならない時間が決まっていないことが原因です。

クライアントに要請されれば夜間、土日休日いつでも対応を要求されます。

そのため、NECネッツエスアイも激務であるといわれているようです。

しかし、実際は部署によっても異なりますが自分の裁量次第で自由な働き方ができるようです。

フレックスタイム制度や有給休暇は制限なく利用可能で、残業時間等も管理されているためライフワークバランスの良い働き方が可能な企業です。

キャリアアドバイザー西園寺

質問②:NECネッツエスアイの初任給は?

NECネッツエスアイに関するよくある質問2つ目は、「NECネッツエスアイの初任給は?」です。

NECネッツエスアイの初任給は、23万7000円となっています。

一般的な平均が21万円前後であることを考えると、高い初任給であることがわかりますね。

 

まとめ:NECネッツエスアイへ転職できるようにしっかりと対策しよう

いかがでしたでしょうか。

NECネッツエスアイの年収、転職難易度について解説してきました。

業界全体で中途採用を増やす傾向にありますし、今後NECネッツエスアイでも中途採用者の社内割合が高くなっていくことが予想されます。

それに伴い、中途採用枠の増加も考えられるのでNECネッツエスアイへの転職を考えている方は万全の準備をして応募してみてください。

 

キャリアジャーナルでは、今後も転職に役立つ情報を発信していきますのでぜひご覧ください。